ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 燕岳肆 step

<<   作成日時 : 2008/10/13 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2008年9月27(土) 〜 28日(日)

燕岳
〈アクセス編〉
アジト最寄駅→東武東上線→JR→さわやか信州号→タクシー(予定外)→中房温泉

〈山あるき編〉
中房温泉(6:30) → (7:10)第一ベンチ(7:30) → (9:20)富士見ベンチ(9:25) →
(10:00)合戦小屋(10:35) → (11:55)燕山荘(13:40) → (14:15)燕岳 → テン泊
※翌日同ルートで下山




ここまでのおはなし
燕岳壱 preliminary へ
燕岳弐 execute へ
燕岳参 harvest へ




夜。
我が家。















さっむ〜い














ボクの格好はと言うと。
まず上、長袖のTシャツ(山用ではない普通の)。
その上にパタゴニアのフリース(R2)の2枚
で下、登ってきた時と同じ長ズボン。
と、登ってきた時と同じ靴下。


上は問題ない。
ケド、足元が寒い!


シュラフの下にはマットをひいてる(mont-bell U.L.COMFORT SYSTEM)。
そのマットからはみ出してテントの底面に触れると寒い!
コレはきっとテント内に銀マットを隙間なくひく方が暖かいな〜。


コレじゃ、眠れないよ(/□≦、)
なんて思ってたんだケド。
ボクはいつの間にか幸せいっぱいの眠りの王国へ。


残念ながらblueがこの夜の餌食となってしまいました。
blueを苦しめた強敵…。
その正体は、















ボクのイビキ















ゴ、ゴメンナサイ…。
どうやらボクと隣のテントのオジサマのイビキが、
熊のうなり声に聞こえてしまい怖くて眠れなかったようデス。
そんなコトも知らずにボクはひとり眠りの王国に行ってしまいました…。


朝。
我が家。


ボクは日の出を見るべく外に出ました。
さっみ〜!
ケド、東の空が赤くなり始めていて綺麗デス!
blueは可愛そうに我が家に残るとのコト。


また貸切のヒミツベンチに行きマス。


画像



僅かに町の明かりが雲の切れ間から覗いていマス。
なんだろ。なんだかボク人間じゃないみたいデス。
雲の上から朝を迎える町を見下ろしてるなんて。


画像



やっぱりこの場所には誰もいません。
貸切デス( ̄∇ ̄☆


画像



ヒミツベンチからテン場を撮るとこんな↑位置関係。
※ちなみにベンチは人工のものじゃなくて自然の岩デス


画像



燕山荘の前はどんな感じか見に行ってみました。
↑こんな感じでたくさんの人たちが東の空をみつめていマス。
ひろさん&あっこさんもこの中にいるのカナ?お〜い(」゚ロ゚)」


画像



我が家に戻って朝食デス。
もう今日は下るだけなので、ずいぶんとゆったりした朝を過ごしマス。
寒いケド!


blueは結局寒くて最後まで外に出られませんでした…。
残念。


ケコリさん達が撤収作業を開始しました。
う〜ん、ボクらはなんでこんなにゆっくりしてんだろ?


ひろさん&あっこさんも準備を終えて出発デス。
北燕岳を経て違うコースで中房温泉に下るとのコト。
再会を誓ってお別れデス…。



また、遊んでくださいね〜



画像

↑旅立ったひろさん&あっこさんがこの中に写ってマス。ど〜こだ?


ボクらもようやく支度を終えて出発デス。


画像



寒いはずデス。
↑背の高い霜柱がたくさんいました。


画像



山荘にテン場用の札を返して景色を見てみると。
やっぱり、ちょっと高さが違うだけで全然見える世界が変わりマス。


画像



うん。
いいトコロだったな〜。
また来マスm(。 。 )m


画像



よし。
下ったら中房温泉で入浴だ〜。


画像



下りは早いblueshucream。
どんどん。


画像



どんどん下って。


画像



帰りは150分で到着デス☆ヽ(o_ _)o
温泉に入って玄関先でタバコを吸っていると。
ふと目に着くものがありました。


ピンクのジャケット。
あっ、コレ。あっこさんのだ。
自然にそう思ったのデス。


実はこの時、このジャケットがあっこさんの物だとボクは知りません。
なのに、なぜかこのジャケットのおかげで再会できる!
と、風呂あがりのボケーっとした頭で考えてました。


一度、中へ入って炭酸ジュース(ボクは飲めないので)を飲みながら
blueを待ちマス。うん、結構長い…。
で、blueも出てきたので出発しようと玄関に向かうと。


そこにはあっこさんの姿。
ほらね。やっぱりまた会えた。


やんややんや((o( ̄∀ ̄)o)) やんややんや((o(∀ ̄*)oo(* ̄∀)o))
再会を約束して今日のトコロは寂しいケドお別れデス。


画像



楽しかったヤマアルキもコレでオシマイ。

お友達みんなが訪れた燕岳。
そこにボクらも滞在できた喜び。

ヒミツベンチの場所を知るために力を貸してくれた
ステキな女性2人の優しさ。

テントを持って登れたコトの喜び。

会いたかった人たちに会えた喜び。

とても満たされました。
ボクらの山二年生最後のお山。
忘れられないヤマアルキとなりました。

みなさん、ほんとにありがとうございました!


画像



◇おまけ◇
帰ってきてから聞いた話デスが。


画像



すれ違った方にボクの↑歩き方が噂されてたようデス。
「なにかのトレーニング?修行?」と。
よくおじいさんとかがこうやって歩いているのを見かけマス。
ボクもなぜかこのように後ろで手を組んであるいてしまうクセなんデス…。
って、どうでもいいか



↓人気ブログランキング挑戦中デス!燕レポ終了デス。最後まで読んでくれてありがとうございマス!
人気ブログランキングへ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
寒かったよね〜!!
あ、僕らは小屋だった

ぬくぬくの布団の中で、
あっこと「みんな凍えてるんじゃない?」
って話していたんだぁ。
無事で良かった!

僕はかなりの暑がりなので、
モンベルの#5でマイナス5度くらいまで大丈夫です。
今回涸沢でも、
マイナス5度くらいだったけど、
上はTシャツ1枚、下はユニクロのヒートテックのタイツ。
これのみでしたぁ。
あっこはめちゃ着込んでたけど。

それでもやっぱり足の先が冷たくなるよね〜
特にテントに接してたりすると、
めちゃ冷たくなってたりする。

あ、そうそう、
今回、COMFORT SYSTEMの下に、
銀マットのテントシートを敷きました。
これがあったから、良かったのかなぁ?
「さ○いや」で安く売ってるから試してみてくださいね〜

ひろ
URL
2008/10/14 20:19
燕山荘の前の写真。
あの中に僕らも居ましたよ〜!

最後の歩き方。
僕もたまにします。
テントザックの時は重いから、
時々方が痛くなったりするよね。
そんな時に、
後ろに手を回して、
ざっくを手の上に乗っける感じで歩いてます♪
爺さんの仲間入りだな

家、割と近いよね?!!
HANちゃんとも近いな。
ん?
ママさんも近いか?
asaさんはすぐそばだし!
今度一緒に山へ行きましょうね〜!
ひろ
URL
2008/10/14 20:23
ひろさんへ。

寒かったデスね〜。
どうやら21:00頃が満点の星空だったみたい。
blueは眠れずに起きてたので外から聞こえてくる会話で、
夜空が綺麗だと知ったみたいデス。
寒くて外に出なかったコトを今も後悔してるみたい。
ボクはと言うと、寒いな〜。と思いつつ安眠してました!

マイナス5度でTシャツ岳ですか
「モンベルの#5」ってどんなのダロ?調べてみマスね。
ボクも人10倍暑がりのクセに寒いのは寒いで弱いんデス…。
blueは人100倍寒がりだし。

ほんと足の先が冷たいデスよね。
夜テントにいる時は、今にでも温泉に入りたい!
ってずっと思ってました。

なるほどなるほど。
やっぱり銀マットもひくと保温効果アップ!なのかな〜。
実は銀マットも持ってるんデスよ〜。
ただ電車の中とかで物凄く邪魔な気がして…。
試してみたいな〜。

つづく


shu
2008/10/14 23:54
ひろさんへ つづきデス。

あ〜。やっぱりアノ中にいたのデスね。
どこだろ?写真で探してみよう!

おっ!
ひろさんもおじいさん歩きする時あるんデスね
後ろ手でザックをあげると、ちょこっと岳ラクになりますよね!
ただボクの場合、日常で手ぶらの時もなっちゃうんデス…。

そうそう。
ザックがやっぱり身体にいまいち合ってない気がして。
買い替えを考えてるのデスが、その候補がなんと。
ひろさん、さとさんと同じグレゴリーなのデス。
もっかいきちんと試してみないと分からないケド。

そうデスね〜。
確かに結構近そうデス!
ボクは一番asaさんが近いカナ?
ボクらは移動手段が電車なので、
路線が違うとそれだけで遠く感じてしまうんデスよ…。

でも楽しみだな〜。
ボクらは登りが驚くほど遅いデスが、
誘ってもらえたら嬉しいデス。

ひろさ〜ん!
全部に米してくれてありがとうございマス!
あっこさんにもよろしくデス
shu
2008/10/15 00:06
久し振りに訪問できました〜。
この間私は近所の涸沢に行って来たんですが、最初は燕岳にも行きたくて悩んでたんですよ。いいなぁ私も行きたい!でも来週はもう紅葉も終わってるかなぁ…アルプスは一週間でも秋の進行が早いからどの山に行くか非常に悩みますよね
一番上の写真が大好きです。朝日が昇る前の焼けた空と、雲の模様、そして町の明かり!!
この間こういう景色を白馬の上で見て来ましたが、写真の技術が甘過ぎて、全然いいのが残せなかった。シューさんを見習ってこんな風に撮れるように、山上泊まりの経験を増やしたいです。三脚使用してますか?

ところで…
シューさんのいびきの餌食になってしまったブルーさん、
お 察 し し ま す …
プカプカ
URL
2008/10/15 02:09
燕、お疲れ様でした! 朝焼け綺麗だね〜。 周りにダレもいないところで見たりすると一層オゴソかな感じがしますね。
↑えっとですね、モンベルの#5はサマーシュラフですから!!!
秋の北アで使っているのはひろさんくらいだと思います。(笑)
…人間とは思えない…、あっ! サイボーグだった。
Shuさんち、ボクが幼稚園に入る前までに住んでいたところに近いですよ!(勘ですが)
ボクは高校が川越地区だったので、こっちの地理にも明るいです。
HANZO
2008/10/15 09:25
プカプカさん、こんばんは〜
お忙しいのに来てくれてすんごい嬉しいデス!

涸沢キレイでしたね〜。
プカプカさんも積極的にテント活動をされてマスね!
ボクも天候と体調不良で今年の夏はだいぶ失いました…。
7月なんて活動ゼロだし

燕良かったデスよ〜。
逆にボクらも涸沢に行きたいデス!
ただ、プカプカさんの言うとおり、もう紅葉は間に合わないカナ。
日程的にもお山に行ける日がしばらく見当たらないし…。

一番上の写真はボクも好きデス。
気に入って頂けて嬉しいデス!ありがとう、プカプカさん!
町の明かりがなかったらつまらなそうだケド。
美味い具合に雲の切れ間から点々と明かりが見えました。
オリジナルサイズだと遠くの方にも点在してるんデス。

つづきマス
shu
2008/10/15 23:04
プカプカさんへ つづきデス

白馬の日の入り、星空、日の出はきっとキレイだろうな〜。
去年行ったのに具合が悪くなってしまって見逃しました。
朝、なんとか少し見ただけで終わっちゃった…。
もったいなかったな〜。

大丈夫デス!あまり写真の技術は必要ないと思いマス。
三脚に載せてバルブでいくつか開放時間を変えて撮ってマス。
それだけで綺麗に見えますよ〜。
今回初めて山で三脚を使いました。人がたくさんいるトコロだと
どうしても三脚開くのに気が引けてしまうので…。
ケド、やっぱり写真を残したければあった方が無難デス。


イビキ…。可愛そうなコトをしてしまいました。
身体が疲労すると出ちゃうみたいなんデスよね…。
なんか止める方法はないのカナ〜。

プカプカさん!ブログストレスが溜まらないよう、
楽しむだけ楽しんで下さいね!
shu
2008/10/15 23:07
HANZOさ〜ん、こんばんは

朝は震えながらもずっと見ていたい!って思いました。
確かに話し声が聞こえる範囲には誰もいなかったので、
なんだか一人で特別なものを見ているような感じでしたよ。

モンベルの#5ってサマーシュラフなんですか!?
それをTシャツ1枚で、ってひろさんスゲ〜な〜。
子供は風の子!ってやつなのカナ。
えぇつ!サイボーグ!
あんなに優しいオーラが出てるのに〜!
あっ、そうか!中に生身のひろさんが乗ってるんだ。
違うか〜!
(ひろさん、ゴメンナサイ)

お?HANZOさんが昔いたトコロってどこらへんなんだろ。
ケド、遠くはなさそうデスね!
川越は馴染みの土地なのか〜。
じゃ、ひろさんの鍋パーティーの時はピックアップしてもらお
違うか〜!
shu
2008/10/15 23:16
ウチに近いとのようで光栄デス!(なぜバレた・・・汗)
ということはひろさんチも同じくらい近いハズです!
では近いうちにスタートからご一緒できる日なんてのを
夢見てます!
あ。ぶたあっこちゃんとまんたに会わせられる
「ポータブルとっぺ」も用意しなきゃ〜♪ですね。
それはさておき、山の朝の景色は荘厳でキレイ。
早起き&寒さをガマンしたヒトのみの特権ですね。
慣れれば次はテントの出入り口を日の出方向へ向ければ
顔だけ出してご来光を拝む・・・なんて無精技を編み出せます〜。

さらにバッタリも楽しそうで良かったです!
私も人見知りですがまさに
「一目会ったその日から・・・」パワー頂戴でしたね。
・・・shuさんとすれ違ったら分かるかなー。
asa0110
2008/10/16 15:39
asaさん、こんばんは〜

いえいえ、こちらこそ光栄デス!
なぜそう思ったかと言うとデスね、
とあるアウトレットに自転車で行けるという話からデス。
めちゃくちゃ近くはないと思いますが、
十分射程距離では!?と感じた瞬間でした〜。

スタートから一緒ってのもワクワクしちゃいマスね!
ただ、ボクらはぶっちぎりで置いていかれるコト間違いなしデス…。「ポータブルとっぺ」ちゃんうぉ〜、見てみたいデス!

はい。
山の朝は言葉じゃいい表せないデスよね!
今回はツバクロくんの方に出入り口を向けたので、
日の出をテントから見るコトは出来ませんでした。
確かにasaさんの仰るとおり、テントからぼんやり眺められたらいいデスね〜。次回おじゃましたら反対側のサイトに陣取ろうカナ。

記念すべき初バッタリだったので興奮してしまいました。
あっ、ほんとにバッタリってあるんだ〜、って。
ボクはまんたを。asaさんはポータブルとっぺちゃんを。
コレでバッチリすれ違った時に分かりマス!
shu
2008/10/16 23:21
こんばんはっ!えへへ。通して拝見しました!出遅れ姐さんを許してください。
むふふ。バッタリもとっても楽しそうです!
実は私もママさん同様、もしかしたら素敵なバッタリがあるかもな♪と
思っていました! でもバッタリはうれしいものですよね♪(ドキドキ)

そして、ヒミツのベンチに行ってくれて本当にありがとうです。
姐さんはとっても嬉しかったです! やっぱり寒かったのですね。
Blueさんの可愛いところをまた姐さんは発見できてうれしいであります!

そして、Shuさんのお撮りになる写真はやっぱりやさしい色合いで
姐さんは好きです!
Shuさん、asaさん&Blueさん、ひろさん&あっこさんの目印を
しっかり...ψ(。。)メモメモ...。 いつかバッタリできる日を夢見て
(凹んでいるところを見つからないようにしっかり歩かねばです)

あっ!それと もうヒトツ...ψ(。。)メモメモ... Shuさんのイビキ
燕岳、素敵な思い出の山になったことがとっても伝わってきた素敵な
レポ♪でした! ありがとうm(_ _"m)
アフー
2008/10/17 22:03
姐さ〜ん
あらためまして、おかえりなさい!
姐さんトコのアノ一言に全てを込めたつもりだったケド、
ちょこっとだけ補足デス。

メール。間に合って良かった〜。
兄さん、姐さんが出発した日。
偶然、ボクは会社を休んで家にいたのデス。
それでメール出来ました!

カオサンは平穏な時でもパッカー狙いの詐欺が多いデス
そして、国が少しでも不安定になると危険度が上がりマス…。
一番怖いのが詐欺のストーリーが完結しないまま、
犯罪者に祭り上げられてしまうコト。

とは言っても。
観光地なので通過するだけならほとんど問題ないデス。
ゲストハウスに泊まったりなんかすると、もしものコトが
起こりえマス。兄さん姐さんが犯罪者にされてしまうなんて
絶対にイヤだったので、あんなお願いメールを出しました。

姐さんがマラッカから送ってくれたメール。
もう、すんごい嬉しかったデス!
あ〜、もうコレで大丈夫!だって。
多忙な旅の途中で本当にありがとう!デス

つづきマス




shu
2008/10/17 23:07
姐さんへ つづきデス

出遅れ大歓迎デス!
ママさん、姐さんのご想像通り無事にバッタリ出来ました!
ほんとにバッタリは今まで味わったコトがない感覚で。
ものすごくドキドキしてしまいました。

ヒミツベンチ。
もう、ほんと最高のロケーションでした!
こちらこそ。こちらこそ、ありがとう!デス。
考えてみればこのヒミツベンチがなければ、
姐さんにカオサンメールは出来なかったんデスね。
そう考えると、ほんとにステキな場所デス!

姐さんが心配してくれていた通り、ちょっとだけ寒かったケド、寒さなんてふっ飛ばす景色をたくさん見せてもらいました!

えっへっへっへ〜。実は今回レリーズ使ったのデス!
姐さんの光文字レポのおかげなのデス!
やっぱりブレなくて撮りやすかった〜。

ボクらも兄さん姐さんにバッタリ出来る日をいつも願っていマス!あっイビキもメモされちゃった〜。しっしっしっし(・ー・*)

姐さん、帰ってきたばっかで忙しいのに。
ほんとにどうもありがとうございマス!
明日はボクら、ハイキングに行ってきマス!

shu
2008/10/17 23:18
Shuさん。とっても嬉しいお返事ありがとうございます。
姐さんは自分のコメントを読んで顔が真っ赤になりました。
改めて・・・asaさん、HANZOさん。ひろさん&あっこさん。
そして Shuさん&Blueさん。と書きたかったのですが
スッタカメッタカになってしまいました。少し脳みそが老化してしまった
ようです。ハイキング楽しんできてくださいネ♪(姐さんの分も)
返信は不要です。(∩。∩;)ゞテレテレ・・・ はずかしです。
アフー
2008/10/18 10:51
shuさん、こんにちは!燕岳、おつかれさまでした。
私もひろさん&あっこさん、shuさん&blueさんが、
同じ日に燕岳に行くことを知ってたんで、
今頃バッタリしてはるかなぁと、ひとりソワソワしてました

shuさんも燕ビューな所にテントを張らはったのですな!
燕ビューと槍ヶ岳ビュー!なんてすばらいテント場なんやろうなぁ

shuさんのイビキ・・・ψ(。。)メモメモ...(嘘です!)
私なら「やかましいねん!」と(とっさんの)オデコをしばきそうやのに(←怖がらないでね。)、
blueさんは、優しい人ですなぁ〜

そして、ハイキングはどちらへ?
レポ、楽しみに待っています。
←まんたくん?・←トラパグ君?
ぽてと。
URL
2008/10/20 15:50
姐さんへ
返信不要と書いてありマスが。

ほんとだ〜スッタカメッタカだ〜。
ケド、全然気にしてませんでした〜。
疲れてたのに米くれて本当に嬉しかったデス!

実は。
実はデスね…、
ハイキング行けなかったのデス
それもとってもハズかしい理由で…。
そのは次のぽてと。さんへのお返事に書きマス!
shu
2008/10/20 20:30
ぽてと。さんへ
こんばんは〜

ぽてと。さんもソワソワしてくれてたんデスね!
なんか、みなさんがそう思ってくれてて、
すんごく嬉しいデス
バッタリって自分には起こりえないコトだと思ってました。
なんか、まるで小説やドラマみたいデスよね!

そういえばそうデスね〜。
blueは起こそうとしなかったのカナ?
ボクが気にせず眠り続けた可能性もあるんだケド…。

ハイキングはデスね。
大菩薩峠におじゃまする予定だったのデス。
それなのに、それなのに。
電車の乗換えで、見事乗り遅れました
なんて残念なんだろう…。

ってなワケでレポは桃猿イベントになりそうデス。

ほんとだ〜!まんたとトラパグ君がいる!
気づかなかった〜。
shu
2008/10/20 20:41
shucreamさん、こんばんは〜。
燕お疲れ様でした。
紅葉が綺麗な時季、出会いもあったり楽しい山登りとなりましたね。
雲海の中の日の出、とっても優しい雰囲気で好きな写真です。
shucreamさんの写真は何故か ほっとする写真ですね。

テン場の熊さんの話には笑ってしまいました。
カル2
2008/10/20 22:25
カル2さ〜ん、こんばんは
燕レポ、読んで下さってありがとうございマス

昔は山の紅葉って色がたくさん散らばってる感じで、
あまりグッときてなかったんデスよ。実は。
ケド、今思えば無数の色がランダムに配置されているからこそ
自然の美しさを実感できるのかもしれません。

山での出会い。
なかなかステキなものデスね。
とても思いで深いヤマアルキとなりました。

ボクも雲海の写真は珍しく好きデス。
なかなか自分の写真を気に入るコトはありませんが、
撮ったシチューションそのものが好きなんデスね、きっと。
アフ姐さんも同じコトを言って下さいマス。
とっても嬉しいお言葉デス。

ボクはその場では目で見るコトの出来なかった世界を、
家に帰ってから写真で見るのを目的に撮っていマス。
写真にすればかなり近づけて見るコトが出来るので。
ケド「ほっとする」写りになるのはナンデダロ?

熊さんデスね…。
あ〜、やっぱり書いちゃtのは失敗だったかな〜
shu
2008/10/20 23:08
まず、『肆』っていう字、初めて知りました。
ありがとう。

すんばらしい朝の写真! 私はこれが見たかったけど見れませんでした。
だからとってもうれしい。
ありがとう。

やっぱり寒かったのですね・・・
それを聞いちゃうと 尚更テントは無理だあ。
すごーく寒がりで 冷え性の私は
真夏でも靴下はいて寝たりしてます。
足首から下が氷みたいで・・・・。
寒いのは絶対に嫌なので やっぱりテントはやめます。(元々そういう話はない)

shuさんの歩き方、山岳会のベテランさんが良くやってますよ。
私はザックのショルダーベルトをつかむことがよくあります。
下りはストック持ってるからしないけど。
その下り・・shuさんもblueさんもやっぱり得意なんですね。
いいなー。
ひろさんたちも 下り、メッチャ早いみたいで。
我々は登りとあまり変わらなかったりしますから。汗。

弱足ママ
2008/10/29 16:35
肝心なところで文字数オーバーしちゃった。 (^_^;)

燕、すごーく満喫されたようで本当に良かったです。
ほんのちょっとだけそれに関われて私もうれしいです。
いろんな人たちが訪れて それぞれに思い入れがあるお山になりましたね。
「燕で会いましょう!」 いつかそんな合言葉ができるといいですね。

素敵なレポ、ありがと。
弱足ママ
2008/10/29 16:36
ママさんへ。

「肆」なんて普段使わないデスよね〜。
ボク、日本語が大好きなのデス。
自分では変な日本語を創り出して使うくせに、
お店とかでは店員さんの日本語にめっちゃ厳しいという、
なんとも手に負えないイヤなタイプかも…。

朝の写真。お褒めの言葉ありがとうございマス!
ただただ嬉しいデス!
そして何より、今回たくさんの写真を撮った場所はママさんの協力なしでは辿り着くコトの出来なかった例の場所なのデス。

寒かったデスね〜。
ボクは何でもネガティブな記憶はスグに消えちゃうんだケド、
すんごい寒かったっていう負のイメージは残ってマス。
ママさん、冷え性なんデスね。
blueもボクのおかんも冷え性デス。
なのに、おかんは靴下が嫌いですぐぬいじゃいマス…。
って、どうでもいい話だった

へ〜、おじいさん歩き。
山岳会のベテランさんもされるのデスね!
なんとなく低燃費で歩ける気がするんデスよ、あの歩き方。
ストックも使わなくなっちゃいました。
shu
2008/10/29 23:20
ママさんへ つづき

下りであればラクなのかもデスが、写真の数が減っちゃうんデス。
両手持ちだとカメラに持ち帰るのがめんどくさくて…。
(って、どれだけめんどくさがり屋なんだ…)

2年生最後の山。
とっても満足デス!
ママさん、ほんのちょっとじゃないデス。
始まりの高揚感を与えてくれたのは、あのメールだし。
それに、思い出として残した数々の写真も、あのメールあってこそ。
だから、キーボードでは表現できないくらい感謝してマス!
(もうひとりのladyにも!)

いいデスね!
「燕で会いましょう!」
いつか実現するコトを祈ってマス。

ママさん、燕さんはほんとにお世話になりました。
こちらこそありがとうございました!

shu
2008/10/29 23:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
燕岳肆 step ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる