ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪の四阿山

<<   作成日時 : 2007/05/22 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

5/19(土)
四阿山にお邪魔してきましたヽ(・ー・*)
今回はいつもと違い仲間達との集団登山!(といっても3人だけだケド・・・)
朝5:30出発はちっと遅めではあるケド、天気予報によれば登山開始予定の8:00過ぎまでは
どうせ雨らしいから丁度イイ。

雨の降りしきる中登山に向かうってのはなんか不思議。
コレちゃんと予定通り止むんだろうか・・・、なんて不安になる。

8:00過ぎ
菅平牧場管理事務所前の駐車場に到着。
雨はまだ止んでない・・・。
流石にこの天気、既に止まっていた車は2,3台。

準備をのんびりすればきっと止むハズ!
雨がこのまま止まないようだと歩き始めるのは難しい。
なぜならまっきーは全身防御可能なレインウェアを持っていないらしいヽ(。_。)ノ

祈るような思いで待っていると、すっかり雨は止んだ!
桃猿山岳部デビュー山行出発だ〜(ノ゜ο゜)ノ

8:40 駐車場出発

画像


まずは四阿山の頂を目指して牧場を歩いていきます。
当たり前だケド、今まで雨が降ってたのだから登山道の笹はびしょびしょ。
実はボクは今日致命的なミスを犯していた・・・。

そう、履いてきたズボンが七分丈(。。lll)

画像


冷たい・・・。
今振り返ってみるとこの時点でレインウェアを履いとけば良かったんだ。
そうすれば後であんな思いをしなくてもすんだのに。

画像


雨は止んだものの霧がスゴイ!
時折上空で青い面が一瞬覗くケド辺りは一面白の世界。
進んでいく道も、進んできた道もほとんど見えない。

画像

↑12年の時を越え還ってきた戦士TNK

とはいえ、10年来の親友とおしゃべりしながらの山歩きはオモシロすぎ!
逆に展望なんてなくたっていいんじゃないカナ〜(負惜しみ)。

画像


画像


ん〜、標高と地図を見ながら歩いてはいたんだケド、
どこが小四阿でどこが中四阿だったのかいまいち分からなかった。
しょうがないから途中で勝手に、「山頂までは第五中四阿まであるぞ〜」
なんてふざけて言ってたら、ホントにいつつ位小ピークっぽいトコがあった・・・。

根子岳への分岐手前ぐらいから雪が現れ始めたヽ(゚□゚;)ノ
とりあえずまっきーの分の軽アイゼンも持って来てるから、危なそうなら着けよう。
不思議なのはなんで日陰に雪はないクセに日向にたんまりあるのだろう。
結構な量だったケド、特に滑りやすい訳でもないので問題なく突破できた。

画像


11:45 四阿山到着
画像


特にどっかで休憩したワケでもないのに何故かコースタイムをオーバー。
やっぱり雪道で足が遅れたのか、それともはしゃぎすぎたのか。
到着した山頂は全く何も見えない状態(lll゚□゚)

ひとりで来てたらさっさと下山開始だケド、みんなでいれば展望がなくても楽しめる。
寒くガスった山頂に40分近くも長居してしまった。

12:25 根子岳に向け出発

次の根子岳ではガスもすっかり晴れるようにと、淡い期待を胸に山頂を出発。
まずはさっき通った分岐まで戻り大スキマまで下っていく。
コノ分岐から大スキマまでが樹木帯の急な下りなんだケド、
全く予想外の下りとなってしまった・・・。

画像


まず残雪。
アイスバーンじゃないから滑りはしない。
ケド埋まる!
3人が3人とも、「うおっ!」とか「ぐはっ!」とか驚きの声と共にあちこちで埋まりまくる。
深いと太もも位までは軽く埋まってしまうのでなかなか前に進めない。

さっきも書いたケド、ボクのパンツは七分丈(この天候でクレイジーだ)。
当然埋まれば雪が全て靴の中に許可もなく入ってくる。
スグに靴下までびしょびしょになってしまうという危機的状況に。
遭難したらかなり危ない。コレは完全に準備不足、深く反省

画像


そして霧。
ただでさえ雪で本来の登山道が良く分からないこの状況下で、この霧。
道標のリボンがすんごく見づらい。かろうじて見えたからいいようなものの、
これ以上の霧だったらと思うとゾッとする。

最後に雹+雷( ▽|||)
足元で雨が降ってる音を聞いたのは生まれて初めての経験だった。
下っていけば雨の中に入っていくようなもんだケド下らなきゃ帰れない。
音が小さくなるのを待つという手もあったが、雷が鳴り出しているのでゆっくりしている暇はない。
突入してみると、雨ではなく雹!
イタイ!ケド、鳴り止まない雷のほうが怖い・・・。

ズボッっと自然の落とし穴にひっかかりまくりながら、
雹に全身を打たれながら、
雷の恐怖に怯えながら。

大スキマに着いた頃、雪と雹の攻撃はなくなったケド雷はまだ鳴っている。
笹原の真っ只中を歩くコトになるので、ほとんど的だ。
一息つく間もなく逃げ続ける。

時間にするとあまり長い時間ではなかったのかもしれないケド、
ものすごく長い時間戦っていた気がする。
雷の音も無事に聞こえなくなったのでカメラを出して戦場を振り返る。

画像


画像


全身びしょびしょでスグにでも温泉につかりたい!
とにかく歩き続けて車に戻るしかない。

画像


14:00 根子岳山頂

根子岳の山頂に着いた桃猿たちにご褒美ヶ待っていた。
さんざんな天候だったケド、ほんの数分青空が顔を出してくれたのだ(*゚▽゚)

画像


画像


画像


根子岳の山頂には鐘があったので3人で記念に鳴らしてみた。
桃猿山岳部結成だ〜(o゚□゚)ゝ

画像


画像


14:15 下山開始

天気もただのくもりになったので下山は難しくなかった。
根子岳から菅平牧場までの道はず〜っと同じくらいの緩やかな傾斜。
さっきの戦いを振り返りながら、待っている温泉を想像しながら楽しく歩く。

画像


牧場付近まで来ると空に青い部分が見え出した。
青い空がこんなに綺麗だなんて知らなかったな〜。
ほんの一瞬しか見えないから余計綺麗に見えるのかもしれない。

あ〜、ホント遭難しないでよかった。

15:30 駐車場に無事帰還

帰りは農家の古畑さんが掘り当てたという渋沢温泉へ。
決して広くはない(むしろ狭い)ケド、質の高いオススメの温泉だった。
(入浴料は¥300、味噌田楽がおいすぃ〜)

画像


さて、桃猿山岳部。次の山は何時何処へo(*゚▽゚)oo(・▽・*)o

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あー、ここ、わかんないんですよ!どこか小四阿でどこが中四阿なのか。
なんかどうやら、分岐の道標にさりげなーくちっこーく「あっち→」って書いてあるみたいなんですけど、現場には何もないという…

足、冷たかったでしょう…私も雪の中トレッキングシューズで登った時は雪がしみてしまって大変だったのでよーくわかります。そういう体験すると次はこうしよう、とかこの山は念の為こういう装備で、とか勉強になりますよね。

今回は仲間も一杯(?)で楽しそうですね〜
ヒョウや雨や霧の中、おつかれさまでした!青い空ホントにきれい。
プカプカ
URL
2007/05/24 23:02
お天気は残念でしたね でも楽しそうな雰囲気が伝わります やっぱり楽しいのが一番ですよね〜

登山道の様子懐かしく拝見しました 根子岳へ向かう急坂のガスガス感はよくわかります 雷は怖かったことでしょう

無事の下山‥何よりですね
おつかれさまでした
あき
2007/05/26 00:27
プカプカさんありがとうございます。
お返事が遅れてしまい申し訳ありません。

ほんと小四阿、中四阿分かりませんでした・・・。
ケド地図から判断できるようにしなければ!と痛感しました。
特に根子岳へ向かう時は読図能力の必要性が身にしみてわかりました。

足は氷のように冷たくなっちゃいました。
やっぱり常にスパッツ持ち歩いてないとダメですね〜。
今回の山歩きは友人を含め、装備の足りなさを学ばせた頂きました。

山の勉強は奥が深くて大変だケド楽しいですね!
Shu
2007/05/26 21:41
あきさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

あきさんの四阿山のレポ、今また読ませて頂きました。
当時霧氷のある景色をとても羨ましく思っていたコトを覚えています。あきさんの写真に憧れて同じ山に訪れられたコトがなんだか嬉しかったです。山に登り始めてホント良かったな〜、なんて思いました!

それにしても雷ってあんなに怖いものなんですね・・・。
これからもよろしくお願いします。
Shu
2007/05/26 21:50
それにしてもハラハラドキドキのレポですね(^-^)
冷たかったといえばこないだのGWに素手で握った雪の上のロープ。一歩間違えば・・だけど無事に下山何よりです。

ガスは残念ですが・・展望がとてもいい山みたいですね。
私もそのうち!!
ふくし
2007/05/27 00:37
ふくしさん、こんばんは。
今後はあまりハラハラドキドキにならないよう気をつけたいと思います・・・。確かに先日の瑞牆山のロープは冷たかったですね〜。長く山を楽しんで行けるよう机上の学習も大事だな〜と感じました。

ボクのレポでは全く伝わりませんが、ものすごく展望の良い山のようです。ふくしさんのお住まいからは少し遠目かもしれませんが機会があれば是非!レポ楽しみにしてます。

そういえばボクも歯医者に行かなければいけないんですケド、せっかくの休みと思うとなかなか・・・。コメントありがとうございました!
Shu
2007/05/27 22:50
もう、あの生還から一週間が経つんですねぇ。

昨日やっと靴を洗いました。仕度は整っております。

また一歩山に焦がれるようになってしまったみたいですよ。
まっきー
URL
2007/05/27 22:58
こんばんは、まっきー。
小躍りしたくなるようなコメントありがとうございます。

そうですか〜、支度は整いましたか。
実は既に次の候補はふたつ考えてありますよ!
ひとつは現行メンバー向けの山。
そしてもうひとつは進入部員を招ける山。

ただもう梅雨目前なんだよね・・・。
とりあえず山の雑誌を買って読んでみると良いですよ〜。
Shu
2007/05/28 22:00
本当に大変でしたよね・・・雷はマジに怖かった。
TNKも靴を月曜日に洗って仕度は整っています。
次は装備も万全にして、同じ過ちは繰り返さないようにしましょう!
そういえば、スポーツオーソリティーが3日まで15%OFFをやってますよ。
(但し、会員になる必要があるけど、当日から割引できるみたい)
何か装備を買うならお徳かもよ!!
TNK
URL
2007/05/28 22:15
こ〜んば〜んはTNK。
そうか、TNKも支度が整ってるんだね!

時は来た。
ちょっと梅雨には待ってもらいましょう。
15%OFFを利用して新入部員候補達の装備も揃えてしまおう!
今週末は天気悪いみたいだからお邪魔しようカナ〜。
Shu
2007/05/28 23:14
shucreamさん、はじめまして!! HANZO と申します。

過去記事へのコメで、気付いていただけるか? ちょ〜不安なのですが…。

ママさんの四阿山レポを読んだとき、shucreamさんも登られていると書いてあったので、参考にさせていただきました。

デンジャラスなレポ、楽しませていただきました。
参考になったような、ならなかったような?(笑)
↑初コメなのに、失礼しました。お許しを!

ミズガキの初テント泊や頭痛など共通項も多く、かなり前から読み逃げをさせていただいていました。(スミマセン)

このスリル溢れる四阿山レポをボクの記事でリンクしてもよろしいでしょうか?
ご検討、よろしくお願いします。
HANZO
URL
2008/07/09 16:03
HANZOさん!
ようこそおいでくださいまし(((*゚▽゚)o旦~~
ボクの中では勝手に知り合いとして認識してました。
おはなしするのは始めてでしたね!
はじめまして。shucreamと申します。
好きなものは空と山。
嫌いなものは埃とケーブル。
ヒトミシリな30才デス。
どうぞよろしくおねがいしマス!

確かに!
四阿山レポは全く参考になりませんね!
天気のコトしか書いてない…。

ん〜、頭痛が共通項とは嬉しい限りデス!
ママさんのようにドラムロールつきなんでしょうか?
って嘘デス。
どんなやり方でもリンク大歓迎デス!
こちらこそよろしくお願い致しマスm(_ _ )m




shu
2008/07/09 20:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
残雪の四阿山 ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる