ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯俣弐 温泉カレー

<<   作成日時 : 2008/08/17 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

ここまでのお話はコチラ


噴湯丘まで辿り着いたボクら。
温泉を目指して川を渡りマス。


画像



一番浅そうなトコロを選んだつもりだケド、膝上まで水につかっちゃいました。
川を渡ると湯気と硫黄の匂いが立ち込めてマス。
温泉づくりの前にまずはコレ。


画像









温泉カレー!






温泉でレトルトのカレーを温めマス。
とってもイージーでありながら、なんか粋な調理法デス( ̄^ ̄)v


画像



米とカレーが出来上がるまで、ぽんたとblueは温泉づくりを始めマス。
噴湯丘から流れてくる源泉と川の流れをブレンドして湯加減を調整デス。
コレがなかなかイイ感じにならない…。
とりあえず出来上がった温泉カレーで後半戦に備えマス。








ん〜まい!







ただのレトルトカレーを温泉で温めた岳。
なのに、コレほどまでにおいしくなっちゃうとは!
ボードで食べるカレーもんまい。
海の家で食べるカレーもんまい。
ケド、温泉カレーはそれを大きく凌ぐ。

温泉カレーで幸せな気分に浸っていると、
5、6人のグループが川を渡ってきた。
対岸で全ての装備を外し手ぶらでやってくる。

ボクらの確保した土地からちょっと下流で、
まるで作業を行った様子もないのに水に浸かっている。

絶品ランチを終えて作業再開。
なんとか体を入れられる状態になった。
ただ、決して温泉として適温ではない…。

しばらくして下流に浸かっていたグループが帰られたので、
試しにそちらに行ってみると、









いい湯加減じゃないか。











画像



なぜ?
川の水を止める石が積まれてるワケでもないのに。
なんでここは適温なんだろう?
そしてボクらの苦労っていったい…。

自分たちでつくった温泉ではないものの、めちゃくちゃ気持ちイイ。
リバービューの温泉ではなく川そのものが温泉。
はしゃぎまくっていると雲が多くなってきたので、
後ろ髪ひかれる思いで晴嵐荘に戻るコトに。


画像



画像



あ〜、ここに来るのを毎年の恒例行事に出来たらな〜。


画像



画像



噴湯丘周辺の温泉は川の流れに大きく影響されるので、
時期によって状況は全く違うと思いマス。
それから前に来ていた人たちのつくった温泉が残っていれば、
わりと簡単に満足のいく温泉が出来ると思いマス。

もし、仮に噴湯丘のトコロで温泉に浸かれなかったとしても、
晴嵐荘のテン場にも野天風呂があります。
ボクらが行った時は2つありました。


画像



夜。
コーヒーを飲んだり、お菓子を食べたり。
山に登らなくてもこんな贅沢な時間が過ごせるんだな〜。

七倉の登山相談所で係りの方が言っていた。
湯俣温泉を登山の経由地にするのではなく、
湯俣温泉のみを往復することを「大名登山」と呼ぶって。


スイマセン。
まだ続きマス。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
大名登山、良いじゃないですか〜。
最高の贅沢ってもんです!
湯俣から北鎌を通って槍へ、
そんなルートを通る日はasaには無いと思います。
asaつうこんの一撃!asaは逃げ出した!ダダダダダ。
何かドラクエネタ懐かしくて乗っちゃいました!
ホントに竜王に見えますね!続き期待してます!
asa0110
2008/08/17 20:43
asaさん、こんばんは〜。
ほんっと、最高の贅沢でしたね。

大名登山の割りには往路で意外と疲れてしまいました。
レポには書きませんでしたケド、どうもザックが合わないようで…。
家に帰ってから細かく調整してみたので、次回使用してダメなら
新調しようと思いマス。

湯俣から北鎌。
なんかほんとにこんなコース歩ききれるんだろうか、
って感じでしたね。ボクも一生歩くコトはなさそうデス。

しかしまわりこまれてしまった。
ふっふっふっふ、asaさん逃がしませんよ〜。
なんつって。アノ竜王いけてますよね!
竜王がスライム守ってるってのも変な感じだケド。

asaさん、ありがとうございマス!
ケド、ご期待に応えられる自身は全くなかったりして…。
shu
2008/08/17 21:51
すごいすごい〜!こんな旅をしてみたい!!
川でカレーを温めて、自分でお風呂を作るっ!
登山地図で位置確認しました。4時間ほど歩くのね?
・・・秘湯ですな。
ここ、私も絶対行ってみたいです、素敵なレポありがとうございます。
ぽてと。
URL
2008/08/17 23:06
ぽてと。さん、こんばんは!
温泉カレーは簡単なのに最高デスよ。
ぽてと。さん達もゼヒお試しあれ。

マイカーが入れる終点の七倉から¥2.000でタクシーに乗ってしまえば、
高瀬ダムから晴嵐荘までは2.5時間あれば行けちゃいマスよ〜。
ぽてと。さんなら絶対楽しんで頂けると思いマス。

ただ噴湯丘の周辺の地形は時期によりかなり違うと思いマス。
今でこそガレ場のようになってるケド、
昔は手で掘るとお湯が出たそうデス。

スコップをお忘れなく!
次の休みに行ってしまわれたりして…。
ぽてと。さん、ありがとうございました!
shu
2008/08/18 22:46
遅くなってごめんなさいデス。
温泉カレー いいですね!
ご飯はどうやったの?
温泉で炊いたの? (マサカ・・)
なんで温泉カレーはおいしいの?
硫黄の味がするの?
なんでかなー。 ワクワク。
弱足ママ
2008/08/22 15:44
川の温泉もいいですね。
裸では入れないの?
水着着るの?
誰かに見られちゃう?
痩せないと入れないよね。(汗)
弱足ママ
2008/08/22 15:46
ママさん。全然遅くないデス!
遊びに来てもらえる岳でめちゃめちゃ嬉しいデス!

温泉カレーはデスね。
言い換えると究極の手抜きメシなのデス!
米はアルファ米。
レトルトのルーは自然の源泉に入れとく岳。
やるコトといえばお湯を沸かす岳なのデス…。

しかし。んまい!
硫黄の味はしないケド、現地は硫黄の匂いが
立ち込めてマスので硫黄フレーバーな感じはしマス。

川の温泉。自信を持ってオススメしちゃいマス!
山が(自然が)すきなポレポレ隊なら問題ないデス。
一応、他に人がいる時は水着を着るのがベター。
ただ、そんなルールはどこにも書いてないデス。
川なので。
ママさん、全然モーマンタイ。
いつでも入れますって!

他の人の目が気になっちゃうような状況では
ないので、たとえママさんが2倍の大きさに
なっても絶対入れマス!
(って失礼デスね…)

shu
2008/08/23 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
湯俣弐 温泉カレー ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる