ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 涸沢3 SECRET MIND

<<   作成日時 : 2009/11/02 13:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

画像





夜の涸沢テント村
"浮世離れ"って言葉がぴったりだ。
日常では見ることが出来ないくらいの闇の中から、
人々の談笑が聞こえてくる。


例えば、巨大隕石の衝突とか、大地震とか。
そんな人類が滅んじゃうような世界だとして。
ここにいるのが人類最後の生き残り。
それでも人々はあかりを灯しては酒を飲み笑う。
そんな風景。(って、妄想のしすぎか…)





画像






また朝を迎えマス。
今日もいい天気。





画像






今日はもう下るしかない。
いまさら登ったら帰れない。
正直、ちょっと心残りデス。





画像






画像






画像






画像






また来ればいいよ。
ケドさ。
大丈夫また来ればいいよ。
そうなんだケドさ。





画像






山に来るヒト。
山に来ないヒト。
そのライン上にいるのがボクらかも。





画像






下りのシーンをすっ飛ばして、
いきなり本谷橋デス。
ここら辺からはすれ違う人達に注意して進みマス。
だって、会えるかもしれないから。





画像






本谷橋から横尾までは"ハート街道"。
blueはたくさんハート型の石を見つけました。
ボクもひとつだけ見つけた!と思ったケド、
blueに却下されました…。
不完全なハートだったようデス。





画像






初めての涸沢。
紅葉はもうこんなに下まで来ていました。





画像






来年は紅葉の中でカールとカールで写真を撮りたいデス!





画像






横尾まで来てしまいました。
おかしいな。
すれ違わなかった…。


そしてこの横尾で大きな過ちを犯してしまうのデス…。
ボクは人数をあらかじめ知っていたので、
その人数に囚われ過ぎてしまいました。
片時も離れず全員揃っているとは限らないのに…。


しかも情報キャッチが出発目前だったため、
blueは写真を確認していませんでした。
残念すぎマス。


次こそは!
デスよね?





画像






明神を過ぎると、
やっぱり頭痛がやってくるわけで…。
ケド、頭痛くらいなら我慢できマス。
さしひいてもあまりある感動をもらってきたから。





画像






山賊気分も味わえたし。





画像






4年生、最初のヤマアルキ。
いろんな意味で得られるモノは多かった!





画像






やりたいコトが全てできるコトとは限らない。
ケド、それに向って試行錯誤を繰り返すコトは自由だ!


This is my sound of secret mind,



涸沢1 THE SOUND へ
涸沢2 OF へ




↓人気ブログランキング挑戦中デス!ご協力お願いしマス!
人気ブログランキングへ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
shuさん、コンバンハー!
1から来ていたのですが、コメ欄がないのでウロウロしていましたが、
今日やっと書ける事になって・・・書きたかったこと忘れました(汗)

とにかくゼイタクで素敵な山の時間、ヨイではないですかー!
そんな時間の過ごし方、大好きです!
でもお気持ちも、良く解ります・・・。
登らない、って決めたのに、
意外にも天気が良くなったりしてしまうと、やっぱり登って置けばよかったかな・・・とかもったいない気持ち。
我々電車派は交通費や登山口までの移動時間を考えてしまうと、
休みもそうそう取れないし、無理してでも・・・という気持ちになりがちですよね。
そこを抑えたshuさんはエライ!やっぱりblueさんのおかげ?(笑)

>雪のある山には登らない契約"がある以上、
(blueだけはなく、W両親も暗黙の契約がありマス
でもこれは正解だと思いますよ、何もいえた身分じゃないですが、
shuさんblueさんには将来も一杯あるし、お二人には山だけじゃない、
たくさんの可能性ややりたいこともあるでしょうし。
その時々、その状況に合わせて選択した事が、常に正解だと私は思います。

そうそう、ランチパックぺこちゃん、私も食べました!
美味しくって嬉しくなりました!
ミルキーってママの味で・・・温かいですよね。
カールを持ってくれば良かった、というblueさんと、
カールと書いてしまうblueさんと、
三脚担いで寝不足で登ってきたshuさんと・・・
とても素敵なお二人です♪

いつかあの見上げた先に、登れることを祈りましょう、お互いに。
私も行ってみたいもん!
青空涸沢、サイコー♪




cyu2
URL
2009/11/03 00:14
何か文章と写真が素敵です。
また覗かせて下さい。
きゅー
URL
2009/11/03 14:30
あくせくしないのは
本当の贅沢ですねー!
asaは優柔不断でよく
行こうか止めようか悩みます。
行ける、のかもしれないけど
無理は禁物。
なにも頂上ばかりが山じゃないってことは
皆なしってます!
涸沢の良さは一日居て初めて分かる!
のかもしれません。
asaも今度はおでんとソフトクリームを
食べに行きたいな。
asa0110
URL
2009/11/03 15:01

穂高に抱かれて、ゆったりと過ごす涸沢。
お天気にも恵まれて、最高の時間でしたね。

涸沢は、
穂高に登っているときよりも、
穂高を感じられる場所だと、
私は思います。

穂高の懐に抱かれて眠り、
穂高の腕のなかで目覚める。
涸沢はそんな場所です。

皆が何回も涸沢に行きたくなるのは、
景色が素晴らしいからだけではなく、
穂高の息遣いが聞こえて、
その息遣いに耳を澄ます仲間が集まる場所だからだと思います。

shucreamさんのレポからも、
しっかり穂高の息遣いが聞こえました。
冬を控えた穂高の白い息が見えました。
私も穂高の懐に抱かれました。
ありがとうございました。
ヒサ
2009/11/03 21:36
ボクらも秋の涸沢を計画していたのですが、今年は縁がありませんでした・涙
shuさんレポを見て来年こそ!! との思いがさらに強くなりました。
ボクらも涸沢までの予定です!

レタッチ技術スゴイですね! ミドレンジャー全く違和感がないですよ! 緑もカッコいいね!
ヘッデン使っての文字も綺麗〜。これは楽しそうですね!(その時はスゴク寒いんだろうけど後で写真見るといい思い出ですよね)

のんびり涸沢!いいじゃないですか!! ボクならソフトクリームより生ビールですな! 来年、飲みに行っちゃおうっと!!
HANZO
2009/11/04 17:20
shucreamさん、blueさんこんばんは。
同じときに同じ場所に行っていたとは思えないほど。
美しい穂高と美しい涸沢。
改めて堪能させていただいちゃいました。ありがとうございます。

私たちも一日まったりと涸沢を楽しみたかった。
それだけが本当に今回の反省点で。行って帰ってくるだけで精一杯でした。
shucreamさんチームの2日目のすごし方は、究極の贅沢だなあ、なんて思いますよ。羨ましいです。
涸沢なら、2日過ごそうと3日過ごそうと。
「ふがいない」「勿体無い」とは思わないと思います。

で。横尾での出来事。
5人、ほとんどばらけていなかったのです、実は。…あの時の横尾をのぞいて。
徳沢〜横尾の間で、何だか私のお腹の調子がよくなくなって。
私と長男だけが横尾に先行していたのです。
ほんとに、たまたまです、一緒にいなかったのは。
blueさんは、どこらへんでどちらを見かけてくださったのでしょうか?
私が見かけたのは、横尾を出発していくお二人の後姿。
黄色い靴のshuさんと、blueさんと一緒にいるマンタ君。
「もしかして??」
追いかけて声をかけてみる、ほんの少しの勇気が足りませんでした。
ごめんなさい。予告をしたのは私の方だったのに。

いつか、きっとです。
北岳できっかけができて。同じ涸沢というキーワードがあって。
次は何でしょうね?
楽しみにしていますね。

一番最後の言葉。心に刻みます。私も最後までやりたいこと諦めないで頑張ってみます。素敵なレポ、本当にありがとうございました。

最後にここをお借りして。
HANZOさん!生ビール&おでんは勿論ですが。
ソフトクリームも絶対はずさないでくださいね。必須アイテムです。保障します!!
ほえっち
URL
2009/11/04 22:45
涸沢はやっぱり最高ですねー
今年はテント何張りくらいだったのでしょうか〜?
(ちなみに僕らが行った去年は1000張りくらいかな)
燕のケーキと同様、
秋の涸沢を毎年の恒例行事にしたいくらい、
僕も好きです

おでん、僕らは売り切れでしたぁ(涙)
雪と紅葉の涸沢、
いっぱい楽しまれて僕も嬉しいです。

おっ!
山賊定食!
美味しいよね〜
限定の方は頼まなかったのね?

ひろ
2009/11/05 08:21
shuさん&Blueさん
カメラ購入おめでとう!・・・なのでしょうか?
もしや「ミ◎ル太」以外の一眼に変えはったのでしょうか?

は〜い、レインウェアを着るタイミング!

少し様子を見る・・・デス。

霧雨なんかやと、もうすぐ止むんやぁ〜と、
着ないままで時間を過ごしてしまい、かなりぬれてしまいます(アホ!)
でも、山やと急激に大粒の雨が落ちて来る時ありますもんねぇ〜

すぐに完全武装する。

に、した方がええかなぁとは、思いつつも、メンドクサガリなんで、
なかなか実行できません

あぁ〜涸沢なつかしいです!
景色も看板も、ナナカマドの実の赤さまで、何もかも懐かしいです!
やっぱり涸沢ええトコ、来年は絶対また行きたいです。
来年は、みんなでカールを持って涸沢へ?!

でも、この時期は、冬直前ですね。
写真を見せていただくと美しいなぁ〜と思うねんけれど、
自分では、雪やら雹にやら(テント泊で)対応できるか、自信ないなぁ

shuさん、いつもステキなレポをありがとうございます。
ぽてと。
2009/11/05 18:27
cyu2さ〜ん、こんばんは!
コメ欄なくてゴメンナサイ。
ちょっとラストでまとめてみようかと…。

>書きたかったこと忘れました(汗)
ガーン! 反省してマス。
その瞬間にcyu2さんが感じてくれたコトを逃してしまった…。

贅沢な時間。
そう、そうなんデスよね。
贅沢な時間を素直に贅沢に感じる。
そんな余裕が欲しいデス!

cyu2さんの言う通りなのデス。
明日時間が空いたからちょっと北アルプスへ。
って行動パターンがなかなか取れないので。
どうしても登っておきたい、という感情が生まれマス。
ケド、だからこそ"自制心さらに倍"状態でないと!デスね。

>でもこれは正解だと思いますよ
cyu2さん、ありがとうございマス!
可能性、そうデスね。
山におじゃまするのもひとつの可能性。
他にもいっぱいいっぱいやりたいコトがあるから、
雪の時期はちょっとお休みデス。

あ。ペコちゃん食べられたのデスね〜。
いくつになってもママの味には癒されマス。
いまだにミルキー味を作るママに出会ったコトはないケド…。

ボクのレポでボクらが素敵と言ってくれるcyu2さん。
それはきっとcyu2さんこそ素敵な方だからだと思いマス。

>私も行ってみたいもん!
はい!いつかきっと。
いつかきっと出来マスよね。
毎日をがんばっていれば!
shu
2009/11/05 21:43
きゅーさん、はじめまして。
ようこそおいで下さいました。

>何か文章と写真が素敵です。
ありがとうございマス!
照れマス。

冗談はさておき、
実はこの涸沢レポ。
個人的にはいまいちだったと思ってマス…。
なので、きゅーさんのお言葉はとても嬉しいデス。

正直、写真だけではいまいちデス。
正直、文章だけでもいまいちデス。
足してなんとか読めるように書いてはいるケド。
って、ほんとは適当に写真貼って書きなぐってるだけデス。

またいつでもいらして下さいね。
お茶も出せないケド、お茶を出すつもりでやっておりマス。
コメ残して頂きありがとうございました!
shu
2009/11/05 21:49
ヒサさん、こんばんは〜!
おかえりなさい
って、おかえりはその日のうちに言わなきゃデスよね。
ゴメンナサイ。

ほんとに天気には恵まれました。
街では見れない濃い青が見たいから山に行きマス。
なので、晴れてくれて良かった!

登ってるときよりも穂高を感じる場所。
そうデスね。確かにそうデス。
穂高に抱かれる。
いい表現デスね。
優しさと厳しさ。
緊張感の中で見つけた温もり。
それが涸沢なんデスね。

ボキャ不足を感じるケド…。
聖地。
そう、聖地なのかもしれないデス。
なんの?って聞かれると。
言葉にするのは難しいケド。

ボクのレポから穂高を感じ取るヒサさん。
やっぱり"感性のヒト"ヒサさんデス!
書いてよかったと思える優しい言葉。
ボクの方こそありがとう!デス。
shu
2009/11/05 21:58
asaさん、こんばんは〜!
とっぺちゃん元気デスか〜?
まんたが会いたがってマス。

はい、本当の贅沢だと思いマス。
それを選んでやっているのであれば…。
残念ながら、ボクの場合は選択の余地なし。
だから、本当の贅沢一歩手前くらいデス。
もう少ししたら、望んで出来るようになるかな?

>無理は禁物。
いい言葉デスよね。
言葉として知っているだけでは何の役にも立たない。
ちゃんと心と体の両方で理解していないと。

>涸沢の良さは一日居て初めて分かる!
その通りだと思いマス。
さらに、二日居ればもっと分かる。
一週間居ればつらくもなる。
ケド一ヶ月いればやっぱり素敵。
みたいな、長く感じるコトでいろんな涸沢がみえるのでしょうね。

asaさん、ソフトクリームは食べといて下さい!
きっと真夏だったらもっともっと美味しかっただろうな〜。
shu
2009/11/05 22:08
アレ?
asaさん、ゴメンナサイ。
返事する順番間違っちゃいました〜。
shu
2009/11/05 22:09
HANZOさ〜ん、こんばんは!

お!HANZOさんも計画されてたんデスね〜。
今年は残念でしたね。
ボクらは来年もお邪魔できればと思ってマス。
カールでアカレンジャー、ミドレンジャー?

そう、やってみたら緑もかっこいいデスね。
blueはぽてと。さん色が欲しいみたいデス。

ケドね、HANZOさん。ココだけの話。
結構レタッチ雑なのデス…。
掲載するためだけなので、サイズもそんな大きくないから、
ばれないかな〜、なんて。手を抜いてマス…。

ヘッデン文字書き大会は結構長い間やってました。
なんだかゲーム感覚ではまってしまいマス。
ムダに時間が過ぎていきマスが…。

ビール?ソフトクリームも食べといて下さい!
絶対おいしいデスから。
shu
2009/11/05 22:16
ほえっちさん、こんばんは〜!
同じときに同じ場所に行っていたんデスよね〜。
なんかそれだけで嬉しくなりマスね!

ゆっくり出来なかったのは残念でしたね。
ケド、うな穂くんも、しら穂くんも。
家族で出かけた涸沢が、どうであれ最高の思い出だと思いマス!

究極の贅沢。はい、そうなんデスよね。
昼寝するほど豪快な時間の使い方でしたから…。
ほえっちさんの仰るとおり、何日過ごしてもOKデスね!
ただ、涸沢までで弱りきった自分がふがいなかった…。

あ。ほんっとに間が悪いデスね、ボクってば。
多分、すれ違ったのは横尾のトイレと橋の間くらいデス。
blueが見かけたのは、ほえっちさんとうな穂くんだと思いマス。
ボクも「お子さん連れの女性」とすれ違った、
という認識はあったのデス…。
ボクの方こそゴメンナサイ。
子連れの方全てに声をかける勇気があれば…。

ケド、次こそは!デスよね。
偶然は必然。
お話しすることは叶わなかったケド、
"出会い"には違いないデスから。
これからもよろしくおねがいしマス。

最後の言葉。
今回はどうしても書いておきたい理由があったので。
ほえっちさん、こちらこそありがとうございマス!

あ。HANZOさん。
やっぱ、ソフトクリーム!
ほえっちさんも保障してマス!
shu
2009/11/05 22:44
ひろさ〜ん、こんばんは!
はい、やっぱり最高デス。

そうそう、去年ひろさんレポ見ましたよ〜。
それで、どうしても行きたくなったのデス。
テントは半分もなかったと思いマス。
よかったような、ちょっと寂しいような。

ボクらも毎年恒例に出来ればな〜、って思いマス。
あ。まだblueには話してないや。
おでん、そうでしたよね。
ひろさんの話を読んでいたので、心配してました。
今年はヒトが少なかったのかな〜。

この時、ひろさん立ちは"向こう側"にいたんデスよね。
メールの写真は下山後に見てびっくりしましたよ!

山賊定食、食べましたよ。
限定の方?
ムリムリムリムリ!デス。
食べ切れませんってば、絶対。
来年はみんなで山賊だったりして。
shu
2009/11/05 22:50
ぽてと。さ〜ん、こんばんは

はい。ありがとうございマス!
カメラ購入デス。乗り換えデス。
といっても、単焦点はα続投デス。
50mm1.4と100mmマクロ2.8とはさよなら出来ないデス。

あ〜、"少し様子を見る"デスよね。
やっぱりそうなっちゃいマスよね。
ケド、ぽてと。さんの言うとおりデス。
メンドクサイと思っても完全武装しないと!
って理解は出来るんだケド、体がついていかない…。
あ。ミニアンケート?に回答してくれてありがとうございマス!

懐かしいデスか〜?
ボクが行けたのはぽてと。さん達のおかげデス。
ほんとにありがとうございマス!
blueがレポの写真をみて行きたい、と思ってくれて。
ケド、紅葉終わってたし!

来年はゼヒ!
とは思うケド、確かに冬直前なんデスよね。
来年は秋が長いといいな〜。

ぽてと。さん、こちらこそいつもありがとうございマス!
shu
2009/11/05 22:58
shucreamさん、こんばんは〜!
またもや出遅れです。

穂高にこのところ入っていませんので綺麗な写真とレポが嬉しかったです。
この時季って、冬を前にして粉糖をまぶしたような穂高の山々が眺められて良いですよね。
奥穂や北穂は手が届く距離、すぐに登れる距離に見えます。
実際に登ってもさほど時間が掛からないのかも知れませんが、涸沢でマッタリも良いのでは。
ヒサさんも書かれていましたが、涸沢って穂高が好きな方が山を眺めるだけに・穂高の息吹を味わいうだけに行くことも多い様ですよ。
そんな涸沢でゆったり出来たのは、とっても贅沢?なのでしょうね。

ハート型の石、知りませんでした。
昔から夢がなかったものでね。

いつもshucreamさんの物の見方・考え方、いい年をしたカル2なのに考えさせられています。
久々に穂高・涸沢を楽しませて頂きました。
有難うございました。
カル2
2009/11/07 22:17
カル2さ〜ん、こんにちは!

へへへ。
新しい狛犬さんをこないだゲットしました。
そのうちアップするのでお持ち帰り下さいね!

>綺麗な写真とレポが嬉しかったです
ありがとうございマス。ボクも嬉しいデス!
パウダーシュガーって表現は素敵デスね〜。
うん、確かにそんな感じに見えてましたもん。

そう、手が届く距離なんデスよね。
ケド、カル2さんの言う通りマッタリも◎デス。
実はボクらも涸沢が目的で行ったのデス。
それなのに穂高を目の前にしたら、
やっぱり登ってみたいな〜、って。
今、振り返ってみればやっぱり贅沢だった!
って思えマス。

>昔から夢がなかったものでね
いやいやいやいや!
ボクも全く気がつかなかったデス。
突然、blueが見つけ出しただけで。
カル2さんにはいつも浪漫を感じマス。
(って、夢じゃないじゃん)

物の見方・考え方デスか?
確かに字の意味のまんま、
ボクは見方が違うからなのかな〜。
昔はもっとズレてたみたいデス。

カル2さん、こちらこそありがとう!でした。
shu
2009/11/08 14:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
涸沢3 SECRET MIND ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる