ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯俣壱 竜王をめざして

<<   作成日時 : 2008/08/17 12:52   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

湯俣温泉
所在地:長野県大町市高瀬渓谷
日程:8/11(月)〜8/12(火)
宿泊:晴嵐荘前のテン場

〈アクセス編〉
(ぽんたの車)→七倉(タクシー)→高瀬ダム(徒歩)→晴嵐荘(徒歩)→噴湯丘


ずっと行きたいと思っていた湯俣温泉。
ボクとblue岳では信濃大町からタクシーを使わなきゃいけないので躊躇していた。
そこで、友人のぽんたを巻き込んだ( ̄∇ ̄☆
※ぽんたは阿蘇ぶりの登場デス
湯俣温泉に行く前から旅は始まってるんだケド、そこは割愛。


まずはマイカーで入れるエリアの終点、七倉へ。


画像



ん〜、もう結構車あるな〜。
こっから先はマイカーは入れない。
マイチャリも入れない。
出入りを許されたタクシー、または歩いていくしかない。

分電でんこちゃん(東京電力)の敷地で、入り口に警備員がいる。
タクシーの運転手さんに聞いた話だと、警備員がいない時に入り口を突破しても
先にある高瀬ダムの監視カメラで発見され注意を受けるとのコト。
※七倉から高瀬ダムまでのタクシー料金は¥2.000程度


画像



高瀬ダムに着くと目の前に広がる景色に圧倒される。
うわ〜、ヤバイ鼻血でそう(゚ロ゚;)!!
まだ歩いてもいないし、登ったわけでもないケド、
久しぶりに感じる北アルプスの山々に既に満足気味。

こっから先はいよいよ己の足でしか進むコトは許されない。
約2時間〜3時間のハイキングになるはず。


画像




まずはいきなりトンネルを歩く。
このトンネルがひっじょ〜に長い。
ぽんたは1kmぐらいと言ってたケド、正確なトコは不明。
とにかく長い、そして一直線。
入った瞬間から出口は見えているのに全く近づかない。
あっちゅう間に飽きるので、奇声を響かせながら進む。
※他に人がいる時は我慢しましょう


画像



国境じゃないケド長いトンネルを抜けるとまたトンネルであった。
幸い雪国ではなかったし、雨が降ってるというコトもなかった。
また、トンネル…。
ケド、一発目に比べれば短めデス。
この後、確かもうひとつかふたつトンネルがありました。
そして、全部を無事クリアして振り向けば。


画像



この景色。
んびゅーてぃふぉー!
こんな贅沢な眺めを楽しみながら、しばらくはダム沿いに歩きマス。


画像



20程歩くとダムの終わりが見えてきました。
初めて河原に下りられそうなトコロがあったので休憩。
急ぐ旅でもないのでのんびりデス。


画像



河原に下りられるトコロが駐車場になっていマス。
ケド、ここまで車で来られるのはでんこちゃん達岳デス。
逆に言うと、この先はでんこちゃん達の車も入れません。
登山道に入ります。


画像



登山道といっても湯俣温泉までは、ほとんど平坦な道で危険箇所なしデス。
この道を整備しているのも、どうやらでんこちゃん達のようデス。
ありがとう、でんこちゃん。


画像



さっきの駐車場から20分で名無避難小屋がありました。
この頃からボクはやけに疲れてきて、上の写真もカメラをザックに固定したまま
ノールックで撮影してマス。メンドクサくて…。


画像



木漏れ日の射す気持ちのいい林道を歩き、


画像



吊橋を渡れば晴嵐荘に到着デス。
途中河原で遊んだり、かなりのんびり歩いても3時間かかりませんでした。
時間優先なら2時間程度で歩ける道のりだと思いマス。


画像



早速、テン場の受付を済ませて(¥500/1人)今夜の宿を張ります
↑はテン場から北の眺めデス


画像



水着に着替えてお昼ごはんセットを持ったら、
いよいよ噴湯丘に向けて出発デス。
墳湯丘は晴嵐荘から、さらに15分ほど進んだトコロにありマス。


画像



この後の温泉掘りを想像して興奮しながら進みマス。
そして、ついに。


画像









スライムと竜王Σ(O_O;)







天然記念物のスライム(噴湯丘)とそれを守る竜王(流木?)が現れた。

どうする?

ぽんたは力をためている。

blueは写真を撮った。

shucreamはおびえている。

スライムは何もしなかった。

竜王は何もしなかった。



そんな空想をさせるような、いい感じの流木が噴湯丘の前にあった。
無駄に長くなったので温泉は次回へ続きマス…。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ガーン!
ここを飛ばしていきなり温泉カレーに行ってしまったみたい。
どうもおかしいと思った。

ワクワクしますね。
うん、ドキドキしますね。
うん、おなか空きましたね。

そこで温泉カレー。

ナルホド。 そうこなくっちゃ。
弱足ママ
2008/08/22 15:55
ママさん、分かりづらくてゴメンナサイ!
忙しい中、遊びに来てくれてほんっとうに、
ありがとうございマス!

しかもひとつひとつ。
ちゃんとコメントしてくれて。
ママさんの優しさに癒されました〜。
今日は会社の納涼祭で今まで社長とカラオケに
行ってたものデスから…。

そうデス。
温泉カレー。
続きは次で!
shu
2008/08/23 00:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
湯俣壱 竜王をめざして ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる