ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 桃猿温泉12 in 箱根

<<   作成日時 : 2009/06/16 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

桃猿温泉11 in 蓼科はコチラ
桃猿温泉11 in 蓼科2はコチラ


20歳の頃、5人で始めた桃猿温泉。
今年は12回目になる。
12年という月日の流れの中で、
いいこともしたし、わるいこともした。


桃猿のオトコ5人が揃って"旅"をするのは、
桃猿温泉以外にはない。
年に一度、温泉で集う時(温泉以外では結構頻繁に集まってるケド)。
それぞれの胸中にあるのはどんな思いだろうか。
どんな思いだとしても、きっと些細なコトなんだと思う。
少なくとも世界を震撼させるようなコトではない。


そんなコトを考えながら、桃猿温泉12は幕があけた。
と言っても、緞帳がいつあがったのか気づかないくらい、
あまりにも自然にボクは旅の真っ只中にいた。



画像



お〜。なっぽん。
CUE振りありがとう!
じゃ。始めましょう!


まずは、キャスト紹介デス。

□古谷さん(仮名)家
・古谷さん(仮名)
・ななちーはは
・なっぽん
・ちーぽん

□TNK家
・TNK
・TNK嫁
・TNKジュニア
・TNK姫

□まっきー家
・まっきー

□もののふ家
・もののふ

□shu家
・shucream
・blue


総勢12名。
内1名、仕事により途中参加(まっきー)
内1名、遅刻未遂(もののふ)


今回は「ロマンスカー展望席で行く箱根 くろたまごで乾杯ツアー」。
って、ツアー名はボクが言ってるだけで非公式デス。
ロマンスカーってコトで、だいたい同じエリアに住んでいるにもかかわらず、
初の新宿集合!


もののふが遅刻未遂を犯すものの、
無事にボクらを乗せたロマンスカーは走り出した。
もののふの遅刻未遂については、
ページを割くほどでもないので、ここではなかったコトにする。
※一言だけ。もののふ、ナイスリカバー!



画像

↑脱走常習犯ちーぽん。気分はスティーブ・マックイーン!



画像

↑TNKジュニアが真剣に読んでいる車内冊子。その表紙には!



画像

↑TNK嫁、TNK姫、ちーぽん、blue 展望席前から二列目。



画像

↑TNK、もののふ、なっぽん、TNKジュニア 展望席最前列。


本当なら。
展望席の前八席分が桃猿で埋め尽くされるはずだった。
ただ、まっきーが仕事というのっぴきならない理由によりいない。
するとどういうわけか、もう一方の最前列のうち一席(ボクのおとなり)が、
オバサマとなってしまったのだった。
あの方にも色々と迷惑をかけてしまったコトと思う。
この場を借りてお詫びしたい(届かないとは分かっているケド)。
今、考えれば二列目のどこか一席をキャンセルすればよかった…。



画像




今回の旅。
・列車で移動したい
・大部屋でみんなで寝たい
という、shu家の提案をすんなり受け入れてもらった。
どちらの提案もみんなとの時間を増やすコトが狙い。


ただ。
甘かった。
列車だと、桃猿ジュニア達が自由に動けてしまうのだ。
チャイルドシートのような絶対的な拘束力が列車にはない。
大人たちには想像以上の苦難の旅となってしまった…。
それでもボクは列車がいいコトに変わりはない。



箱根湯本の駅に着くとすでにぐったり気味。
ココでお昼をとする。
湯葉のお店へ。
人気というか名の知れたお店のようで、
開店直後だというのに、もう順番待ちだった…。


ボクは湯葉が食べられないので、
カツ丼でも天丼でも親子丼でも。とか思っていたのに。
そんなメニューは一切ない!
やるな専門店…。


なんとか、とろろ定食なんてのがあったので、
一安心と思いきや、そのとろろがすんごく重い。
やるな専門店…。
とろろのLvがボクの知る物とは違う。


幸い。
TNKジュニアはロマンスのカーでお菓子をたくさん食べたので、
お子様メニューをほぼ無傷で残してくれた。
TNK家に懇願し、ボクは鳥そぼろごはんにありつけた。


そのTNKジュニアが、
お店にあった木彫りの人形を見て。



画像




TNKジュニア:blueちゃんに似てるね。

blue:この人形かわいい?









TNKジュニア:かわいくない









やるな。TNKジュニア。
さらっと言い放った。



さて、いよいよ登山鉄道だ!
つづく(いつか分からないケド)






↓人気ブログランキング挑戦中デス!今回の桃猿温泉はCO2削減!
人気ブログランキングへ













テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
shucreamさん、こんばんは。
ただいまっデス。

友だちっていいですよね。
ずっと会っていなくても、昨日会ったかのように、自然に接することができるっていいですよね。
いいお友だちがいるshucreamさんはとっても幸せですね。
そして、そんなお友だちがたくさんいるshucreamさんは、とっても素敵な方に違いないと確信致しました。

それにしても、TNKジュニアくん、ツワモノですね。
岳◎くんと、いい勝負をしそうです。
ヒサ
2009/06/17 22:48
桃猿、子供たちも大きくなり、また人数も増えてにぎやかですね!!

子供ってホント、そこにいてくれるだけで楽しくなります。

それにしてもやるなぁ、TNKジュニア君、女性を泣かせる色男になりそうです。
(いや、ホントは人形はblueさんほどかわいくないですよ、という意味だったと思います。色男には分かる・嘘)
HANZO
2009/06/18 18:33
ヒサさ〜ん。
おかえりなさいっ!デス。

はい。ヒサさんの言うとおり、
友だちって、すんごい大事デス。
ボクが1000ピースのパズルだとしたら、
彼らは450ピース分くらいになると思いマス!

ケドね。ヒサさん。
桃猿の場合はちょっと違うのデス。
ずっと会っているのデス!
だからほんとに昨日あったかのようなんデス。
ずっと会わなかったらどうなるんダロ。

ヒサさん。ありがとうございマス!
ボクは幸せだと思いマス。
ケド、ボクが素敵かどうかは微妙デス…。
ボクは自分で自分を素敵に思えるかを基準としてるくらい、
まず自分ありき型の人間なんデス…。

TNKジュニアはやてくれましたね〜。
岳◎クンも相当レベルが高いケド、
センスのある子供が身近にいるってのは、
大人たちにもとってもいい刺激になりマスね!
TNKジュニアには近い内に、
shucream騎士道をすり込まないと!

ヒサさん、ありがとうございマス!
今週もあと一日(土日がお休みでしたっけ?)。
がんばって行きましょう!

shu
2009/06/18 23:34
HANZOさ〜ん。
こんばんは!

子供の成長って早い。
コレだけは感じたくなかったな〜。
ずっと、ボクが子供でいたかった…。

ケド、HANZOさんの言うとおり!
子供がそこに存在しているだけで、
とっても暖かい笑みがこぼれちゃいマスよね。
よくblueに「その顔やめなさい」って注意されるケド。
変な顔なんだろうな〜。

TNKジュニアはボクの見た感じでは、
女性を泣かせるような色男にはならなそうデス。
ただ、腕白くんだから子供の内は女の子を泣かしちゃうかも!

流石!
流石デス。HANZOさん。
色男は違いマスね!
人形がblueほどかわいくない。
そんな発想はダレにもありませんでした〜。
だとしたら、TNKジュニアは色男の素質ありデスね。

あ。
HANZOさんの花の写真。
とっても素敵でしたよ!
shu
2009/06/18 23:41
やるな、桃猿。

私はここに参加するのは無理だけど
皆に隠れて そっと後を着いて行きたかった。
絶対に見つからないようにして。

友達と家族ぐるみで付き合うって
できそうでできないことのように思えます。
たいがい元からの友達は 妻と妻だったり 夫と夫だったり。
そうするとそれぞれの相方さんは
いろんな思いを乗り越えて その輪の中に参加しなければならず・・・
回を重ねていくと 気づいたら ”皆友達” には なっているんだろうけど
そこまでいくには いろんな人の努力と忍耐があったりするんじゃないのかな。
すごいっす。 桃猿。

続けることの難しさ。
続けるから感じられる楽しさ。
ZUTTO お願いします。

追伸:shuさんの加工の技、すごいなぁ。 毎回それも楽しみ。文字入れとか。

弱足ママ
2009/06/23 05:07
ママさ〜んこんばんは!
お返事遅くなりました。
ゴメンナサイ。

やりますでしょ、桃猿。
ママさんとのやりとりをしていると、
ママさんは桃猿に溶け込める方だと思いマス。
だからもしかして、桃猿の女性陣の誰かが
ママさんのようなステキなヒトになっていくのかも。

そうデスね。
ママさんの言うとおりデス。
家族ぐるみってのはかなり難しいデス。
桃猿は現在進行形であって、完成形ではないデス。
桃猿jr.達が成長していく過程で、
あるいは波乱が起きるのかもしれません。

桃猿は友達じゃないのかも、とも思いマス。
親戚なんじゃないか?って。
ま。ボクは何だっていいデス。
少なくとも、ボクのコトを呼ぶ回数が多い人達デス。
ってコトはボクをこの世に存在させている人達デス。
そんな関係デス。

ママさん。
いつも、本当にありがとうございマス。
桃猿が続いていくコトをこんなにも願ってくれる。
その期待に応えられるよう、
ボクは今まで通り"なにもしません"。

あ。写真、嬉しいデス!
ケド簡単なのデス、実は。
shu
2009/06/25 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桃猿温泉12 in 箱根 ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる