ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS やけだけやけたかな弐

<<   作成日時 : 2008/11/04 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008年11月1(土) 〜 2日(日)

燕岳
〈アクセス編〉
アジト最寄駅→東武東上線→JR→さわやか信州号→中ノ湯バス停

〈山あるき編〉
焼岳登山口(6:00頃?) →≪旧中ノ湯ルート≫→ (9:05)中ノ湯新道出合(9:20) →
南峰分岐(10:35) → (10:45)山頂直下(11:20) → (11:25)北峰(11:40) →
焼岳小屋(13:00) → (14:30)上高地側の登山口




やけだけやけたかな壱





中ノ湯新道出合を過ぎしばらくすると、見えていた青空は完全に消え
変わりにやって来たのはホワイトグレーの世界。


やばい
完全にボクらの山レベルを超える事態に陥った。
それでもblueは先人の足跡と、岩にペンキで書かれた○印を辿っていく。
ひとりで来てたらやばかった…。
足跡も○印も絶対見えない。(ちなみに晴れてても見えない)
いつの間にかblueはボクよりも山レベルが上がってるみたい(゚▽゚;)


なにより怖かったのがピッケルはもちろんストックもなかったコト。
blueは片手に持っていたケド、ボクは一本も持って来なかった。
これからは、使わないと分かってる時も持って行こう!と誓った。


さっきまで見えていた北峰も南峰も、どこだかさっぱりわからんちん。
方角よし!足跡よし!○印よし!間違ってはいない!
もうじき南峰との分岐に出るはずだ。


画像


















よし!出た!















これでとりあえず遭難するコトはない!
今通ってきた道なら頭の中でパーフェクトに再現出来る。


って、え〜。
エビの尻尾だ〜o(゚ー゚*)o
まさか、この目で見るコトが出来るとは!
なぜなら冬山はblueとの契約上、禁止されてる。
偶然見るコトが出来てしまった。


画像



山頂は目と鼻の先のはず。


画像



ケド、全く山頂が見えない。
それどころか山頂への道が全く見えない!
今はじっと我慢の子。
「←焼岳小屋」の文字が書かれた岩のそばで30分ほど待機していると、


画像



打った〜!
満塁!満塁デス!


画像



3点のリードを許して迎えた9回裏。
blueshucreamに同点のランナーが出ました。


画像



さあ、ココでバッターはshucream!
フーフー隊のもの凄い歓声の中、今バッターボックスに入りマス。


画像



初球!


画像
















打った〜!















画像














大きい!





大きい!








大きい!














画像
















入った〜!逆転サヨナラ!














画像



って、なんの話だ
ケド、ほんと興奮しました!
なんと山頂貸切デス。


誰もいない山頂で何度も何度もガッツポーズ。
穂高方面は生憎スグに雲がかかってしまいましたが、
青い空の下、白い雪の上、見下ろす聖地上高地。
大興奮デス(゚▽゚;)(*゚∇゚)


フーフーして下さったみなさん。
本当にありがとうございマス!
帰ってから確認してみると、時間にして僅か15分程度の滞在でしたが、
文章には書き表せない感動がその15分間にはありました!


画像



さぁ!切替デス。
無事に帰りつかなければ、この感動も全てなかったコトに。
安全帰還モードに頭を切替マス。


画像



さっきのホワイトアウト程ではないものの、
下山も十分にスリリングな時間の連続デス…。


画像



まず序盤戦。
結構な積雪デス。


画像



そして中盤戦。
雪はグッと減り凍った道が続きマス。


画像



中尾峠まで下ると、危険な道は終わりました。
目の前の展望台を登り返せば焼岳小屋はもうスグのはず。


画像



↑コレなんだろ。


画像



焼岳小屋デス。
あとは時間との戦い(((( -_-)乂(-_- ))))
日帰り入浴のタイムリミットまでに上高地へ行かなくては〜!
汗だくのままでいたら風邪をひいてしまいマス…。


画像



最後の戦いデス。
普通のハシゴを三段連結した三段ハシゴ!


画像



プルッ筋現象の現れ始めた足。
そんな状態でこのハシゴを下るのは、かなりおっかないデス…。


何回かハシゴが出てきましたが無事に全て突破。
あとはひたすら歩きマス。
コレが意外と長かった…。
それでも今までの苦労に比べれば!


画像



無事に上高地側の登山口に到着デス!


上高地観光編につづきマス


↓人気ブログランキング挑戦中デス!VIVA!上高地
人気ブログランキングへ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ひろさんとあっこさんの所から飛んできました(^^)
焼岳お疲れさまでした。
雪の中を進むのは、大変な思いがありますよね〜
白い雪キレイですね。素晴らしい景色見れて良かったですね。
じもらー
URL
2008/11/05 01:49
無事山頂踏破できて良かったですー!
でもホント無理しないで下さいね。
ホワイトアウトするとまるで方向感覚無くなりますから。
足跡もスグ消えるし滑落の危険も増えます。
二人以上だとお互い引き返すと言い出しづらいコトありますので
shuさんみたいにどういう条件なら引き返すって
始めから確約しておくのがベストです!
あれ、で、見下ろした上高地の写真は・・?
asa0110
2008/11/05 23:03
焼岳だったんだぁ!
上高地でまったりかと思っちゃった!

すっごい雪だね〜
僕らも去年の10月終わりに登ったけど、
雪はまだ全然なかったよ。
でもこの時期って、
いつ雪が降ってきてもおかしくないんだろうね。
asaさんの言うように、
ホワイトアウトしたら、、、ヤバイし。
装備は万全に〜
忘れ物ばかりしてる僕もキモに命じなきゃ

山頂二人占めですか〜!
いいなぁ!
パウダースノーの上ではしゃぐ二人は、
きっと他の人に見せられないほど
はしゃいでいたのでは?
ひろ
URL
2008/11/06 15:20
雪山や〜〜!! 青空と白い雪は大好きです!! すげ〜!!綺麗だ〜!!
大変だっただろうけどこの景色をみたらBlueさんも、危険でないところなら雪山もいいかも!って思ってくれたかもしれませんね。

ある意味、ア◎オトコパワー全開の前半、それを跳ね飛ばしたShu TEAM のように見えますな〜〜(笑) 辛い思いをさせてゴメンね!!
HANZO
2008/11/06 18:38
じもらーさんへ
ようこそおいで下さいました(((*゚▽゚)o旦~~
ありがとうございマス!

仰るとおり雪の斜面を歩くのは大変…。
落ちたら!と思うと、ちょっとおっかないデス。
ケド、それ以上のご褒美を雪と空とが与えてくれました!

じもらーさんもデジ一使われているのデスね!
ボクはミノルタ使いなのデスが、じもらーさんの写真を
拝見するとキヤノンもやっぱいいかも…、って思いマス。
ミノルタなくなっちゃって乗り換えを悩み続ける日々デス。

じもらーさん!
遊びに来て頂き本当にありがとうございマス。
またゼヒ足を(実際は手か!?)運んで下さいね!
shu
2008/11/06 21:01
asaさん、ありがとうございマス!
無事に山頂に立つコトが出来ました

そして「無理しないで」のお言葉。
十分承知しているつもりでも誰かに言ってもらうと
あらためて気が引き締まりマス!ありがとう!デス。

ほんと、asaさんの仰る通りデス。
ホワイトアウトん時、雪が降っていなかったから進めたケド、
あれで更に吹雪いていたら間違いなく帰ってました。
フーフー隊のお力添えがあってこその山頂デス。

あっ!?
やっぱ上高地の写真ばれましたか?
実は写真撮ったのデスが上高地を切り取った写真が
どうも偽者っぽくて…。あの絵は実際にあの場から
見ないとまるでインパクトがないな、と。
って、ボクの腕が悪いだけなのデスが…。
shu
2008/11/06 21:17
ひろさん、こんばんは〜
(虹はこんばんはじゃないか…)

はい!焼岳だったのデス。
よく焼岳は残ってしまう、といった記事を目にしマスが
ボクらの上高地デビューは焼岳からとなりました。

思ってた以上に雪があったので、
思ってた以上に楽しめるヤマアルキとなりました。
ひろさんの言うとおり、一週間前ならまだ雪なかったんデス。
毎日のように世界が変わっていく時期なんデスね〜。

準備大事デスよね。
次からはより慎重に装備を選びたいと思いマス!
ひろさんも忘れ物にはご用心!?

山頂貸切ってほんっと感動デス。
自分の力ではどうにも出来ないデスからね〜。
貸切予約が出来るワケでもないし…。
なんか、とにかく興奮してしまいましたね。
ひとりガッツポーズをしながらウロウロウロウロしてました。
blueはどんな顔でみてたんダロ?
shu
2008/11/06 21:47
HANZOさ〜んこんばんは!
はい。雪山デ〜ス!
青い空と白い雪。なんであんなに綺麗なんでしょうね。
普段は特別青と白の物が好きってわけでもないのに、
なぜか雪と青空って絶妙な刺激を与えてくれマスよね。

確かにblueもあの景色には心動いていた模様デス。
ケド、HANZOさんに頂いたコメントについて聞いてみると、
YESともNOとも言いませんでした〜
ま、どっちかと言うと。
ボクも怖い所は出来れば行きたくなかったりしマス。
山に行くという行為自体、もうリスク管理が必要だケド…。
手に負える範囲のリスクでやってこうと思いマス。

HANZOさん!前半のア◎オトコパワーも
ホワイトアウトを吹き飛ばすフーフーの助走期間だったと
考えると大大大成功でしたよ〜!
ほんとにほんとにありがとう!ございました。
shu
2008/11/06 22:29
shuさん、こんばんは
雪と青空、美しいです〜!
上高地でまったりかしら?と思ってたら、
こんなにスゴイ所に行ってはったのですなぁ!

ブロッケン現象・・・ブロッケン現象・・・プルッ筋現象??
shuさんらしい表現で、大笑いしてしまいました!

ステキな写真を見せてくれはって、ありがとうございました!
ぽてと。
URL
2008/11/07 19:49
ぽてと。さん、こんにちは〜
どデカまんたくん、ありがとうございマス!

ほんっとに寒さを忘れるくらいの濃い青でした。
みなさんのフーフーに大感謝デス!
ただ、あそこまで雪があるとは正直思ってなかったデス。
念のための妄想登山はしてたケド、現実になるとは…。

下山後は上高地でまったりしましたよ〜。
お散歩したり、上高地コロッケ食べたり、ケーキ食べたり。
あ〜、きっとこの道を通ってぽてと。さんは涸沢に行ったんだな〜、と。来年の涸沢を妄想登山してみたり。

プルッ筋現象。ゼヒお使い下さい!
使用例としては、よく略して「プルッ筋が、プルッ筋が〜
てな具合でボヤく際に多用しマス…。

ステキな写真なんて!
こちらこそありがとうございマス。
この後、上高地でみたいろ〜んな景色もとっても綺麗でした。
ケド、やっぱり歩いてきたところの写真の方が愛着がありマスね!
山ノボラーだけの特権デス。
shu
2008/11/08 16:06
ヤッタ――――ッ!!!!
こんな晴れ方って・・・・素敵でズルい!
でもなんだか ブルーシューチームにピッタンコだな、って
じわ〜んとしちゃいました。
ヤケダケヤケタカナを独占!?
そうそうあるもんじゃないですよ!
飛んで行って 私も山名板一緒に持ちたかったなー!

最近、あちこちで続けて目にしたこと・・・
バリバリの雪山以外では ピッケルよりもストックの方が役に立つらしいです。
なので やっぱりストックは持ってた方がいいと思われ・・・。
岩岩な場所では とっても邪魔になりますがねぇ。
ストックもすっごい ちいちゃくなるのができるといいね。
割り箸くらい。 あ、それは無理か。
じゃあマッチ棒くらい・・ってもっと無理だっつうの。
そういう研究を是非やっていただきたい。(誰に向かって言ってるのだ?)

白い雪と青い空にカンパイ!
弱足ママ
2008/11/14 19:52
ママさ〜ん、こっちでもありがとう!デス。

はい。青空は素敵な登場をきめてくれました!
ブルシューチームにピッタンコ!?
そうですか?ありがとうございマス。嬉しいデス!

初めての山頂貸切だったので大興奮でした〜。
あっちに向かって手振ってみたり、
こっちに向かって手振ってみたり、
だれも見てないのにガッツポーズしまくったり、
ひとりではしゃぎまくってしまいました!
(って、その時blueは何してたんダロ?)

ストックは必要デス!ね〜。
ピッケルなんて購入すら許可がでなそうデス…。
それを使うような山に行くの!?って。

仕込みストックみたいなのがあると便利デスね。
両手をバッ、バッと胸元から斜め下に振ると、
シャキンシャキーンって伸びるんデス。
ん〜、かっちょいい!

もう白い雪と青い空に会いたい。
次行きま〜す。
shu
2008/11/19 16:30
冬山禁止令なんて嘘のようにたくましいblueさん。
きっと後ろにシューさんがいたおかげでどんどん先に進めたんだと思います。
雪山は樹林帯を抜けるとマーキングが何もないから道が読めないですよね〜
踏み跡が全然ない時とか焦ります…

その感動よーくわかりますよ!
私も初めて雪山の上に立った時は興奮しました。
まさか自分が行くとは思ってもいなかった場所、まさかこんなに美しいとは人の写真を見ただけでは思いもしなかった場所。
どうですか?どうですか?感想は〜
また行きたいと思ったのではないですか?ふふー
シューさんの写す山の景色は本当にいつも美しいから、
これからも冬山の景色を見せてもらえたらなって密かに期待してます。
プカプカ
URL
2008/11/27 21:58
プカプカさん、お忙しいのにありがとうデス。

仰るとおり、blueはたくましかったデス。
冬山禁止令が解かれるコトを願っていマス。
ただ、まだ無理っぽいデスね…。
踏み跡がない道を完璧に歩ききれるかと聞かれたら、
答えはNoデス。しかも今はお山の勉強にあてる時間が
とれないので、本格的な雪山はずっと先になりそうデス。

だから、偶然行ってしまった焼岳の山頂は大興奮でした!
蓼科山に行った時のほうが雪の量はあったのデスが、
全く辛い思いがなかったので感動は薄かったのかも。
焼岳の時は雨のスタートからの大逆転だったので、
それはもう嬉しかったデス!

写真、美しいデスか?てへへ。ありがとうございマス。
そう言って貰えると早く撮りに行きたくなってしまいマス!
しばらくは行けそうもありませんが、また必ず行くので
その時は見てもらえるととても嬉しいデス。
shu
2008/11/29 14:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やけだけやけたかな弐 ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる