ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとつどっけ

<<   作成日時 : 2008/01/13 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

いくかどうか迷ってた。
といっても山にお邪魔しようと決めたのが2日前。
いいかげん山への想いは募り切り爆発を待つのみ。
秒読み態勢だった…。

疑いの余地なく"晴れ"ならば行こう!
そう決めたら直前の天気予報も"晴れ"だった。

前回の白馬が4ヶ月弱前。
道具をザックにひととおり詰めるのも難しい。
"しまったハズの場所からどこか違う場所にうつしてしまう妖怪"
こいつがなかなか手強い。

ヽ(゚□゚;)ノ はっ!
前置きが終わらなそうな勢い…。
途中だケド本編へ入りマス。


2008年01月04日(土)
三ツ峠(開運山)

◇アクセス編
アジト最寄駅(東武東上線)→朝霞台(徒歩)→北朝霞(JR武蔵野線)→西国分寺(JR中央線)→
高尾(JR中央本線)→大月(富士急行線)→三ツ峠
◇山歩き編
三ツ峠st.→神鈴の滝遊歩道→達磨石→股のぞき→八十八大師→山荘分岐→三ツ峠山荘→
開運山山頂(往復)


冬。
登山口まで連れて行ってくれるバスはあまりない。
駅からすべて歩いて登れる山は貴重だ。
この三ツ峠という持ち札をいつ切るかずっと考えていた。
それを今使った一番の理由。
それは、



兄さん、姐さん2007年山初め

ママさん(ポレポレ隊)2007年山納め



これはボクも山初めに行くしかない!
コレが理由。


今回、ボクは完全になめていた。
三ツ峠は"裏"で登る限り、どちらかといえばラクな山歩きができる。
ケド"表"はそれほどラクではない…。
駅からの標高差は1.200m弱。
歩道歩きも入れると10K前後のはず。

ちなみにボクは"裏"を登るつもりでいたのだケド、



三ツ峠駅から登る方が"表"らしい



えぇェエエェエエエエェェええ!なんで〜?
駅から登るほうがマイナーなのに、なぜにこっちが"表"?
ケド、歩くしかない。
そうだ。山歩きってそういうもんだ。


画像



◆08:00
三ツ峠駅で降りたのはボクを含めて3名。
ボクと年配のご夫婦。
ボクは一服。
ご夫婦はスグに出発された。
そして、ボクがこの後ご夫婦に追いつくコトは無かった…。


画像



駅から登山口を目指してまずは歩道を歩き始める。
しばらくすると目指す頂の姿が見えた。
って、あそこまでめっちゃ遠いじゃないですか(_ _。)…


画像



グリーンセンターは入浴も出来るってどっかで読んだのに、
あたりにはまったく人の気配が無く…、
"世にも不思議な物語"風なしずけさが。



はやく第一村人に会いたい!



なんか獣の鳴き声が山から聞こえてるし…。


画像



あっ、犬の散歩してるオジサマはっけ〜ん(((( *≧∇)

…、
……、
!!!!!!!!!!!?






って、追いつけね〜!



これから山に登ろうって男が、犬の散歩のオジサマに追いつけない。
別に速さを競ってるワケではないから、スピードの問題は気にしなくてもイイ。
ただ、がんばって歩いてるのに全然追いつけないってのはちょっと…。

犬が止まって、ようやくオジサマに近づくと、
「猿が結構騒いでるね」って。
あっ、あのおっそろし〜泣き声は猿だったのか。
「下りてくるコトもるんですか?」って聞いたら、
「あるよ」だって。
!?、あるんだ…。

◆08:35
神鈴の滝遊歩道ってトコに入った。
まだ登山口までは遠そうな気がする。


画像



実はこの時点で相当疲れてたミ(ノ_ _)ノ
どれ位かというと、帰ろうかと思う位!
この4ヶ月弱、まったく運動してない。
仕事も座ってやるし、長時間歩くコトもない。

どうやらボクの体は、なまりを極めてしまったらしい。
ここまでで約30分間アスファルトの坂道を登り続けてきたケド、
こんなに歩くのは日常生活においてまずない。

ここで最初の目標を立てた。



登山口をゴールにしよう!



聞いたコトね〜よ!
登山口がゴールなんて…。
ケド、しかたない。
なんのトレーニングもしてなかった自分が悪いんだ。



"ふたつどっけ"に続く

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!やっとアガッタっ!
ずっと待っていました♪三つ峠ウレスィです!でもって、
面白い!こういうタッチのレポ大好きです!その時の気持ちが
本当にShucreamさんのレポは伝わってくるっ!散歩のオジサン♪
うんうん。ワカル。追いつきたいけど追いつけない
その気持ちワカルなぁ。ちなみに姐さんも木曽御岳で4歳の
女の子に負けた・・・それはさすがにショックだったです。
危うくトラウマになるところでした。
それにしても標高差1200mでは今の姐さんには到底
無理です。ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

ふたつどっけがとっても楽しみです!復活!本当に
嬉しい!ちなみに兄さん現在ウイイレ中。
アフー
2008/01/13 04:23
うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜! ×10
みっ、みっ、みっ・・・
三ツ峠だったのかあ〜〜〜〜!!
行ったばかりなのに何故気づかん、自分!
しっかりしろ〜〜〜〜〜っ!!!

うんうん。ワカル。追いつきたいけど追いつけない。
しかもどんどん抜かされる。
その気持ちワカルなぁ。(shuさんは抜かされてないってば)
それにしても標高差1200mでは今のママさんには到底
無理です。ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

ふたつどっけがとっても楽しみです!復活!本当に
嬉しい!

・・・・あれぇ〜? どっかで聞いたことあるねぇ。
って、まんまやんけー!
(アフーさん、後で賃貸料請求してね。・・賃貸料でいいのか?)

shuさん、登山口がゴールっていいね!
これ、今度から私も使わせてもらおう。
でも隊長のケリが入りそうだけど・・・・汗。
弱足ママ
URL
2008/01/14 06:02
姐さん、ママさん。
ありがとうございマス。
どうしても三ツ峠には最初にお邪魔したかったんデス。
無理だったら年末に行くつもりでいました。

それにしても標高差1200mでは今のボクには到底
無理です。ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

復活を喜んで頂き本当にありがとうございマス!
またしばらくはお休みになっちゃうので、
次回は春になると思います…。

姐さん、兄さんすっごい時間にウイイレやってますね…。
ママさん、登山口ゴールはオススメですよ!
ただ、何しに来たんだろうって気になりますケド。

姐さん、ママさん。
本当にありがとう!デス。
shu
2008/01/14 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ひとつどっけ ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる