ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿蘇壱_カルデラいちばん♪

<<   作成日時 : 2008/05/06 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちゃ〜んちゃ〜んちゃ〜んちゃん♪ちゃちゃちゃちゃちゃ♪
カルデラいちばん♪電話はにばん♪

"世界一のカルデラ"とよく言われる阿蘇に行ってきました(*・ー・)ノ
実際は世界一であるとかないとか…。
まぁ、ケド世界一の冠を争う大きさには間違いないからどっちでもEデス!

今書くとGW中に行ったような感じになっちゃいますが、実際は4/6(日)。
なんともう一ヶ月も前のおはなしデス…。


left



前日4/5(土)、マシューの披露宴+ホームパーティーに参加したボクら。
その日はそのままホテル新オオタニで眠りにつき、翌朝阿蘇に向かいました。

あっ、そうそう。
前回の記事には登場してませんが、今回の旅にはひとり同伴者がいます。
名前がないのも書きづらいので、仮にポンタとしよう。
マシューはオレゴンで出会ったアメリカ人、
ポンタはオレゴンで出会った鎌倉人デス。
ポンタがどんな人物かは全文割愛しますm(_ _ ;)m
それだけでひとつのブログになっちゃいそうなので…。

熊本駅から、とりあえず今夜の寝床に一番近そうな赤水駅まで。
どうやら途中で通る立野駅というトコロは、
"三段式(Z型)スイッチバックとしては日本最大"なんだそうです。
そういうつもりで訪れていればテンションあがるトコかも。
ケド知らなかったし、昨日遅かったしで、なんとなく通過してしまいました…。

のどかな朝の鉄道の旅。
赤水駅に着くと









なんにもない!







ほんとになんにもなかったらホラーだケド、
言葉の意味としては"なんにもない"の代表作みたいな駅前だ。
駅を出て目に入ってきたのは一台のタクシー。
コレに乗る以外の選択肢は用意されていないみたい。

とりあえず阿蘇山に行く前に荷物をホテルに置いていかないと。
披露宴用の身支度を持ったまま阿蘇山に行く気にはなれいし。
ホテルまでの道中、これからどこに行くつもりか訪ねられたので、
"仙酔峡から阿蘇山に行くつもり"と話すと、
ホテルに寄った後そのまま乗せていってくれるとのコト。

どうせまた赤水駅に戻るにはタクシーだし、
次の電車を一時間以上待つようだし、
また、宮地駅から仙酔峡まではタクシーだし。
あまり移動手段について何も考えてなかったボクらには
ありがたい提案だった。

仙酔峡までに運転手さんはいろいろなおはなしをしてくれた。
なかでもボクが興味を引かれたのが野焼き。
阿蘇では1000年以上も前から豊かな草原や貴重な植物を絶滅させず維持するため
春には野焼きがおこなわれているんだそうデス。


left



言うのは簡単だケド焼く範囲がとても広いので、
ここからここまではあなたの町、
そっちからこっちがあなたの町、
みたいな感じで集落ごとに割り当てがあるとのコト。
なんと運転手さんもつい先日、2日間にわたり山肌を焼き歩いたそうデス!









阿蘇、恐るべし!( □ ;)








ケド職業に関わらず、自分の住んでるエリアをみんなで守っていく暮らし方。
コレがほんとなら当たり前なんだよな〜、って感じました。


なかなか話が本題に入りませんが、ようやく仙酔峡に到着デス。
今回は披露宴帰りに軽く山歩き、そんな気持ちでボクらはやって来た。
それなのに、
それなのに…、










本日強風のためロープウェー運休!








にわかには信じがたい。
それよりもロープウェー乗り場の寂れっぷりがスゴイ。
申し訳ない言い方をすれば、廃墟。
そう、まるで廃墟。
信じがたいのは運休という事実に直面したコトよりも、
理由が強風というトコロだ。

風が吹こうが吹くまいが、ロープウェーは動いていない、
そんな雰囲気がこの仙酔峡ロープウェー乗り場には漂ってる。

兎に角、タクシーは帰ってしまった。
どうみてもバスがあるとは思えない。
現状、帰る術はない…。









歩くしかない…。









画像



それにしても…、
日曜日なのに。
世界最大級のカルデラなのに。
この静けさ。










大丈夫なのか、阿蘇!








またやってしまいました…。
登り始める前におしまいデス(゚ロ゚*)(゚ロ:;.:... (゚:;....::;.:. :::;..

つづきはコチラから

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜!
待ってました!そして、そうそう!これが良いのです!
Shucreamさんらすぃ!始まりが姐さんは堪らなく好きです!
登り始めまで姐さんはひたすら待っているであります♪
行った事の無い阿蘇。でもタクシーの運転手さんといい、
なんだか阿蘇の密かに良いところがShuさんの文面を通じて
伝わってくるであります!
アフー
2008/05/07 04:39
姐さん、お待たせしました〜(o>ロ<)o
こんなに間が空いてしまったのにもかかわらず
こんなに早いコメント。
めちゃくちゃ嬉しいデス!

blueも感謝してマス。
ずっと書いてなかったのにこんに早くコメント
くれるなんてShucreamもっと書かなきゃだよって。

で、阿蘇はほんと素敵なトコでした。
次こそ入山しマス!
ところで、最近姐さんトコは米欄ない時が多いデスね。
アノ黒い先導二人がカッコ良すぎて忘れられません!
shu
2008/05/07 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
阿蘇壱_カルデラいちばん♪ ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる