ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS しろうま(第四章)

<<   作成日時 : 2007/08/19 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

第四章 白馬鑓温泉から猿倉

白馬鑓温泉小屋。
掲示物によると標高第三位の温泉らしい。

ちなみに
第一位が室堂の「みくりが池温泉」
第二位が八ヶ岳の「本沢温泉」
と書かれていたケド、標高をめぐっては諸説あるみたい。

デビュー当初からの憧れの地。
そこに今いるコトの感動は大きい(*゚ー゚)/*【祝】*(゚▽゚*)
その感動を差し引いても鑓温泉小屋の雰囲気は肌になじんだ。
到着から間もないというのにボクはこの場所にフォーリンラブ。

画像


昨夜の白馬山荘同様、二畳区切りのスペース。
ただ昨日とは決定的に違う点が…、


一畳に二人


「起きて半畳、寝て一畳」ならぬ
「起きて半畳、寝ても半畳」だ。
ケド、これくらいでおさまればいいな〜、と思っていた範囲内でよかった。
小屋の張り紙には恐ろしいコトが絵入で記載されていた。

4人の場合の寝方。
うん。今夜はこうやって寝るのか、参考になるな〜。

5人〜8人の場合の寝方。
ん〜、ちょっと二畳には入らないんじゃないカナ…。

9人以上の場合の寝方(絵には15人くらい書いてある)。



うん、ムリ。



恐るべし、山小屋!
こんな状態じゃ、どんなに魅力的な山小屋でも楽しめない…。

画像


さて、夕食前に一度目の入浴。


熱っ!


拷問か!


殺す気の日差しによりすっかり火傷したボクの両腕に、
鑓温泉の温度は熱いを通り越して嫌がらせだ…。
って、そんな状態まで日焼けしてしまったボクが悪いのだが。
この熱さに耐えられれば鑓温泉は想像以上の爽快感(*^ー^A
結局、滞在中三度も入ってしまった。

二畳のスペースにご一緒させて頂いたご夫婦がとてもイイ方だったため、
初の相部屋の夜は快適に過ごすコトが出来た。ありがとうございマス。
夜が明けてついに山でのご来光を初体験。

画像



・・・。


絶句


ご来光の写真を初めて撮ったので、ボクの感動の髪の毛先ほども
コノ写真は表現できていない…。
あ〜、歩いてきた甲斐があった。

画像

↑人が写っちゃてマスがこれ以上の解像度にはなりません

画像


あ〜、いつかテントでまた来たいな…。

画像


画像

無料の足湯。大人8人が同時に楽しめマス。

画像


画像



超満足(゚∇゚(。_。(゚∇゚(。_。 )


画像


画像


画像


こんなに充実した山歩きになるとは正直思っていなかった。
常に眼前に広がる絶景もそうだケド、睡眠不足で歩いちゃいけない!
など、学ぶコトもたくさんあった。

本来なら初の夏山はおあずけだったトコロ、Blueのおかげで念願の
白馬鑓温泉に一緒に来るコトが出来た。
思い残すコトはないや、コレで9月末まで休部だ。

あっ、でも。



もう一回くらい行っちゃダメですか?



画像





レポをまとめる時間的余裕がなくて、ほとんど自身の日記のようになってしまい
四章にもわたり駄文を掲載してしまいました…。
最後まで読んで頂き本当にありがとうございマス。
コースタイム等のデータはBlueの日記と掲載する予定です。


各章へは↓から
第一章 猿倉から白馬尻
第二章 白馬尻から白馬山荘
第三章 白馬岳から白馬鑓温泉
第四章 白馬鑓温泉から猿倉 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
白馬鑓温泉と立山登山
今年のお盆は長野県白馬村の「白馬鑓温泉小屋」と富山県立山町室堂のらいちょう温泉「雷鳥荘」の北アルプスの雲上の湯へ行ってきました。 8月13日(月)1泊目の白馬鑓温泉へは猿倉より徒歩5時間。 8月14日(火)下り5時間。 はるばる歩いた登山者のみが味わえる温泉です。 ...続きを見る
トラベログ
2007/09/03 22:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
鑓温泉行かれましたか・・疲れ癒されますよね^^
私も昨年行きましたよ!快晴だったようで何よりです^^
私が気に入ったシチュエーションはもちろん白馬鑓からの白馬と杓子ですが・・
剱岳に当たる朝日など懐かしく写真を拝見しました。
ふくし
2007/08/19 17:07
ふくしさん、こんばんは〜。
ハイ。行って参りました、鑓温泉。
癒されましたね〜、ボロボロの状態で歩いてきたにもかかわらず鑓温泉に着いてからはず〜っと元気でした。不思議です、温泉パワー。

白馬鑓からの白馬・杓子。
すっごい雄大でした。
次は唐松岳から五竜岳の方へも足を伸ばしてみたいです。
コメありがとうございマス!
Shu
2007/08/19 21:31
2つめ小屋はいかにも日頃の不安的中な様子みたいで…
一人半畳!?じゃ、じゃあ単独の時はまさか他人と一緒に一畳分かち合い!?
いっっっっ
いやぁぁぁぁぁ
ああ、混んでる時期だけは絶対死んでも行きたくない…

Blueさんが大好きだというあの雲海の写真最高に美しいですね!壁紙にしたいとまた密かに要求したりして…

シューさんが先日私のとこで残してくださったコメントの意味がよくわかりました。つらかったんですね。本当につらかったんですね。
なのにすごいです。よく、よくがんばりましたね…
私だったら一人なのをいい事に諦めていたかもしれない、とも思ったし、あの青空を見たら吐いてでも歩いたかもしれない、とも思いました。
日帰りじゃない、山小屋に泊まれる、という目標があれば足は前に進むのかもしれませんね…
去年の夏と比べても今年は暑い気がします。山ってもう少し涼しいはずです。去年晴天の下ウィンドブレーカーを着て歩いた尾根が今年は焼けそうな暑さだったので違いがよくわかりました。
高山と太陽熱による体力の消耗はかなりこたえますよね…
プカプカ
URL
2007/08/21 03:08
プカプカさんへ

そうです。鑓温泉小屋はプカプカさんの心配されている通りの状態でした。単独の場合がどうなるのかは分かりませんでしたが、間違いなく知らない方と肩を寄せ合うどころか密接させて眠るコトになるはずです。

「雲海」またリクエストして頂きありがとうございマス!
早速撮ったサイズそのままに差し替えました〜。
プカプカさんのデスクトップを飾れて光栄です!
ちょっと元サイズだとゴミの映り込みとか、
ピンの甘さが目立ちますケド…。

そうなんです。
燧ヶ岳のレポを拝見して妙にあの日(しろうま行った日)のしんどさがオーバーラップしてしまいまして。はっきり言って、あの日前に進んだのは判断ミスです。たまたま最高の展望でだましだまし歩ききれましたが、幸運が味方についたからこその完登でした。【続】
Shu
2007/08/21 23:52

【続】はじかれた…

「なにかが待ってる」という欲に負けて進んでしまいましたケド、今後は自重しないとな。とも帰ってきてからは考えました。プカプカさんに「がんばりました」って言葉を言って頂けて本当に嬉しいです。あ〜、ほんとにアノしんどさを分かってくれての言葉だな〜、って。

調子のって北アとか行っちゃいましたケド、ゆっくりのんびり
楽しんで続けていきましょうね。同期として!
温かいコメントありがとうございました。
Shu
2007/08/21 23:53
あああああああああああああああ!!!!!
もう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!

・・・・・失礼しました。
興奮しちゃいました。(^_^;)
今更ですが  残暑お見舞い申し上げます。

行きたいっす。
チョー行きたいっす。 白馬。
shuさん、(すみません短縮して) 
寝不足の中 よく頑張りましたね。
ほんとえらい、えらい! イイコイイコ。 ヨシヨシ( ^・ェ・^)/(; ; )グシュ
コースタイム通りに行かないのは 私ども、チャンピオンですが
今回、shuさんのレポ読んで、「あ、あたしでも頑張れば行けるかも」
って思わせてくれる内容でした。
ああ、いいなあ。 ほんとお天気も最高でしたね。
ホテルみたいな小屋も気になる〜!

夏山シーズンもあとわずか・・・
これからは気持ちはもう紅葉に走ってるポレポレ隊ですが
ほんといいもの見せていただきました。リンクもありがと!
Blueさんの裏レポも気になる〜!!
弱足ママ
URL
2007/08/22 15:10
ママさん、落ち着いてお茶でもどうぞ〜 ~~且o(゚ー゚*)
ママさんお帰りなさいマセ。
里から戻られるのを楽しみに待っておりましたよ!

さて。
行って欲しいっす。
チョー行って欲しいっす。白馬。
隊長にもゼヒ味わってもらいたいな〜、と
大雪渓を歩いてるとき感じましたよ!

アノ状態のボクが行けたのですから、ママさん大丈夫ですよ。
白馬山荘は早めに予約すれば個室でポレポレ隊専用部屋も
実現可能のようです。

あっ、勝手にリンクしちゃてスイマセン。
来月の極秘イベント終了まではBlueShucreamは山休み。
なのでボクも休み明けの紅葉に気持ち持ってかれてます。
え〜、Blue日記はいつ載せられることやら…。
気なが〜にお待ち頂ければと思いマス。

へへへ(・ー・*)ゞ
ママさんに褒めてもらっちった。
ありがとうです!
Shu
2007/08/22 22:57
「雲海」ゲットしました〜(うっへっへっへ)
大きく見るとますます最高ですよ〜

今回は反省の多い登りになったようで、それも実はなんか理解できるんですよねぇ…とてもすばらしい展望に恵まれて、美しい写真を残せて帰って来てもあの選択は失敗だったな、こうしていた方がよかったな、って私も時々思います。やめた時は結構気分がすっきりして楽しくなるという経験もよくありますし…(^_^;)

ところで二章だったかな?茶色いパンツを履いたスレンダーな素敵な人はBlueさんですよね?帽子の下に手ぬぐいかな?被ってるのがおお〜いいアイデア!と関心しました。
私頭にすごい汗かくのが悩みなんですよぉ。タラタラ流れて来て目に入って大変で。今度やってみよ。

※そうそう、私も蝶・常念狙ってるんですよ。
ただ今林道が通行止めになってる区間があるじゃないですか?(東側)あそこが開通されるまでおあずけにしようと思ってるんです。
プカプカ
URL
2007/08/25 03:00
プカプカさん、こんばんは〜。
雲海って言葉には表せない美しさですよね。
実際に目の当りにした感動に少しでも近づけるように
腕を磨きたいと思いマス!

目立ちすぎる反省点があると、他の些細なトコロまで
しっかり反省出来てないんじゃないカナ?って不安になるケド
忘れちゃうんですよね…。なんかテストの0点の教科ばかり気にして
20点には目が行かなくなっちゃうみたいな。
一個一個しっかり学んでいかないと!

ご指摘の人物はBlueだと思われマス。
本人はスレンダーじゃないです、と否定していますが。
実はあの日の帽子が借り物で汚さないようにかぶったみたいです。
かぶってたのは「てぬぐいタオル」ですね。
アノ写真の後はあごのトコロで縛って農作業スタイルで歩いてました。
Blueはそうでもないんですケド、ボクも汗には悩まされてマス。
なんかすぐに大雨に打たれたようにびっしょりになっちゃって…。

確か以前プカプカさんのブログで行ってみたい山を聞かれている
記事の時、ボク常念岳って書いたのを覚えてます。
やっぱりプカプカさんも気になりますよね!
Shu
2007/08/26 00:03
shuさん、白馬岳おつかれさまでした!!
とっても青空で、とっても美しい朝日で・・・
大雪渓どえらく人が少ないし・・・
いいなぁ〜羨ましいなぁ〜あたしも歩きたかったなぁ〜と、
思いつつ、レポ拝見しました。

私も白馬山荘を予約(台風キャンセルね)してたんですよ。
部屋ってこんな風になってるんやぁと大変参考になりました。
アリガトゴザイマス。
私も来年は行けるようにっ!がんばりますね。
ぽてと。
URL
2007/08/27 01:56
ぼてと。さん、こんばんは〜、アリガトゴザマース!
USAGIちゃんのせいでボクが先におじゃまするコトに
なっちゃいましたケド、たいして役に立たないレポに
なってしまいました…。

ほんとにず〜っと快晴でした。
今でもアノ殺気に満ちた日差しを思い出しマス。
大雪渓はラッキーだったのかな〜?
なんかもっとお盆の大雪渓って大行列!
見たいなイメージで覚悟して言ったんですケド、
めちゃくちゃ空いてましたね。

来年は台風にぶつからないよう今から祈ときますね!
Shu
2007/08/27 23:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
しろうま(第四章) ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる