ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒フーフー弐 onaona

<<   作成日時 : 2008/09/23 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

ここまでのおはなしはコチラ


ジャッキーの山頂付近で1時間もコーヒーブレイクしてしまった…。
あっ、実は壱記載のコースタイムは全て15分ほどズレておりマス。

いや〜、今日も楽しいヤマアルキだったC= (-_-*)>
満足。満足。あとは帰る岳だ〜。












って、しとけばよかった〜。












画像



しかし、ボクらはその先に用があるのだ!
ママさんがオススメしてくれた周回コース。
それがボクらの進む道。

Jバンドを下りてまるっと一周だ。
ねぇ、Jバンドって何?

きれいな指してた〜んだね〜♪

コレしか思いつかない。
ソレはJAYWALK Σ\(−−;)


画像



右前方に浅間さんがいる。
あるっていうか、いる!
デカイ…。


画像



あ〜、なんかやっぱ阿蘇ににてるな〜。
火山が造り出した地形だからかな。
なんてゆうのかな…。
アルプスとは違って。
地球の寂しさや怒りみたいな心に刺さってくる空気感。

まぁ、今はみんなで歩いてるから。
ほんの微かにそんな気がした岳々ど。


画像



ケドやっぱり。
↑のしゃしんも白ペンキの字がなければ、ちょっとSF。

あ〜。Jバンド。
ここにも前回の常念同様、デビュー当時から気になっていた名前。
だからといって、名前の由来は知らない…。


画像



Jバンドの下降中にまっきーはちょっとしたスリルを味わったらしい。
このちょっとしたスリルを正にまっきーが感じた瞬間。
ボクが振り返って写真を撮った瞬間と重なった。
(ココには掲載しないケド)

降り立ったソコは、賽ノ河原。
名は体を現す。
確かに浮世離れした光景。


画像



賽ノ河原、そして湯ノ平。
ほとんど平坦な道なのに歩くのがかなりだるくなってきてる…。
幸いなコトにJバンドを下りている時はおとなしくしてくれていたのだケド、
またボクを呼ぶ声が聞こえてくる。
当然、呼ぶ声はだんだん大きくなるものだ{{{{( ̄△ ̄;)}}}}


画像



↑ここを右に行けばトーミーさんだケド、
火山館にはトイレがあるとの情報をTNKがキャッチ。


ゼヒ、立ち寄ろう!


画像















ありがとう。火山館。











きっと忘れられない思い出の地となる。
TNKとまっきーは、
火山館だけにshucreamが火山館。
みたいなコトを言っていた気がする。


とりあえずボクの戦いは無事に終わりを迎えた。
ケド、それと引き換えにやったきたのはトテツモナイ疲労感。
もうダメだ。トーミーさんなんて、とても登れそうにない。


画像



無常にもそんなコトを知らないTNKとまっきーは、
あっちゅう間に見えなくなるほど早かった。


速度オキザリ


こんな速度を表す言葉はないケド、そんな感じだ。
このトーミーさんへの登りはしんどかった。
今まで歩いた山の中でもデータ的には優しいコース。
それなのにこの有様は、やはりmy火山のせいなのか…。


画像



もうムリ。もうダメ。もうヤダ。
もうダメ。もうヤダ。もうムリ。
あ〜ムリ。もうヤダ。誰か…。


助けて〜o(_ _o)ノ☆


ひとりだったらヤバかったかも…。
前に二人が歩いてくれていたから。
着いて行かなければ!と足が前に出せた。

こんだけ、
こんだけ疲れたら。
とても下山なんて出来ないと思ってた。

ケド、下りは飛ぶが如く。
一度も立ち止まるコトなく車坂峠に着いた。


画像



不思議。
どうしてあんなに疲れたのか。
またひとつ勉強になった。

大丈夫だと思っていても。
イージーだ!なんて思っていても。
ダメな日はダメ。

本当の上質を知るには、
まだまだホブらはひよっ子。












うん。いいヤマアルキが出来た!












ママさん。asaさん。姐さん。TNK。まっきー。blue。
ありがとう!


画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
nature calling。自然が呼ぶ。お腹を呼ぶ。
うんうん。タマにですが有ることです!
仲間と一緒だと尚更ツライですよね。
一人なら草むらを掻き分けてって・・・(略)
でも、仲間と一緒だから登れた山も有るんですよね〜。
その辺難しいけど大事です!
ステキな山になったようで良かったでした。
asaさんのasaは浅間のasa。なんちて。
asa0110
2008/09/25 10:12
久しぶりの桃猿! 楽しませていただきました。
桃猿ファンのHANZOです。

なんかね〜、大学時代を思いだすんですよね〜。
そんな関係が今も続いている桃猿! うらやましいです。

黒斑、お疲れ様でした! ママさんと同じコースがボクもちょうどいいなぁ!
若い桃猿たちはあえて試練を選んだのですね!

滑落、大事に至らなくてよかったです。 
次回の部活動、日程・場所、決めちゃいましょう!
HANZO
2008/09/25 13:22
shuさ〜ん!黒斑山おつかれさまです。
浅間山、写真で見せていただいても、
ドキドキします〜!火山やからカナ?
現地で見ると、存在感と緊張感に圧倒されそうだぁ〜

いつもまんたくん、ご一緒ですナ。
shuさんとバッタリしたら、すぐわかるなぁ〜
週末は、手ピ◎ジェルを持って、ケーキフェアへ?
私、洗い流したい派です。洗い流さへんと、なんか落ち着かん。
って、どうでもええ情報でしたね。

shuさん&blueさん、VIVA!秋山!!
ぽてと。
URL
2008/09/26 08:22
asaさ〜ん、米遅くなってすいません。

そうなんデスよ。
呼ばれてしまったんデス。
歩き方も制限されつつ…。
おなかに限らずヤマアルキでどこかにストレスを感じると、
途端に歩きづらくなるんデスよね。

ザックが合わなかったり、
ズボンがズレ落ちてきたり、
鼻かみたくなったり、
すこしずつ山の数を重ねるにつれて、
だんだんとそういったストレス対策が出来るようになって来ました。

仲間。ボクの場合、ヒズカー登山はとても助かりマス。
連れて行ってくれる仲間には感謝デス。

asaさん。素敵な推薦をして頂きありがとうございました!
asa間山。しっかりと感じて参りました。
shu
2008/09/29 20:40
HANZOさ〜ん。
米遅れてしまってゴメンナサイ!

おっ!桃猿ファン。
凄いデス、嬉しいデス!

HANZOさんも大学時代の素敵な仲間がいらしゃるんデスね!
実は、ボクの中での桃猿はちょっとニュアンスが違うんデス。
ボクも大学時代の仲間は他にいマス。
そっちは「オレゴニアン」って呼んでマス
阿蘇と湯俣レポで登場したぽんたはオレゴニアンなのデス。

桃猿は家。
そんな感じデス。
そんな桃猿のファンになって頂いて嬉しいデス!

HANZOさん。大丈夫デスよ。
HANZOさんもママさんも周回コースで問題なしデス!
では、次回桃猿山岳部にご期待下さい!なんつって…。
HANZOさん、いつもありがとうございマス。
shu
2008/09/29 20:47
ぽてと。さ〜ん、こんばんは。
米おそくなってしまい申し訳ないデス。

黒斑山。とってもいい山でした!
晩秋の青い空と浅間山の雪をまとった姿が似合いそうデス。
そうなんデスよ、存在感がすごいんデス。
なんか逆にそこに存在しているのが嘘みたいな。
活きている地球はケタ外れデスね!

まんたはいつもblueのザックにくっついてマス。
blueがお留守番の時はボクのザックデスね。
登山道のすれ違いの時とかに、たまに声をかけられマス。
見かけたらゼヒお声がけ下さい!

ボクも洗い流したい派デス、実は。
ケド、使ってみたら意外と良かったデスよ〜。
で、ケーキは食べませんでした…。
食べたかったな〜。
※イルカには会いましたよ!

ぽてと。さん、ありがとうございマス。
まだまだこれから、VIVA!秋山!!

shu
2008/09/29 20:58
いつの間にやら いっぱい記事が・・・
自分とこのアップで 手いっぱいで遅くなってごめんなさい。

黒フーフー 大丈夫でしたか?
私が周回がいいなんて言ってしまったばっかりに
shuさんに辛い思いをさせてしまったのでは・・・
軽はずみな言動は避けなければいけませんね。 ごめんね。

ポレポレ隊は仙人までだったので
あの先がどういう道なのか興味津々でした。
まっきーさん、転んじゃった? え? 大丈夫でしたか?
うちもパパさんが最近よくスッテンしちゃうのです。
でも大事に至らなくてよかった。

火山館ありがとう。

気持ちわかります。
その後の登りもきつかったね。
本当に本当によくがんばってくれました。
ありがとうございます。

弱足ママ
2008/09/30 16:36
ハジカレチャッタ・・・・

イルカさんも楽しみです。
でも慌てなくていいですよ。
多分、レポレポ・・・って すごく心にひっかかってるはず。
まずはやるべきことをやりましょう。
私も一つ一つ こなしていきます。
焦るとせっかくの楽しいことが 苦しみに変わっちゃうと困るから。

いつもの事ながら 長くなっちゃってスミマセン。 (^_^;)

PS: 浅間ドカン! 見えてる、見えてる! よかったー!

弱足ママ
2008/09/30 16:37
ママさ〜ん!
いらっしゃいマセ〜。

遅くなんてないデス。
いつだって来て頂く岳で嬉しいんデス!
って、絵文字が選べるようになってるΣ(゚□゚;)!!
しかも、なんか微妙…。

黒フーフー、ステキな道でしたよ!
オススメしてくれて本当にありがとうございマス。
ちょっぴりしんどい思いをしたのは体調のせいデス。
あのコースが悪いわけじゃ〜、ぜんぜんないデス!
軽はずみな言動(全然そんなコトないケド)で、
道が開けるコトもあるからどんどんお願いしマス!

仙人の先はデスね…。
阿蘇っぽかった。
つまりタトゥーインっぽかった。
天気のせいもあるんだろうケド、浅間さんの悲しみとか怒りとか。
そんな空気を感じました。
ひとり、静かに歩いていたら。泣いたな、きっと。

まっきーは大丈夫!だと思いマス。
Jバンドの下降がちょっとガレてまして。
浮石に足をとられ、掴んだ石も浮石だったようデス…。
ただ、見る限り無傷で歩ききりました!
ムリしてたのかな?
shu
2008/09/30 19:44
(ママさんへ つづき)

火山館。
しかもデスね、かなり綺麗なトイレだったのデス。
とても山の中とは思えないほどの贅沢トイレ。

トーミーさんのデコへの2度目の登り。
なんであんなにしんどかったのかな〜。
常念の一ノ沢よりもしんどかった…。
ほんと、不思議デス。

浅間もしっかり見てきました!
ほんとにオススメしてもらって良かったデス。
ママさん、ありがとうございましたm(..)m

あ!
イルカ。

はい。
楽しいと思える速度で進ませて頂きますね。
ママさん、温かいお言葉。ありがとうございました〜!
shu
2008/09/30 19:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
黒フーフー弐 onaona ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる