ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓼科山【後半】

<<   作成日時 : 2008/05/24 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

前編はコチラ


将軍平を後にした桃猿山岳部。
その前に立ちはだかったのは、


画像



きゅうしゃめん〜(ドラえもん風)


画像



blueもかなりがんばってる様子。
ケド、コレ下りは結構おっかないんじゃ…。
だって、カメラを水平にして斜面を撮ってみると、


画像



ヒィィィィィ(゚ー゚;ノ)ノ

ひとたび足を滑らせたら。
まっさかさ〜ま〜に〜♪おちてヤバイや♪
いや〜、マジで急だな!


画像



振り返ってみるとこんな感じ。
ゴツゴツの岩場のはずなのに岩全く見えず…。
しかも上下線ともに渋滞デス。
下り線は十分な人間距離をあけて歩いて下さ〜い。


画像



この最後の急斜面を登り切ると山頂デス。
山頂に着くと八ヶ岳が揺るぎなくそこに存在していました。
思ってたよりちょっと遠めに見えたケド。


画像



山頂の看板周辺では学生の集団がアザラシのように寝ていました…。
こんだけ広い山頂なのに、ナゼ。ナゼここで寝ているんだ(ノ`⌒´)ノ ┫:・'.::


画像



山頂について間もなく、ボクらのスグ上に重た〜い雲が現れました。
ま、とにかく。めちゃくちゃ広いから人がいない所に行こうよ。


画像



広い。


画像



広すぎる。


画像



埼玉銘菓。十万石まんじゅう。


ご存じない方にとっては、突然全く意味不明な世界かもしれませんがm(。 。;)m
ケド、埼玉県民としては形容詞を使う時、どうしてもこのキャッチフレーズが頭に浮かんでしまう。
(ボク岳か!?)


画像



広い山頂で何をするでもなくボケーっと時が過ぎるのをただ見てる。
贅沢だ。贅沢すぎる休日だ(´∇`)
風もなく寒くもなく快適な山頂で、あっという間に80分間が過ぎ下山開始。


画像



立ち尽くすblue。
うん、うん。しょうがないよ。
だって急すぎて、ちょっと先はもう見えないんだもん。

勇気を持って踵で踏み抜くように。
コレで大丈夫だよ!
なって言ってたら、いつの間にか座って滑り出してる…。


うっほほ〜い。


滑るのもオモシロ。
山頂から僅かの間はおっかなかったケド、慣れてしまえば大丈夫。
上りの時とは隊列を変えて、まっきー。TNK。shucream。blue。の順で駆け抜ける。


ところどころでズボっと膝上まで埋まりながら進む。
TNKは埋まりながらも次のステップをもう出し始めているので、
埋まっては出て、埋まっては出てを繰り返してる。


メ、メリーゴーランドだ〜。


TNKの姿はまるで雪上のメリーゴーランド!
くっ、負けられん。コレは負けられんぞ〜。
見てろ〜、


「埋まった時だけアホになりマス!」


こんな宣言をボクがしたもんだから。
しばらくの間、TNKとボクは愚かな声を時々発しながら疾走した。


画像



初めのうちこそ、blueは雪道を怖がって置いて行かれがちだったのに、
後半は疾走するボクらの真後ろをしっかりとマークしていた。
流石は下りの女王…。


画像



そんな感じで雪のクッションの下りは"ぷるっ筋現象"も起こさずにアッサリ終了。
桃猿山岳部、全員無事にゴールでありマス(゚ー゚*ゝ


画像



かんぱ〜い!


画像



下山後は蓼科温泉「小斉の湯」で汗を苦労して流し、
※シャワーありません(2008年5月現在)
蕎麦をすすって渋滞に飲まれていくのでありました。

最後まで読んで頂きありがとうございマス!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
きゅうしゃめん、怖いですー!
でも楽しそうで良かったでした!
一人も良いけど誰かと出掛けるのも楽しいです。
風が語りかけます・・・ですよね!
埼玉県民のasaにとってはウらやマし過ぎる
山なのでしたー。
asa0110
URL
2008/05/25 21:44
asaさん、こんばんは!
山レベルが高い人にとっては、どうってことない斜面かも
しれないです。ケド、ボクらにとっては未知の世界だったので…。
初めは怖かったデスね〜。ただ、ほんのちょっとだけ雪が残ってて
しかも凍ってるなんて状況よりはだいぶラクでした!

やっぱり!
asaさんはご存知でしたね。
しっかりフレーズに忍ばせてる所がニクイ!
最近すっかりアノCMを見ることもなく寂しい限りデス。

毎回コメントをくださるasaさんに感謝しながら
寝る準備にとりかかるshucreamなのでしたー。
shu
2008/05/25 22:51
登山口の自動販売機を頼りにするなんてシューさん、無謀過ぎます…(^_^;)

雪山存分に体験できて楽しそうですね。これで真冬も行けちゃうじゃないですか〜
最初はああいう雪の斜面て下山の時どうなっちゃうんだろう…って心配するけど、慣れてしまうと結構軽快で、ズボって沈んだりこけたりすることさえ楽しくなりませんか?

それにしても北ヤツはまだ雪たっぷりなんですね〜
蓼科山はいつでも登れると思ってついつい後回しにしてる所ですが、シューさんのレポを見てたら雪がある内に行ってみたくなりました。
でも新緑の葉っぱがなさそうだなぁ(・_・;)
プカプカ
URL
2008/05/26 00:04
食べ過ぎた〜〜〜〜 (ドラえもん風)

・・・・。
すみません。
今日はパパさんのバースデーで 
飲めや歌えの大宴会でした。 (家族のごく一部で。もっと詳しく書くと私だけで・・・。)

そっか・・・
四阿山は桃猿でしたよね。
懐かしいです。
その四阿山、まだポレポレ隊は行けてませんが
蓼科はとってもとっても懐かしく見せてもらいましたよー。
雪、すごいですね。
私たちの時もあったけど ここまでじゃなかったもんなー。
shuさん、なんだかんだ言って
雪山ガンガン行っちゃってますよねー。
フフフ・・・・来年の今頃は メッチャすごい場所に行ってたりして〜!

弱足ママ
URL
2008/05/28 20:15
ガーン! 文字数オーバーだって・・・。
つづきです。


それにしてもすっごく楽しそうな山行。
進みながら思わず微笑んでしまいます。
>埋まったときだけアホになる・・・
いいですっ!
そっと影から見ていたかったです!
今度はいつこのメンバーが揃うんだろ。 (遠い目)


それから・・
十万石まんじゅう、大好き。
あんこがたまりません。(笑)

いつものことですが まとまりのないコメですみません。
でも本当に素敵な仲間たち。
あと50年若かったら 仲間に入りたかったな。
(・・・・で 私って今いくつ。)
弱足ママ  その2
2008/05/28 20:16
プカプカさん、こんばんは。
そうですよね…、無謀すぎますよね。反省してマス。
どうしても昔から直らないクセが二つあって。

ひとつは「忘れ物」。その日持ってなきゃいけない物のうち、
比較的重要度の高い物ほど忘れてしまいマス…。
ふたつめは「まだだいじょうぶ」。トイレとかがいつもそうなんですケド
みんなが行く時にまだ大丈夫とか思って行かないでいると、
やっぱあん時行っとけば良かったみたいな…。
自販機もまだあるよな〜、ってなってしまうんデス。
直さないと危険なクセですよね。

真冬はまだちょっと怖いデスね〜。
行ってみたら結構雪があったなレベルなら対応出来るんですケド、
"冬山!"っていうとまだ身構えてしまいマス。
アイテムも揃ってない状態ですし。
ちょっとずつ近づいて行きたいデスね!

蓼科山はきっと何度行っても歩きやすいオススメ山デス。
ボクらが行ったGWはまだプカプカさん好みの緑はなかったデスね。
梅雨の合間の晴れとか狙うといい具合に緑かもデス!
プカプカさん、いつもありがとうございマス。
shu
2008/05/28 23:50
ママさん、いらっしゃいマセ。
どうぞごゆっくり(((*゚▽゚)o旦~~

パパさん誕生日おめでとうございマス畄ヽ(・▽・*)
ママさん大宴会おめでとうございマス畄ヽ(・▽・*)
ポレポレ隊の宴、いつかご一緒させて頂きたいデス!

>メッチャすごい場所に行ってたりして〜!
そうデスね〜。行ってはみたいんですケド。
ボク、基本的にオクビョウモンなんで、雪山って怖いんデスよね。
いろんなお山にお邪魔はしてきたケド、やっぱまだ技能的には
全くの素人とほとんど変わらない状態で。
いろいろと学ぶべきコトがまだまだいっぱいデス。

○○の時だけアホになる、歩き方。
今度ポレポレ隊でも是非お試しください!
って隊長、副隊長ともに反対しますかね…?

ママさんならいつでもボクらの仲間になれますよ。
大歓迎デス!
逆にボクらがポレポレ隊に入隊したいくらいデス!
shu
2008/05/29 00:03
そういえば、
>そういう意味でも 山のネットワークシステムを使うと
>すっごく便利ですよ。(笑)
>shuさんも交換しますかー? (笑)

是非交換して頂きたいデス…。
どうしたらいんだろ?
教えて下さいm(.. )m

ママさん、文字制限突破ありがとうございマス!
ママさんへ続き
2008/05/29 00:04
ママさん!
1分前くらいにメールさせて頂きました。
ほんっとにありがとうございマス。
あ〜、早くポレポレ隊とお互い山でメールしてみたいデス!
shu
2008/05/31 00:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蓼科山【後半】 ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる