ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 燕岳弐 execute

<<   作成日時 : 2008/10/10 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008年9月27(土) 〜 28日(日)

燕岳
〈アクセス編〉
アジト最寄駅→東武東上線→JR→さわやか信州号→タクシー(予定外)→中房温泉

〈山あるき編〉
中房温泉(6:30) → (7:10)第一ベンチ(7:30) → (9:20)富士見ベンチ(9:25) →
(10:00)合戦小屋(10:35) → (11:55)燕山荘(13:40) → (14:15)燕岳 → テン泊
※翌日同ルートで下山



ここまでのおはなし
燕岳壱 preliminary へ



十分に目が覚め体も暖まったトコロで、





っていうか、寒{{{{( ̄△ ̄)}}}}





体が十分に冷え切ったところで準備運動をして出発!
ん〜、もうココで寒いとなると。
上の方はどんだけなんだろ?


歩き始めると確かにのっけから急な気がする。
やっぱり北アルプス三大急登、って言われるだけのコトはあるのかな。
それでも、あ〜もう無理!ってなる前に第一ベンチが現れた!


画像



ここで先に出発された方々が休んでいらっしゃいました。
ボクらも当たり前だけどザックを降ろしマス。
で、blueを残し水場へ。


ここの水場。
非常に浅い…。
シェラカップとか持ってかないとかなり水筒を満たすのに時間がかかりマス。


そして、なにより。
特筆すべきは第一ベンチから水場への道。
中房温泉から燕岳までのどこよりも道が悪い…。
距離はほんと短いのでたいしたコトないケド。
使わなくても済むなら使わない方がよいかもデス。


そんなワケでなぜか20分も費やしてしまい、
ようやく第二ベンチへ向けて出発デス。


第二ベンチで、ドキッとする方々↓をお見かけしました〜。
画像



写真には4人の方が写っていらっしゃいマスが、
右の3人。
なんとなく。

ポレポレ隊の編成に似ていマス(゚□゚;)
違うとはわかっていながら妙にドキドキしてしまいました。


画像



第三ベンチでももちろん休憩をして、
すこしずつ。すこしずつ進んで行きマス。


画像



森の精っぽい。
おじゃましマス。
ちょっと森の力を分けて下さいね。


画像




こぉぉおお〜



画像




Yo!



山はもう秋の気配。
夏と秋の狭間を歩きマス。
ボク、多分今まで使ったコトない言葉だケド。



すがすがしぃ〜!



そういえば富士見ベンチを過ぎてから、
なんだか傾斜が一段と増したような…。
すると。


画像



うわ〜。なんかいる!
ガスが切れる瞬間、瞬間に姿を見せる稜線の姿。
なんか、恐竜でも見つけてしまったみたいな気分。
は〜(゚▽゚o≡o゚▽゚)
登りもきつくなってきてるケド、見える景色もスゲくなってきてる!


画像



全部のベンチで息を整えているせいかblueも元気。


画像



おぉ〜。やっぱりなんかいるよ〜!
そして。あの看板が現れました。


画像





500円!




って、何が500円なんだろう…?
↑コレ、「合戦小屋まであと7分」の看板の裏デス。
今思えば、合戦小屋で500円って何か聞けばよかった


画像



この時はすっかり500円の謎のコトなんて忘れてしまって、
合戦小屋でお昼ごはんデス!
「バックカントリー穂高」で作ってもらっておいたお弁当。


画像



ひとつは、「信州弁当」。
※信州サーモン、信州地鶏、きのこ御飯
もひとつは、「野沢菜ちゃあしゅうちまき弁当」
※国産ちゃあしゅう、竹の子舞茸ご飯




ん〜・まい!




ご主人のこだわりが感じられるステキな山弁当デス!
常念の帰りにチラッとみかけてずっと気になってました。
こんなに早く頂く機会がやってきて幸せデス。


それにしても寒いデス。
ゆっくりしてたいケド、風邪をひいてしまう前にトドメに入りマス。


画像



おっしゃれな看板デス。
流石は人気の山小屋デス。
アレ?ケド、この看板は合戦小屋で作ったものなのかな?


画像



合戦沢ノ頭に到着デス!
ココでゴールって言われても納得の贅沢さ。
何がって。


画像





槍。




画像





富士。




やっぱ高いお山はいいな〜。
ケド、燕山荘が遥か先に見えるんだケド。
気のせいかな。気のせいだよね。
もうスグだよね。


画像



なんかもう歩くのいいかな…。


画像



辺りを取り巻く圧倒的な力に助けられつつ。


画像



ちょっとずつ歩いてはいるんだケド。


画像





まだデスか〜?




画像





まだデスよ〜。




画像



ぽてと。さんが言っていた通り。
もうムリ!
最後にあんなの登れない!


なんて言いながらも。
引き返すワケもなく。
ちゃんと燕山荘に到着デス( *゚▽゚)/°・:*【5963】*:・°\(゚▽゚* )


で。
ボクがテントを張りたかったトコロはココ↓!
良かった。まだ空いてた〜。


画像



ココに来たかったんだ!
みんなが来たココに!
やった〜。blueshucreamも来たぞ〜( ̄^ ̄)v


と、ここらへんでまたつづきマス…。




↓人気ブログランキング挑戦中デス。ご協力お願い致しマス。
人気ブログランキングへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ん――――――っ! これ!
蘇る〜!
だんだん登るに連れて 違う世界に吸い込まれていくの。
壺中の天地へのプロローグ。
紅葉もきれいだ〜〜!!

気になったのは500円の表示と
お2人のお弁当!
おいしそう!
こういう手もあるのですね。
ただ、時間とかの制限もあるのかな。
あんまり早いとダメだよね、きっと。

それと3人組に緊張させちゃってごめんなさい。(笑)
確かにあんまりこういうメンバーってみかけないかも。
ペアが多いものね。
いつかどこかで本当のポレポレ隊を見つけてください!

shuさん、blueさん、連休はおでかけですか?
ハッピーをいっぱい見つける素敵な時間をお過ごしください!
あっちこっちから 写メ届くかもねー。(笑)

VIVA! 秋山! はまだまだ続くのでありました。
チャンチャン!
弱足ママ
2008/10/11 06:34
ママさ〜ん、こっちにもありがとうデス。

そう。
見える世界が変わっていく。
コレがたまらないデスよね〜!
ところどころ紅葉していて、夏から秋への移り変わりを
肌で感じるコトが出来ました。

500円。やっぱ気になりマスよね…。
誰か知らないカナ〜。
お弁当は!朝4:00から購入可能デス。
ボクは出発前(前夜)に予約の電話をしておきました。
見た目とは裏腹に結構なボリュームなのデス。
真夏のうだるような暑さだとモチ米がツライかも…。

ほんと3人組をお見かけした時はドキっとしました〜。
今年来てるんだから、また今日いるはずない!とは
分かっていながら、もしかして。もしかして。なんて
ひとりで興奮してしまいました。
やっぱり、家族3人組って羨ましいデス。
家族それぞれに暮らしのスタイルってあると思うケド、
山であれなんであれ、家族みんなで出来るモノを持っている。
コレってとてもステキなコトだと思いマス。
shu
2008/10/11 12:23
ハジカレタ〜

ポレポレ隊は日帰りで出撃デスよね?
ボクらはまだ決まってないんデス。
って、もう連休始まっちゃってるし

ママさんもよい連休を!
まだまだ続けよう。VIVA!秋山!
ママさん、ありがとうございました〜!
そして、本当に本当にごめんなさい。
shu
2008/10/11 12:23
shuさん&blueさん。
タクシーの運転手サンの優しさと、お弁当の(愛情のこもった)暖かさと、
燕の紅葉の美しさと。
心がぽわん〜と温かくなりました

今年はママさんから始まって、お友達のみなさんの所で、
燕レポ見ることができて、燕の四季を感じることができました。
あぁ〜こう言うのって、とってもステキ!幸せです〜。
ぽてと。
URL
2008/10/12 21:58
ぽてと。さん、こんばんは

ぽてと。さんの仰るとおり「ぬくもり」を感じるヤマルキ
となりました。すごく寒かったケド暖かいみたいな。
人里を離れてかえって人の温かさに触れた感じデス。

もうほんと行きたかったんデスよ!
で、北アルプス三大急登をテント背負って登る決意を
させてくれたのが、ぽてと。さんデス!
ほんとに感謝しておりマス。ボクらも登れました〜。

ケド、ひとつ残念なコトが
「オットセイ」見つけられなかったんデス…。
またスグにでも行きたいお山なんで、次こそは!
トイレの張り紙は確認取れました〜。
全部熊さんのイラストが違ってて可笑しかったデス。

ぽてと。さ〜ん、事前の詳細レポ。
ありがとうございました!とても助かりました!
shu
2008/10/13 00:01
燕や〜。今シーズン2回目の北アはお天気に恵まれて良かったですね!!
この時期のテント泊、どんな感じなのか、とっても気になるところです。寒かった?
この後、いよいよバッタリですね〜。
HANZO
2008/10/13 16:47
HANZOさ〜ん。
紅葉はどうでしたか〜?
レポ待ってマスね。

はい。常念の時とは違って槍もずっと見えてました!
テントはデスね…、寒めデス。
ただボクは眠れないほどではありませんでした。
着るものやシュラフによってだいぶ違うと思いマス。

ボクは長袖のTシャツにフリースで下は登ってきたズボン。
コレでシュラフに入りましたが足が寒かったデスね。
後は、外に出るのがちょっとだけしんどいデス。

天気によっても違うだろうし、
秋のテン泊は持って行く物の選択が難しいデスね!

はい!バッタリ編アップしました〜。
HANZOさんも機会があれば狙っちゃいマスよ
なんて、ほんとストーカーみたいですね…。
HANZOさん、ありがとうございマス!
shu
2008/10/13 17:26
shuさ〜ん、blueさ〜〜〜〜〜ん!
こんばんわ!
あ、ただいま!!

昨日はあまりの渋滞の中、
家に帰ってきてバタン!でした

うんうん!
第一ベンチの水場レポ、笑ったぁ!
だって、ホントその通りなんだもん。
僕も汲むのに苦労した。
少し砂を掘ってペットを埋めたりして、、、、
でも掘ったから砂が入ってたぁ!

で、あの水場への道。
確かに!
合戦尾根で一番険しいね(笑)

へ〜
バックカントリーでお弁当なんてあるんだぁ。
あの若い店長さん?でしょ!
僕らは駐車場を借りたんだよね。
回りはすべてまだ閉まってるのに、
4時から開店!
山の道具もそれなりに充実してて、
これはいざって言うとき使えそう、、、
なんて思いましたぁ。

燕山荘、見えてからが長いよね〜
けど景色に励まされて、
みんな登れるんだな!きっと

んじゃ、次行きま〜す!
その前に晩御飯食べます
ひろ
URL
2008/10/14 19:18
ひろさん、こんばんは〜
と、おかえりなさ〜い!
スゲかったデスね〜、テント村。
ほんとあんだけの人がヒトトコロに集まったら
村が形成されちゃいマスよね。
村長選挙とかあったりして

ひろさんも水場行かれたんデスね!
ほんとコース中一番の悪路だし…。
ボクもたくさん水以外のものが入っちゃいました。

そうなんデス。
お弁当があるんデスよ!
常念の帰りも穂高駅から電車だったので、
その時にヒトメボレしてしまったのデス。
多分、店長さんはあの若い方デスよね。
店作りもなんかオシャレだし!

人の足って結構進みますよね。
あんなトコロまで行けるか〜って思っても
いつの間にか着いちゃうみたいな。
ケド、何も見えないとパワー半減かも。

よし、ボクも次行きマス。

shu
2008/10/14 23:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
燕岳弐 execute ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる