ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿蘇弐_イノチッテナンダロ

<<   作成日時 : 2008/05/07 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

やっとここからが本番デスm(。 。;)m
前置きはコチラから。

画像

↑登山ノートに記帳するぽんた


ロープウェー運休の衝撃から完全に立ち直れてはいない…。
あまりちゃんと山に登る準備はしてきてないカラ。
ケドまあ、一時間程度登って火口をぐるっと回っていけば
反対側にも別のロープウェー乗り場がある。
そこからならバスに乗れるに違いない!


画像



考えてみればぽんたと山に登るのは初めてだし、
こんなコトを一緒にするとは考えたコトもなかった。
大学を出てから、いつのまにかぽんたはMTBにはまっていたし、
いつのまにかボクは山歩きが好きになっていた。


画像



それにしてもロープウェーが運休するだけあって、
もんのすごく風が強いΣ( ̄□ ̄ノ)ノ
逆らわなければ直立していられない…。
ポジティブに捉えれば鳥にだってなれそう。
ただ、天気予報では雨も降りそうな感じだったので、
まだ雨が降っていないだけラッキーだ。


画像



強風に煽られたロープウェーの綱がビーンビーンと、
絶えずおっとろしい音を発している…。
アレが切れたら、と考えるとかなり怖い!
なんせ乗り場を見る限り、メンテ万全とは程遠い感じだ。


画像



そんな状態にもかかわらず、何故か↑案内板は綺麗だった。
しかも何mおきかは忘れちゃったケド、かなり小刻みに設置されていた。
正直、ここにお金かけなくても良かったのでは…、なんて思ってしまう。
そしてこの考えは、山頂駅について更に強くなった。


だって山頂駅って↓、


画像



こんなだったり、


画像



こんなだったりするんだもん(((゚ー゚;)))


風がなければ動いているってのがどうしても信じられない。
この運休は永眠なのでは…。
まわりに他の人工物はなく荒れた荒野という感じ。
(って荒野は荒れてるに決まってるケド)
なんだかどこかの戦時下に迷い込んだような光景だ。











大丈夫なのか、阿蘇!








なんか逆に歩いて来てよかった。
なんて思ってしまう。
とりあえず山頂駅に着いたものの、そこは完全に廃墟。
乗り場がalmost廃墟なら、
山頂駅はexactly廃墟だ。
何も調達出来そうもないのでスルーして山頂を目指す。


画像



って、どうして道↑が綺麗なんだ!
何故か山頂駅から山頂へと続いている道がめちゃくちゃ整備されてる。
観光客を運ぶ力を失ったロープウェーの先に、何故こんな綺麗な道が必要なんだ。
やっぱり、阿蘇はちょっと大丈夫じゃないかも…。


ケド、登山中に阿蘇の観光業について心配してる場合じゃない。
自分がちゃんと無事に家まで帰らなくちゃ!
だって↓こんなものがあるんだもの…。


画像



もし噴火があった場合、このシェルターがどれくらい役に立つのだろうか?
見渡すとこのシェルターが結構な数並んでいる。
というコトは、このシェルターが役に立つような事態がきっとあるんだろう。
なんだろう?
ちょっとだけ石や岩が飛んで来るなんてコトがあるのカナ?

ここで、ぽんたとしばし真面目な話をした。
もし自分が地質学者?みたいな研究者だったとして、
実際に噴火を目の当たりにしてこのシェルターに逃げ込んだとする。
間違いなく助からないと思う。
ケド、それって不幸カナ?
誰でも見られるってもんじゃないよ、噴火なんて。
実際には研究者じゃないから完全には分からない。
ケド、確かに見るコトが出来たのは幸せだった。
って思うかもしれない。
ただ、やっぱり答えは分からない。

って、大きく話が脱線してるし…。
じゃ、先に進みマス。


画像



出ました。
今回の山歩きで↑こいつが一番の難所でした(-。-;)
なぜならボクは気管支喘息だからデス…。
"禁止します"と書いてありマス。
"ご注意ください"ではありませんo(´^`)o

頭の中で緊急ひとりサミット開催デス。
(↓の写真を撮る間に決議されました)
「こりゃムリだよ、だって禁止って書いてあるもん」
「ケド、全然煙こっちまで来てないよ」
「見えてないガスだってあるんだよ、きっと」
「でもさ、臭いもしなくね?」
「とりあえずさ、行ってみようよ。引き返す覚悟だけしといてさ」
「じゃ、そうしよう」
「知らないかんね」


画像












Σ( □ ;)

しゅ、しゅごい!









地球だ。
コレが地球なんだ…。
そう思わざるをえない光景。

小せぇな〜。
なにもかも小せぇな〜(x_x;)


画像



ネガティブにではなくポジティブにそう思えた。
あまりにも小さすぎて、おかしくなってきた。
人間っていいな。
なんかいいな。


画像



到底、自然の力にはかなわないケド。
自然を超越することなんて人間のするコトじゃないよ。
だって人間を創ったのが自然なんだカラ。
なんて、意味不明なコトが頭の中に浮かんじゃうほどの衝撃だった。

入山こそしたものの大して進まず…。
またつづきマス(_ _;)。。。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました〜いつつどっけ。(?)
何でしょうか?この廃墟!
たぶん強烈なガスがコンクリートを溶かし、
火山の噴石が飛んで天井に穴をあけるのです!おそらく。
そうですね。大地は生きているのですね。
願わくばその怒りに触れぬよう。
続き楽しみにしてます〜!
asa0110
URL
2008/05/07 23:09
asaさん、お久しぶりデス!
すっかりサボリグセがついてしまい、
ようやく書きはじめるコトが出来ました…。
そんな記事なのに早速コメント頂き、
ほんと嬉しいデス。ありがとうございマス!

不思議と忙しく皆様のトコにも長居が出来ず、
読み逃げしまくりで反省してマス。
asaさんが入間アウトレットにチャリで15分というのが、
強烈に頭に残ってマス。うらやますぃ〜!

続き…。
あまりお待たせしないようがんばりマス!
shu
2008/05/08 21:04
shuさん、こんばんは!
阿蘇って、県内随一の観光名所なイメージやのに、
この寂びれ様にびっくりです。
ロープウェイ・・・怖いかも?!

shuさん、聞いて下さ〜い!
白馬岳の山小屋からお便りが届きました。
※ただのDMやってば・・・
去年台風で行かれへんかった白馬岳が、
私のことを待っててくれたようで、とってもうれしいです♪
※住所がパソコンに登録されてて、機械的にDMを送ってるんやってば。

今年こそ、行きたいです!
ぽてと。
URL
2008/05/09 21:09
ぽてと。さ〜ん!
スゴイじゃないですか"お便り"なんて!
ただのDMでもすばらすぃデスよ。
ちゃんと白馬に繋がってるてコトが。
今年のレポ今からめっちゃ楽しみデス!

ケド、その前にオーレン小屋とかでお会いしちゃったら
素敵デスね〜。結婚式の写真とか持ち歩こうカナ〜。

ところで、阿蘇はステキなとこなんデス、ほんとは。
たまたま寂れっぷりが目立ちましたが…。
どうやら賑やかなトコロと、そうでないトコロが
結構ハッキリ分かれてるのかな〜、とは思いました。
阿蘇といっても広いデスからね。

ぽてと。さん、ありがとうございました!
旦那チャマ様にもよろしくお伝え下さいマセ。
shu
2008/05/10 14:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
阿蘇弐_イノチッテナンダロ ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる