ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS GW金峰山+瑞牆山(後編)

<<   作成日時 : 2007/05/06 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

前編はコチラ

テントさいこ〜(・ー・*)(*・ー・)
例の如く登山後の頭痛に襲われて、身体で楽しさを表現するには至らなかったケド、
頭が痛いクセに薄ら笑いを浮かべながらシュラフに横たわるという、
人が見たら薄気味悪い状態に!

夜中テントをたたく雨の音で不安を感じつつ初めてのテントの一夜が明けました。
4:00過ぎに起床して外に出てみると、暗闇に浮かぶヘッドライトの明かりが幻想的。

マイホームから左を見ると、
画像


右を見ると、
画像


こんだけのテントが張られてました。
5:00過ぎに朝食。
メニューはキューピーのパスタソースにフランスパン+とろけるチーズをぶち込んだ簡単な物。
ケド、自然の中で食べると究極のごちそうに感じます(^〜^*)

画像


5:50
準備を整えてようやく瑞牆山を目指します。
Blueは体調を優先してテントでお留守番をするコトに決めました(/□≦、)
ボクも登るのは止めてしばらくテント生活を楽しんで帰ろうかとも思いましたが、
Blueが行ってきていいと言ってくれたので、行かせてもらうコトに。

桃太郎岩まではそれほどアップダウンもなくあっという間。
なんだケド、ボクこの桃太郎岩がどれなのか気付かずに過ぎてしまいました・・・。
この後はだんだん傾斜がきつくなって、道がどんどん荒れてきます。

画像


倒木をくぐるコトも多く、しかも気温がどんどん上がって来たのでカメラはザックにしまいました。

画像


昨日の金峰山と違いアイスバーンも全然なく山頂目前まで来ると・・・、

なぜか最後の最後だけありえない位凍ってます(ノ゚听)ノ

この部分だけで言えば、金峰山よりも危ないです。
お子様連れなんかはココで引き返すんじゃないでしょうか。
ただ、距離的にはほんのごく僅かなもんでココを超えると360°の展望が待っています。

7:35
瑞牆山頂到着。
山頂は今まで登った山とはちょっと違っていて、全部岩!
ケド十分なスペースがあり、かなりの人がくつろげます。

↓山頂の様子
画像


↓山頂はしっこの様子
画像


↓八ヶ岳
画像


↓チビバノラマ八ヶ岳
画像


↓アルプス方面
画像


↓金峰山
画像


ガイド本で見たとおり、すっごい大展望!<(゚∀゚*)>
快晴の割には遠方は霞んでるケド大満足。
秋の澄んだ空気の時なら帰りたくなくなる位の景色に違いない。
贅沢を言えば雲海が広がり、八ヶ岳やアルプスだけ顔を出している姿も見てみたい!
Blueが下で待っているというのに山頂に50分も留まってしまった・・・。

8:25
下山開始。
流石に快晴のGW。かなりの数の人達とすれ違った。
しかも年齢層が広く、トイプードル君まで登ってきた(゚□゚;)
そういえばトイプードル君はあの凍結した急坂を登れるのカナ・・・。

いつもは下りといえばBlueの得意分野なんだケド、
今日は調子が良かったので一度試してみたかった、ストック二刀流の駆け足下山に挑戦。
道が荒れているところは当然を手を使わないとダメだケド、結構出来るもんだな〜。

9:25
一夜限りのマイホームに到着。

画像


9:50
後は片付けて帰るだけなんてちょっとサミシイ(||__)

画像


10:35
片付けた後も少し余韻に浸り・・・、下山開始。

画像


画像


昨日ココを登ってる時は今にもぶったおれそうだったのに今日は元気!
(下りだからと言ってしまえばそれまでなんだケド)
こんなに天気がいいのに帰ってしまうなんてもったいないな〜。

10:50
登山口到着。

画像


(lll゚□゚)
登山口は駐車場に停められなかった車がいっぱい!
これより後に来た人達はどうするのだろう・・・。


金峰山の頂には立てなかったケド、念願のテン泊を無事に達成出来た!
コレも偏にBlueの協力があってのコトm(。 。 )m
(自己完結できない趣味は迷惑だな〜、と反省)
とも思うのだケド早くも頭は次にテント張るのはどの山にしようか考えてたりする・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
おつかれさまでした

天気も良くいい山行になりましたね 自然の中で眠るのは究極の非日常生活でとても気分がいいですよね 私も次は何処へ‥ってそればかり考えてしまいます(連休あまりないのですが‥)

秋になると紅葉と岩峰のコントラストが素晴らしいとの事、私も今年はここへ行こうと考えています 金峰山もぜひ登ってみたいなぁ

楽しい2日間でしたね〜 
あき
2007/05/06 23:56
あきさん、こんばんは。

本当に丁度山に行ける二日間が晴れてくれて、誰かに感謝したい気分です(・ー・) 次は何処へって考えてる時もまた楽しいですよね。そのまま行けない日々が続くとフラストレーションに変わっちゃいますケド・・・。

瑞牆山は確かに秋になったら最高だと思います。ボクも是非再訪したい山となりました。あきさんであれば、瑞牆山+金峰山で日帰り十分可能なハズです。行き帰りのドライブを入れるとかなりの長丁場ですが・・・。

ご訪問ありがとうございました、あきさんのコメは次の山への励みになります(・ー・)v
Shu
2007/05/07 19:26
やっぱり晴れはいいなぁ〜楽しそうでうらやましい(´。`;)
私も今年の秋に再チャレンジしようかなぁなんて思ってしまいます(^^;
空気は間違いなく秋のほうが澄んでるだろうし。
私なら瑞牆山+金峰山で2泊です(^^;
信州側から入り、金峰小屋で1泊金峰越えてみずがき山荘で1泊でみずがきピストンかな?
ふくし
2007/05/07 22:08
ふくしさん、こんばんは!
住んでる地域によって山歩きのコースどりも変わってきて、なかなか難しいですよね。たまにあ〜あそこに住んでればな〜、とか思ってしまいます。GWが明けたばっかりだというのに、頭は次の山選びでいっぱいです!
Shu
2007/05/07 23:17
あらためて地図を見ると・・
信州側から入り、金峰小屋で1泊金峰越えてみずがきピストン行けそうですね〜。石楠花の6月もいいみたいなんで悩ましい・・(^^;
次の山・・・同じですね。夏山をどこにするか悩みます(^^;
12日は前から予定してたんで水仙群落とイワカガミなどなどを見に比良山へ行ってきます〜。近畿は日帰りには手ごろな山がたくさんあるんですけど、そろそろ暑いかもです。
ふくし
2007/05/08 22:11
ふくしさんは週末の予定が決まってるんですね〜。
ボクはまだ交渉成立に至ってなくて、今週末はインドアで終わってしまうかもです・・・。昨日今日の暑さからすると、秩父や奥武蔵も低山はかなり暑そうですよ。12日の写真楽しみにしてます!
Shu
2007/05/09 21:43
山とは関係ないんですが、ちょっと気になったのでコメントです。
同じウェブリブログなのになんでshuさんのブログにはコメント欄に
URL欄があるんだろう・・?
ご存知ですか?
ふくし
2007/05/09 21:57
Σ(゚ロ゚*)アレ?本当だ・・・。
今、ふくしさんのトコにお邪魔したらURLありませんね。
すいません、謎です。なにぶんウェブリブログに引っ越してきたばかりなものですから(言い訳・・・)。今度設定を調べてみますね!
Shu
2007/05/09 23:15
あきさんのHPにもURLあるのです・・
でも無い人もいるんです・・・
有料無料の違いかと思いましたが謎です(凹o凹)
ふくし
2007/05/10 12:38
Shuさん♪Blueさん こんにちは!
本当にとっても楽しいレポありがとう!ちなみに
何度も何度も読んでます_(^^;)ゞだって、私、とてもShuさんBLUEさんの
テント泊とっても楽しみにしてました!去年から(^_-)ッ
次の山は何処なのかも更に楽しみが増えます♪!
疲れたときのストック二刀流は結構使えるでしょV(^0^)
でっやっぱり、お二人も気がついちゃいましたね!
テントサイコ〜!うんうん(^-^) もうすっかりとりこですね♪
アフー
2007/05/11 02:43
ふくしさん、分かんないです・・・(ノ;゚ー゚)ノ
何か分かったら教えてくださいマセ。
明日は比良山ですね!水仙群落とイワカガミ。
写真楽しみにしてますね〜。
Shu
2007/05/11 22:49
アフーさん、こんばんは〜。
ボク等のテント泊デビューのコト、気にして頂いていたなんてとっても嬉しいです!「すっかりとりこ」というより、もう完全な病気です・・・。仕事に行ってても頭はテントの中に・・・。

んで。次の山ですが、明日乾徳山に行きます(炎∇炎)
テクノサウンドの謎を解きに!立ち往生PTで途方に暮れる為に!
ただ、Blueに欠席届を出されてしまい・・・。
あっ、別に元気ですから心配しないで下さいマセ。

アフーさん、何度も同じレポを読んでくださって
ほんとにありがとうございま〜すヾ(〃゚▽゚)ノ
Shu
2007/05/11 22:58
ようやくわかりました(´。`;)
記事をupするときの、詳細オプションの中のコメント・トラックバック受付設定の「URL欄を表示する」にチェツクを入れればURL欄が表示
されるようです。
あ〜今まで気づかず(´△`)
ふくし
2007/05/13 23:24
shuさん、、、、
こんな昔の記事にごめんなさい!

実は、、、
shuさんのこと、
わからないことが結構ありまして、、、、、
初めから読んでおります。

まんた君の登場!
ヘッドロココ、わかりました!
そして、、、
以前病気をされたこと、、、、
初テント泊まり予定だった雲取山。

まだまだ全てを読み終えておりません。
少しづつですが、
こうして時々コメント入れていいですか?
許してね(*^.^*)エヘッ
ひろ
URL
2008/09/29 16:12
あ!
肝心の金峰、ミヅガキレポのこと書くの忘れてた!
富士見平が初テントだったんだね〜
僕らの初テントも雲取で、
ここ富士見平はその次だったかな?
ってことは考えること同じだったんだね〜(*^_^*)

いいテント場ですよね!
ひろ
URL
2008/09/29 16:15
ひろさ〜ん。
とんでもないデス!ありがとうございマス!

ちょっと心動いておりマス。
いや。ちょっとじゃなくてかなり感動してマス。
初めから呼んで頂いたんデスね。
本当にありがとうございマス!

ボクもひろさん&あっこさんとお近づきになる機会を
ずっと狙っていたのデス!
そしたら燕に行くという情報が!
これは行くっきゃない!とあそこに居たのデス。
お会いできて本当に良かった!

こちらこそ!お願い致しマス。
遊びに来て頂けたら嬉しいデス!
ボクも、ひろさん&あっこさんの軌跡を追わせて頂きマスね!

これからどうぞ、まんた共々、よろしくお願い致しマス!
shu
2008/09/29 21:20
あっ!
ボクも金峰・ミズガキに対してお返事するの忘れてた…。
しかも、一個前の米。字間違ってるし。
「呼んで頂いた」じゃなくて「読んで頂いた」でした!

そうなんデスよ。
初めてのテン泊。嬉しかったな〜。
まだこの時は、テン泊装備で2時間以上は絶対歩けない!
って思ってました。

考えることは同じ。
ってことは、ボクらもその内、槍の穂先に立てるかな〜。
shu
2008/09/29 21:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GW金峰山+瑞牆山(後編) ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる