ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 八分の一ケ岳(後編)

<<   作成日時 : 2007/06/19 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

Day1はコチラ

〈山歩き編〉Day2

行者小屋(6:30) → 【地蔵尾根】 (7:35)赤岳展望荘(7:55) → (8:30)赤岳(9:10) → 【文三郎道】 (10:25)行者小屋(10:35) → (12:45)美濃戸山荘(13:15) → (14:00)美濃戸

たっぷり寝た感いっぱいで目が覚めると23:30。
ん?まだ今日も終わってないや・・・。
今更ささやかなディナーでも楽しもうと思ったケド、辺りが寝静まっているので断念。
眠くもないケドすることもないのでまたシュラフへ。

次に目が覚めると3:00。
大学生達はもう朝食の準備をしている。
さっきは眠くなかったのに、今は眠い(・ー・*)~゜…
4:00まで寝よう。

4:00になって体の調子を探ってみると、頭痛は残ってない。
寝る前に決めた通り、せっかくだから登ってみよう。
当初の予定では「赤岳→横岳→硫黄岳でツクモグサに会う」ってはずだった。
妄想登山でのシュミレーションによれば出発は5:40でOK。

なのにテントを撤収して全ての準備が整った時間は・・・、

6:30(゚ロ゚;)(;゚ロ゚)(゚ロ゚;)(;゚ロ゚)
Why?ほわぁ〜い?


シュラフが元の大きさにもどらな〜い!
フライシートが元の大きさにもどらな〜い!!
テントが元の大きさにもどらな〜い(゚▽゚;)
いくら慣れてないからといって、こんなにグズはボクだけだろう・・・。

これじゃあ硫黄岳まではとっても間に合いそうもない・・・。
ツクモグサに会いたくて来たのに、自分のせいで会えなくなっちゃたよ。
頭に流れてくるのは♪お〜ろ〜か〜もの〜ぉよ

ふ〜、自分自身と口論になり出した結論は、
赤岳だけにしよう!
そう決めると心もいくらか落ち着いて、のんびり歩き出すコトが出来た。

6:30 行者小屋出発 地蔵尾根へ
画像


画像

地蔵尾根の日陰だけほんの少し凍ってた。
画像

画像

画像


時間はたっぷりあるから、ゆっくり、のんびり登ってく。
それでも息が切れる・・・。
お地蔵さんを過ぎると稜線が見えてきた。

画像

赤岳展望荘の姿も見え、風前の灯となった気力にも再び勢いが。

7:25 稜線に出る
画像


(o。o;)あっ!
登って来てよかった。


稜線に出ると360℃の大展望。
言葉も出ない・・・。

画像

地蔵ノ頭から横岳方面。今日はおあずけだけど次こそは。

画像

反対側は赤岳、そして後方に富士。今会いに行きます。

画像


画像


7:35 赤岳展望荘
画像


朝も遅いせいか展望荘にはほとんど人がいない。
みんなもう出発しちゃったんだな・・・。
なんだかもうここで十分展望も満喫できたし赤岳山頂までいかなくていいのでは?
と、思うくらい展望荘の名にふさわしいベストプレイスでした。

画像

画面中央が行者小屋。あそこから登ってきたんだな〜。

7::55 赤岳展望荘出発 最後の登りへ
画像


画像


画像

頂上小屋が見えた。
あとちょっとだ〜。

8:30 赤岳山頂
画像


画像

白黒にすると正に墨絵のような富士山が。

画像


画像

メジャーリーガー風な男性に「撮りましょうか?」と声をかけられたので撮って頂いた。
ありがとうございますm(。 。 )m って髪型ヒドッ!

画像

アフーチームがあそこで雷鳥クンに会ってる(*゚▽゚)_∠※☆

画像


画像

ここで泊まってゆっくり星や朝日を堪能してみたいな〜。

一時は登るコトも止めようとしてた。
ケド来て良かった。
来てしまったからにはこれから下りが待っているケド、
登ってこなければ見られなかったものがここには確かに広がっていた。

9:10 赤岳出発 文三郎道へ
画像

山頂の展望を心行くまで満喫して文三郎道へ。

画像


画像


画像


画像


文三郎道はずっとザレてる・・・。
ボクはザレ場が大の苦手。
サブザックで来ているので一脚を収納できない!
だからずっと片手はふさがった状態。
ズルッとなる度にカメラとのお別れが頭をよぎる・・・。
何ズルしたか分からないケド、なんとか無事行者小屋に戻れた。

10:25 行者小屋到着
画像


この時間ほとんど昨日からのテントが張ったままでした。
ボクの場合、もしテントの撤収をしないで出発してたら硫黄岳まで行ってしまってた。
したら、ギリギリで行者小屋に戻ってきて撤収作業にモタついてバスに間に合わない。
なんてコトになっていたに違いない・・・。

よかった!

この山行で唯一の適切な判断だった。
っていうか、テント撤収の練習をちゃんと積んでくればなんの問題もないのだケド。

昨日今日と学ぶコトが多かった。
下山中に次の山のコトを考えなかったのは初めてだったケド、
別に山歩きがイヤになってしまったわけではない。
ここにきてようやく"慎重さ"が身についただけ、それだけのコト。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
やったね!またゲットだっ!
よかった!赤岳登頂。お疲れ覚ました♪

アフーチームはずっと南から八を見て、Shucreamさんは
きっと八にいるよと話していましたよ!あの日の八ヶ岳は
本当に綺麗でしたょ!文三郎は確かにザレていて怖いですよね。
でも、本当によかった!前編後編通して拝見するとその時の
正直な気持ちが伝わってきました。
でもって、山頂での髪型はモーマンタイです!ちなみに私は
いっつも山の中で オハナミズを平気でたらしている残念な女
です(∩。∩;)ゞテレ。素敵なレポ本当にありがとう(*^-^)
それより、スタッフバッグはどれもちと小さいですよね・・・
私も、顔をヒムクッテシュラフを袋詰していますよん♪
とにかく、コメントが長くなってしまいましたが!八ヶ岳登頂
★:゜*☆※>('-'*)♪オメデトウ♪(*'-')<※★:゜*☆御座います
アフー
2007/06/19 21:03
うわ〜、アフーさん本当にアリガトウ!
読み返してみるとレポというより日記ですね・・・。
読まれる方には全然関係ないコトまで書いてしまってて。
それなのにコメント頂き本当に嬉しいです。

ポレポレ隊の皆様が硫黄岳にいらっしゃたんですね〜。
直接あいさつしたコトがないのでレポが出来たらお邪魔してみます!

それから親分さんにお礼を伝えて下さい!
なんだか重い思いをしてずっとカメラを持ってたのが報われた気がして、うるっと来てしまいました。これからもアフーチームのお二人と一緒にスキルアップして行けたらいいですね〜。

あっ、お詫びもあるんです・・・。
親分さん撮影の「八ケ岳連峰」+アフーさんの画像勝手に頂いてしまいました。今回のボクの赤岳の写真と一緒にプリントさせて頂いても良いでしょうか?
Shu
2007/06/19 21:51
[壁]‥) チラッ
お邪魔します・・・。
来ちゃいました。 もうガマンできなくて来ちゃいました〜!(叫)
実はかなり前から 「ヘッドロココ」に憧れてロムラーしてました。
アフーさんとこでお見かけするその前からです。
すみません、もうこのまま見過ごすことはできません。
前から思ってました。 行ってる山がとても共通してるし
乾徳は一日違い・・・! あの時もコメ入れちゃおうかなって思いつつ
なんだかそのまま帰ってしまいました。
今回はこのまま見過ごすことができません。
同じ日に、同じ山域! それももしかしたら硫黄ですれ違ってたかもしれないなんて・・・・!
赤岳登頂、おめでとうございます!
隊長は 赤岳に登ってこその八ヶ岳と思ってるようですが
私には怖くて無理かなと・・・。
硫黄で十分満足の弱足でございます。
本当にあの日はお天気が良くて最高でしたね。
頑張ってレポ作ります。
弱足ママ
URL
2007/06/20 06:20
初コメではじかれちゃった・・・
続きです。

ああ・・・・これで胸のつかえが取れた。(笑)
弱足に捉まっちゃったら もう逃げられませんよ。フフ・・
なーんちゃって。 初コメなのに図々しくてすみません。
アフーさん共々、どうぞよろしくお願いします。<m(__)m>
弱足ママ
2007/06/20 06:21
うっほ〜ほ〜い!ママさん発見!
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

でもって、そうなんです。
ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク お願いします!
でっ、どれでも写真つかっちゃってくださいね〜♪
全然モーマンタイですっ!
アフー
2007/06/20 08:42
天気がよくてよかったですね〜。
なんだか冷静に判断されてるのが伝わってきますよ^^
八ッは全部いいのでぜひぜひ赤以外も行ってください〜

赤岳、私はガスだったんです><
赤岳直下の登りが恐かったの覚えてます^^;
晴れてると急な道ってのが伝わってきますね〜

ではでは。
ふくし
2007/06/20 22:18
(((*゚▽゚)o旦~~
ママさん!ホントにようこそおいで下さいまして!
ありがとうございます(・ー・ )

>行ってる山がとても共通してるし
実は山歩きを始めた頃参考にさせてもらっていたのが
・家族で歩かれている方のレポ
だったためボクもアフーさんのトコでお見かけする以前から
ポレポレ隊存じ上げていました(嘘偽りなく)

今回の赤岳前も日程があえば蓼科山にお邪魔するつもりだったのです!なのでママさんの蓼科山レポ何度も読み、コメントしようかなと思いつつ後一歩の勇気が出なくて・・・。

だからとっても嬉しいです(〃∇〃;)
もうかなり前からママさんとアフーさん、仲良くていいな〜。
なんていい年したオトコが思ってたワケで・・・。

ママさん!ポレポレ隊の皆様!
これからもよろしくお願い致しますm(。 。 )m
Shu
2007/06/21 18:39
アフーさん、そうなんです!
ママさんが遊びに来てくれたのです(・ー・*)ゞ

全然モーマンタイ、ありがとうございます!
親分さんにもヨロシクお伝え下さいマセ。
Shu
2007/06/21 18:54
ふくしさん、いらっしゃいマセ!
ホント二日間ともすごい青空でした。
こんな天気に恵まれた状態で赤岳ダケだったのはちょっと残念な気もしますが、冷静な判断と仰って頂けると救われます。

確かにアノ道ガスってたらおっかないですね・・・、きっと。
オススメ通り次は赤以外も歩けるようがんばります(炎▽炎)
コメント頂きありがとうございました!
Shu
2007/06/21 19:02
こんばんは

懐かしく拝見しました 青空が広がるいいお天気でしたね ツクモグサは私も見てみたいと思ってます

行者小屋のテン場は憧れです 雰囲気のいいところなのでいつか私も後に続きますね

赤岳からの富士山が素敵です しばらく眺めてないので久しぶりに行ってみたくなりました
あき
2007/06/21 21:55
あきさん、こんばんは!

近くにいた方なんかも「八ケ岳で二日間晴れたのは初めてだな〜」とか仰ってたので、よっぽど運がよかったんですね。行者小屋のテン場は水場もトイレもしっかりしていて快適でした。

そういえば最近あきさんが登られている山々からは富士山見えないんですね。ただいつも下山後のお風呂が羨ましかったりします。
コメントありがとうございます!
Shu
2007/06/21 22:43
はじめまして!
去年の終わり頃やったと思うんですが、プカプカさんところで、
「この夏蝶ケ岳・常念岳に登りたい」と書いてらっしゃるのを拝見しまして、
私と同じやぁ♪と思い・・・それから半年以上ロムってましたが(←怖?!)
初めてコメントいれさせていただきます。

赤岳登頂おめでとうございます!
これからも美しい写真と詳細なレポを楽しみに拝見させていただきます。
今年、「蝶&常念」登頂できるようにがんばりましょうね♪
これからもちょくちょく遊びに来させて下さい、よろしくお願いします。
ぽてと。
URL
2007/06/30 11:08
ぽてと。さんはじめまして!
コメントありがとうございますm(。。)m

半年も前からロムって頂けてたなんて光栄です(・ー・*)
ボクもお名前は存じ上げておりました!
「。」が気になってたんですよ…。
しかも蝶ケ岳・常念岳のコトを覚えていてもらえてスゴい嬉しいです!

「美しい写真と詳細レポ」とは程遠いですがぜひぜひ遊びに来て下さい。
ぽてと。さんの予定に入ってる乾徳山、とても気持ちの良い所なので
ぜひ行ってみて下さいね(腕力つけなくてもだいじょぶです!)。
Shu
2007/06/30 22:32
ぎゃー空が超きれい!♪♪興奮しちゃったじゃないですか!
富士山の写真も最高ですね〜ほんとに素晴らしいですね〜壁紙にしたいくらいですよ〜(小さい…)
まるで絵だ。絵のよう(*^^*)。手前に映ってる山の景色が何気にめちゃくちゃ美しい…

ザレ場って私も苦手ですよ。
初めて登山した日に出会った山おじさんに、ザレ場は一番危険で、これで滑落して亡くなった人もいるから用心してって言われたのがキョウレツに頭に残ってます。

結果オーライ、適切な判断でしたね〜
自分のたてた計画に縛られずに臨機応変に心を切り替えた結果だと思います。
山では特に何かが研ぎ澄まされていい判断ができることって多いみたいですね。
前編では調子悪そうだったけど、後編ではどうやらいい感じ。
   よかった!
いい空といい山がシュークリームさんに来てくれてありがとうって言っているようです。
※ん?私の名前が書いてある…と思ったら、ぽてとさんのコメント発見☆


プカプカ
URL
2007/06/30 22:52
プカプカさん、こんばんは。
そうなんです。超きれいだったんですよ。超青!
壁紙にしたいだなんて…。
嘘でもものすごく嬉しいです!
というわけで、調子に乗って「浮かぶ富士」は元サイズに差し替えました。

完全に計画ムシでしたね〜、結果的に。
ただ突っ走って無理をしがちなボクにしては、ちゃんと考えて行動出来たと今は思えます。確かにひとり山にいると何かが研ぎ澄まされてる感、ありますよね。

前編がグチっぽくなってしまったのに最後まで読んで頂けて嬉しいです。ご心配もおかけしてしまって…。振り返ってみるととてもイイ山歩きでした。
※プカプカさんの所からぽてと。さんが遊びに来てくれました!
Shu
2007/07/01 00:09
ちょいとお兄さん、「嘘でも」って失礼じゃあないかいな!
嘘じゃないもん。本当に思ったから書いてるんだもんんん(T_T)
し、しどいわ、しどいわ。

ってーことで、元サイズになった富士さんの姿は早速ゲットさせていただきました。
シュークリームさんありがとう!ぐっふっふ


プカプカ
2007/07/11 02:00
(゚ロ゚*)(゚ロ:;.:... (゚:;....::;.:. :::;.. はっ!
プカプカさん、すいません、つい。
あまりに自信がないため「嘘でも」なんて言ってしまいました…。そうですよね。プカプカさんは思ってもいないコト書かないですよね!ごめんなさい。

ってーことで、本当にありがとうございます!
誰かに写真をもらって頂いたのって初めてなのです((o(> <)o))
なので、すっごい嬉しいです。
Shu
2007/07/11 21:27
相互リンクしている「ポレポレ隊が行く」経由で、おじゃましました。
今の八ケ岳は、高山植物が咲き乱れて、とっても綺麗な時期ですね。
赤岳は、今年行きたい、目標のところでもあります。

コメントや写真、他の新見させていただきました。又、立ち寄らせていた
だきます。

http://www33.tok2.com/home/acuphaicarz/
きゅうちゃん
URL
2007/07/28 19:03
きゅうちゃんさん、ご訪問ありがとうございます。
更にコメントまで頂きホントに嬉しいです!
今年会えなかったツクモグサ、いつか必ず合いに行きたいと思いマス。

自己満足的なレポにやっつけ撮った写真ばかりですが、
ぜひまた遊びに来てくださいマセ。

きゅうちゃんさんのトコに御邪魔させて頂きましたが、
なんだかとっても刺激的なタイトルですネ(・ー・*)
Shu
2007/07/29 10:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八分の一ケ岳(後編)  ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる