ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 北岳1 南の北へ

<<   作成日時 : 2009/09/27 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

南アルプスなのに北岳。
日本で二番目に高い山なのに、
山に興味がないヒトは名前も知らない北岳。


急に行きたくなった。
シルバーウィークなんてものが迫っていた。
北岳に行ってみよう。






<アクセス編>
2009年9月19日
□アジトから広河原
アジト最寄駅(東武東上線) →朝霞台st(徒歩) → 北朝霞st(武蔵野線) →西国分寺st(中央線) →
立川(あずさ自由席) →甲府st(山梨交通バス) → 広河原バス停


<ヤマノボリ編>blueshucreamのコースタイム入り
□白根御池小屋まで
広河原バス停(12:15) → (12:25)広河原山荘(12:40) → (15:38)白根御池小屋 【テン泊】








blueは留守番するって。
長い電車の移動+長いバスの移動が不安で。
どうやら心の整理がつかないらしい。


前夜、荷造りを終えて寝ようとしていた時。
blue「blueも行ってあげようか?」
時刻は23:30をまわった頃。


どうやらボクのザックを持ってみて、
コレは重過ぎると判断したらしい。


理由はなんであっても、
一緒に行ってくれるのなら。
それはそっちの方がいい。
どうせなら稜線での夕日・夜空・朝日は一緒に騒ぎたい。
一人で行くと独り言いいまくりの怪しいヒトになっっちゃう。


結局、このblueの決断がボクを北岳の山頂に立たすことになった。


さて。翌朝。
移動の電車・バスは予想通りの混雑で、
広河原に着いた頃、blueはすっかり弱っていた。
ボクも寝不足も手伝ってか少し酔った…。



画像




今日はもともと移動日。
広河原のバス停から5分ほどの広河原山荘に泊まってもいい。
ちょっと歩けそうならコースタイムで3時間ほとの白根御池小屋まで行ってもいい。


甲府からのバスは同便で結局4台も出た。
一本前の便も4台だったみたい。
結構な人数が広河原まで運ばれたみたいだケド、
北沢峠に移動する人達もいるはず。


なんてコトを考えていたら、
どうやらblueは歩けるらしい。
じゃ、白根御池小屋まで行ってみよう。



画像




広河原山荘で登山届を提出して出発!
今日はたったの3時間。
それほど急ぐ旅でもないし。
ラクラクだ!(のはずでした…)



画像




テント張る場所残ってるかな…。
花の季節は過ぎ、紅葉には少し早い。
最盛期ではないはずだケド、なんせ初のシルバーウィーク。
通年人気の北岳ではそれなりの覚悟はいるか…。
(実際、かなりのテント数でした)



画像




大樺沢との分岐に到着デス。
ボクらは右の白根御池小屋へ向いマス。
もし、広河原山荘に泊まっていたら、ここは左にいくつもりでした。



画像




で。


こっから先はかなり急登デス…。


どっちを選んでも急登デス…。


コースタイムはたったの3時間。


ケド…。


その大半は、
樹木帯を黙々と。
黙々と樹木帯を。


こないだ。
屋久島を歩ききったボクは天狗になってたんだ。きっと。
あの時は全然きつくなかったから。



だって、宮之浦岳にはこんな長い急登ないもん!



少しでも。
足を一歩一歩。
とりあえず前に出し続ければ。
必ずゴールにたどり着く…。


一歩足を上げるたびに、自分に言い聞かせながら。
気分を紛らわす展望がまるでないのもしんどい。


いや、いい訳だ!
ボクが弱いだけだ。
これくらい爆笑しながら登れないようじゃ。
結局お前はインドアなんだ!


なんて、グルグルと頭ん中を巡ってる。
あ〜。もうホントに許して。
そんな時。



画像




↑「御池まで1:00→もうすこしダヨ!
あと20分で急登終わり」って書いてありました。


もう1時間半くらい登りっぱなし。
平坦な道はなかった。
だからこの言葉は嬉しかった。
きっとコレを目にした時の顔が"安堵の顔"として辞書に載せられる。


ま。ケド実際は最後の20分と言われる区間。
ココがべらぼうにきつかったんだケド…。



画像




結局。
休憩を入れて3時間5分。
"山と高原地図"ぴったりのコースタイムで到着できた。
アノ速度でコースタイム通りなら、かなり甘い。
(還暦を越えられたご夫婦よりボクらは若干遅かったデス)


*だけど、この後。
*ボクがコースタイム内で歩ける区間は全くなかったりする…。


さて、御池のまわりはテントが一杯。
ドジョウが出てきてこんにちは状態。
小屋の前方にもテン場があるケドそこも一杯。


ようやく見つけたスペースになんとかアジトを確保。
スタートが遅かったので間もなく夜がやってきた。



画像




ここ。白根御池小屋は、立地がちょっと中途半端。
そう思われる方も多いと思いマス。
いやいや、それがそうでもないデス。
ボクらのような公共交通機関派。
それにマイカー派でも朝家を出れば、
充分小屋まで来られてしまいマス。


それに綺麗。
リニューアルされたようで。
まるで旅館のような佇まい。
飲料可能な水も無料で自由に頂けマス。
トイレも水洗デス。



画像




あ〜。いいとこだな〜。
明日訪れる悲しい現実を知る由もなく。
移動日の夜は更けていきました。


北岳2 北の肩 へ





↓人気ブログランキング挑戦中デス!ご協力お願いしマス!
人気ブログランキングへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Blueshucreamさ〜ん!
北岳おつかれさまで〜す
北岳、めっさ行きたいですぅ〜
でも、妄想でもココはテントを担いでよぅ登らん・・・
私には難易度高いです・・・
白根御池小屋泊・・・今まで考えたコトがあらへんかったデス。
そう言う方法もあったんですな・・・
続きも楽しみに見せてもらいます!
ぽてと。
URL
2009/09/27 23:04
ぽてと。さ〜ん
ありがとうございマス

ぽてと。さんも北岳行かれたいんデスね〜。
確かに素晴らしいところでしたよ。
ただ。身分不相応でした…。
妄想登山が正確ではなかったようで。
いつもだとこれでもかっ!
てほどマイナス補正をするのがボクのクセなのに、
今回は思いっきり甘めのシュミレーションでした…。

いや、自分の妄想登山に体力が負けた。
ってコトだけなんだケド…。
blueはへっちゃらだったようデス。
(荷物も結構持たせてあるのに)
なので、ぽてと。さんOKだと思いマスよ!

ボクには難易度高かったデス。
難易度というか標高が高い…。
白根御池小屋で高度順応を図ったのにな〜。

え?って感じの日程で今後レポは続きマス。
せめて写真だけでも参考になれば…。
チラ見して頂ければ嬉しいデス!
shu
2009/09/28 23:51
こんばんはっ!

いひひ。実は毎日楽しみにして来ている姐さんであります!
相変わらずBlueさんは優しくてそしてShuさんは素直な
本当に素敵なお二人です!!! 

で、姐さんも実は身分不相応で半分死にかけて居た訳で。。。
でもとっても今では感謝のお山になっているであります。
おっと、また長くなってしまったら悪いのでこの辺にて♪
読みながら頑張って。頑張ってとつい力を入れて応援していた
訳で、ゆっくりでも良いので続きまってます!
続きも応援しまくり姐さんで読ませて頂きますね♪
素敵な週末を♪

返信は不要です。
アフー
2009/10/02 21:59
アフ姐さ〜ん。
返信不要って書いてくれているのに、
返事してしまいマスね!

だって、ボクもblueも姐さんからのコメント。
とっても喜んでいるのデス!
姐さんの北岳レポはお気に入り(って失礼かもだケド)デス。

で。姐さんが使った忍法。
読んだ時は衝撃が走ったのでありマス。
発売日に繰り出された忍法に驚きデス。
早速、さっきヤマダ岳で触ってきました〜。
お、重い…。ケド羨ましいな〜。
って、モニタの前で言ってたら、
blue「shuも買えばいいじゃん」って。

!?この発言にはびっくりデス。
ケド、ボクにはちょっとは高嶺の花。
50Dにしようか、と検討開始デス!
(やっぱりS○NYのロゴを受け入れられなくて…)
結論が出たら、今夜、キタムラ岳で購入しマス!

姐さんのご報告のお陰でblueが賛成してくれました。
姉さんはblueの憧れのヒトだから。
いつも、本当にありがとう!デス。
shu
2009/10/03 13:39
ちょっと無理してでも買えるなら7D!! ですよ!!
どうしても予算が厳しいなら50Dもありだとは思いますが…。
どちらもいいカメラですよね! Shuさんが納得できる方を迷わず購入してください!!(もう購入済みかな? レポの写真がとっても楽しみです(涸沢かな?)

ところで、このオリオン、綺麗です!! ボクが燕の登山口でみたオリオンも樹のすぐ上低いところにあり、イメージとピッタリです!
ボクが写真に残せなかった景色をshuさんの写真で見れるなんて!!
ブログって素晴らしい!!
HANZO
2009/10/13 18:04
HANZOさ〜ん。
こんばんは!

応援?ありがとうございマス!
実はお察しの通り買ってしまいました〜。
結論は。
50Dデス!

7D発売日の翌日に50Dを買ってしまいました。
予算8、重さ2で50Dにしました。
そのうちレビューするかもデス。

今までとはインターフェースも全部違うので、
涸沢でのデビュー戦は苦戦のうえ負けって感じデス…。
そのうち書きますのでつっこみお願いしマス!

オリオン、カシオペア、北斗七星。
これくらいしか星座が分からないんデスよ〜。
ケド、星を撮るのもおもしろいかな〜。
と、最近感じ始めたので勉強しよっかな。

HANZOさんに褒めてもらえて嬉しいデス!
星の写真も練習しよう!教えて下さいね!
shu
2009/10/13 21:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北岳1 南の北へ ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる