ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 蟻の戸渡りをこえたくて そのに

<<   作成日時 : 2011/09/18 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

蟻の戸渡りをこえたくて そのいち からのつづきデス。


画像




念願の蟻の戸渡りが目の前に伸びている。
ケド、ちょうどガスってきてしまったので待機。
せっかくの高度感がもったいないからね〜。


しまっておいた一眼も出して。
そう長く待たずに晴れてきた。
今だ〜。



画像




うーん。
こうやって写真で見ると。
ひろたんスゲーところに立ってるな〜。


実際はまだそれほど狭くもないデス。
両足そろえて立てるくらいの幅はありマス!



画像




↑あおって撮ってるから急斜面に見えるケド、
普通に立って上れるくらいの傾斜デス。



画像




やったー、晴れた−。
前に見えているのが八方睨み。
そこへ続く道のなんと美しいコト。
絶壁っぷりにうっとりデス。


蟻の戸渡りにはトラバースがあるのだけれど、
そこに降りていくまでに滑ったら・・・。
怖くなければそのまま上を歩いた方が安全のような?
どっちにしても、体が硬直してしまうような道は危ないかな〜。



画像




↑蟻の戸渡り途中で足下を撮るとこんな感じデス。
写ってる鎖?をたどって壁の右側面をずーっと辿っていけるみたい。
ケド、そのトラバースも剣の刃渡り直前で合流してマス。



画像




↑写真まんなか辺りの細い部分が剣の刃渡りかな?
いちばん幅がせまかったデス。
両足のせられません(≧∇≦)


ここで、ひろたんと前後交代。
実は左手でデジカメの動画撮影。
右手で一眼の写真撮影をしながら歩いているのだけれど。


剣の刃渡りもその状態で突入しました(*゚ー゚)
そして。

























飛び降りましたヽ(。_。)ノ





ケド、無事デス。
実は剣の刃渡りで絶対に落っこちていけないのは、
実質3歩だけだと思いマス。


それさえ過ぎれば左側にちょっとしたスペースがあるので。
初めからそっちにふらつく意識で歩けば大丈夫デス。
コレが通過パターン1


ひろたんは↑の写真の立ち位置辺りから左側に足をおいて、
剣の戸渡りのてっぺんを手でホールドしながら通過してました。
こっちの方が安全デス。
コレが通過パターン2


どうしても立ち上がるのが怖くても。
もうおしりをついちゃってズって進めば通過出来ると思いマス。
コレが通過パターン3


蟻から剣の通過一部始終を動画に撮っていたのだケド、
ちょっと危険箇所を侮ったような適切ではない発言があるので、
ここにはアップしてません・・・。
※facebook&YouTubeで公開してマス



画像




お目当ての戸渡りを堪能して振り返ると。
もうガスってきちゃった・・・。



画像




八方睨みへの登りに一ヶ所だけ鎖場ありデス。
ただ、もうここまで来ているという時点で、
まったく問題ないデス。



画像




八方睨み到着デス。
高妻山綺麗だな〜。



画像




八方睨みにはちょっとした突き出た崖があって。
↑はそこで腕を上に伸ばして自分撮りした写真デス。
ぼんやりまったりコーヒー飲むにはもってこい!のスペース。
晴れていれば目の前にどーんと西岳のはず。



画像




高妻山隠れちゃったケド、
一応ツーショットを撮って。
コレ以上晴れそうもないので出発デス。



画像




戸隠山山頂。
ご休憩は八方睨みで(((*゚▽゚)o旦~~
こちらはあまり広くはなく、
展望も八方睨みからの方が好きかな〜。



画像




戸渡りほどの道はでてこないにしても。
稜線は全体的に細く。
気を抜いてたら落っこちそうデス。
(気を抜かなければ問題ないデス)



画像




次来たら高妻山へお邪魔したいな。
ケド、戸隠もっかい来るのもいいな。



画像




戸隠山からは、
登っては下り。



画像




また登って下り。
結構な回数を繰り返しました・・・。
事前調査でも戸渡りばかりに意識が行っていたので。
ここのアップダウンはノーマークだったから疲れたεミ(ο_ _)ο


九頭龍山って名前はダテじゃないデス・・・。
ケド、山頂がどこかははっきり分からずじまい。



画像




画像




画像




ふー。
やっと一不動に到着デス。
ここの避難小屋。
かなり古そうだケド、よく手入れされていると思いマス。


トイレもお持ち帰り方式ではあるケド、
とっても綺麗デス。
どちらも利用はしなかったけれど、
守っているヒト達へ感謝しなきゃデスね。


コンビニで仕入れたエネルギーを補給して。
ひろたんにホットレモンをご馳走になり。
よーし、帰るぞ〜。



画像




アレ?
こっちの道にも鎖場あったんだー。
もう来る時に満足したんだケド・・・。



画像




↑下ったあと振り返って撮影
しかもこっちの道は沢沿いなので、
鎖場はすべて濡れてマ〜ス。
最後まで気を抜かせない粋な山デス。



画像




オオシラヒゲソウ。



画像




melloyello。



画像




富士山サイダー。



戸隠山とっても楽しい山でした。
ひろたん、ありがとう。





↓人気ブログランキング挑戦中デス!VIVAゴツゴツ山!
人気ブログランキングへ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやーコワイ。
実際登れちゃうのかもしれないけど、
写真で見ると
見ただけで足がプルプルしちゃいます。
でも、そんなトコって
行きたくなっちゃうんですよね。
次はasaには行けない?秋の妙義の
景色を見せてくださーい。
asa0110
2011/09/20 15:43
戸隠、面白い山だったね〜
あそこ、もう一度チャレンジしたい!
今度は立って歩くぞ〜〜〜〜(o^-^o)

でも、やっぱり危ないなぁ。
危ないからやめろ〜〜〜〜
って叫んだ僕も声、
あの自分の声が怖い(笑)

いつか西岳、行きたいねー(^_^)v
ひろ
2011/09/21 10:40
asaさーん、お久しぶりデス。
せっかくの平日4連休なのに、台風でひきもっておりマス

そう、そうなんデス。
写真とか動画で見るとありえない崖なのに。
実際に歩いてみると、歩けるだけの道がありました。
見るよりも行うが易しデス。

asaさんの安定した足取りだったら問題なし!デスよ。
妙義はクライミング知識とか事前準備が必要なので、
すんごい行きたいケド難しいかな・・・。
shu
2011/09/21 15:52
ひろたん、お世話になりました。
ゼヒみんなでもっかい行きましょうね〜。

やっぱりこの台風で穂高延期デス。
10月の3連休は晴れマスように〜。

そうそう。
次に行った時は手ぶらでまっすぐ歩きましょうね
で、西岳にも行っちゃおう!

今回はあの声を収録できたから、
撮りながら歩いた甲斐があった!?
shu
2011/09/21 15:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蟻の戸渡りをこえたくて そのに ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる