ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・富士吉田St.to石割山

<<   作成日時 : 2007/01/27 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

(*゚∇゚)∠※☆
どうやらコノ記事で100コめらしい。
※山ではなくブログの記事が
すぐに飽きちゃうボクにとってはかなりめずらしいコトかも。
お越し頂いている皆様、いつも本当にありがとうございます。

さて記念すべき100コめだケド、前回のレポが滅茶苦茶半端なトコで
終わってしまっているので、今回はその続きです・・・。



このコース雪がなければ山登りというよりはハイキングレベル。
実際、途中すれ違った御夫婦の格好といったら
「私達スーパーの買い物帰りなんです」スタイルで、
奥様なんてホントに買い物袋を手で持って歩いてた。
ケド、あの格好では流石にきつかったのではないだろうか。
下山後喧嘩してないといいのだケド・・・。

from長池山

長池山からの富士山は大きすぎヽ(゚□゚*)ノ
こんなに曇っているのに見られてしまうほど近くに
富士山がど?ん!と裾野を広げている。
手前に広がるのは自衛隊のミサイル演習場らしい。

「山と高原地図」のコースタイムによると、長池山手前の分岐から大平山までは
1時間となっていた、んだけど30分もかからなかった。
これじゃあ、この先のコースタイムも当てにならない・・・。

ラーメンブレイク
大平山の山頂は結構な広さ。
日当たりがいいのか雪は全くなく、代わりに溶けた霜でどろどろ状態(≧□≦)
凍った道の上を快適に運んでくれたアイゼンもココで外しました。

久しぶりにストーブでお湯を沸かして塩ラーメンタイム。
ホントは先日行われた職場のボーリング大会でのチーム戦優勝賞品をトッピングして

キャビアラーメン

にするのを楽しみにしていたんだケド、持って来るのを忘れてしまった・・・。
しかし、大平山からの富士山もやっぱり大きすぎヽ(゚□゚*)ノ
青空だったらどれだけ気持ちがいいだろう。

さて、この山頂でせっかく買ってきたストックをまだ使っていないコトに気づき
とりあえず適当な長さにしてひとり「ドム」になりきって遊んでみたのだケド、
残りの道程でとてもありがたい道具だと実感した。

新兵器参号
さっきアイゼンを外してしまったのだケド、日陰になると雪がまた現れた!
わざわざまたアイゼンを着けるほどじゃない(メンドクサイ)ケド、
何もないとちょっと不安・・・、てな場面でストックはとってもイイ。
いままで使ってなかったから分からなかったケド、下るのもスゴい楽。

振り向けば
大平山?平尾山?石割山。絶対石割山からスタートするべきだ。
ず?っと富士山を見ながら歩ける。
ボクらは今回、電車のミスから反対コースになってしまった為、
しょっちゅう振り返らなければならなかった・・・。
from石割山
石割山の山頂からの眺めもサイコー(゚∇^d)
(ボキャの薄っぺらさを感じるケド)
ただ、溶けた霜のせいでぐっちゃぐちゃ!
今までの雪よりもココの泥の方が深い!
もういい時間だし、早々に下山するコトにした。

御神体
↑石割神社の御神体、割れたでっか?い石。

石割神社を参拝するには、とてつもなく長い石段をのぼらなければならない。
ボクらの場合、逆走なので下るコトになる。
のぼるよりは楽だケド、ウンザリするほど長い。
そこでBlueが画期的な方法を思いついた、らしい。

手袋を手すりにかけ、「じゃね?」と言ったかと思うと
ものすごい速さで駆け下りていった・・・。


駆る

途中でボクも手袋を借りて、高笑いとともに駆け下りる。
足にかかる負担は結構なモノだと思うケド、かなりの短時間で下山出来た。

ゴール

今回、軽アイゼン・ストック・スパッツと三アイテムの
実戦投入を試みたケド、どれも素敵なアイテムだった。
使い方を精進し強い武具に育て上げたいo(゚▽゚*)o


2007年1月21日(日)
石割山
標高差:400m
累積標高差:500m
歩行距離:7km
※ガイドが無いのであくまで感覚値です

【アクセス】BlueShucreamアジトより
東武東上線 若葉-(東武東上線)-朝霞台
JR武蔵野線 北朝霞-(JR武蔵野線)-西国分寺
JR中央線 西国分寺-(JR中央線)-立川
JR中央線 立川-(JR中央本線)-大月
富士急行 大月-(富士急行)-富士吉田
富士吉田-富士急山梨バス-花の都公園

【コースタイム】
要所要所での記録が曖昧なため割愛

立川で降りては行けなかったのだ・・・。
西国分寺から八王子まで行き、八王子発の松本行きに乗らなきゃいけなかったのに、
立川発の甲府行きに乗ってしまったため、強引な山歩きになってしまった。

ケド行けて良かった。
(住人1 Shucream)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

記念すべき100コ目おめでとうございます 私にはまだ追いつけない数字ですがこれからも楽しい記事期待してますよ

石割山の山頂からの眺めがいいですね 今年はまだ富士山を見てないのですが機会があればまた見に行きたいなと思いました

「山と高原地図」のコースタイムは結構甘いです 私でもそう思うのですから若い方には大甘だと思いますよ

ストックは手放せなくなると思います でも頼りすぎると危険なのでほどほどに使いましょう

これからも楽しみに拝見させていただきますね
あき
URL
2007/01/28 00:58
あきさん、いらっしゃいマセ。
結構前にコメントで書かせて頂いて質問を覚えて頂いて本当にうれしいです。ありがとうございました。

100コの記事を書くには書きましたが、最初の頃は全く統一性の無いただの日記みたいな感じでした。山に登り始めて、ブログの記事もなるべく山に関るようなものにしてみたら、あっという間に更新頻度が下がってしまいました・・・。それでも次は山記事100を目指してがんばります!

コースタイムの件ですが、ロングコースを日帰りで歩かれているあきさんに比べたら、僕らのチームは間違いなく遅いです。だから大甘のコースタイム記載は予定を立てる際、ゆとりが持て逆に助かってたりします。ケド、やっぱり不安でいくつかのコースタイムを比較はしてしまいますが。

しばらく忙しくなる為、山には行けないかも知れませんが、また遊びにいらして下さい。コメントありがとうございました。
Shu
URL
2007/01/28 22:55
こんにちは! 
楽しみにしてました! 
おっLEKIのマカルーですね♪( -_-)ウラヤマシイ。

ストックは本当に下りの時に威力を発しますよね。
以前はへっぴり腰で下っていたのですが
ストックがアイテムに加わってからはだいぶ人並みに
下れるようになりました?!

下から四番目の写真とってもいい写真ですね♪
一気に下るの私もよ?く使います。もう、
あまりに長いとヤケッパチになりますね。
ニューアイテム君たち♪きっとお二人の強?い道具になってくれることでしょう♪(^-^)

これからも楽しみにしてます。ステキなレポありがとうm(._.)mございます。
アフー
URL
2007/01/29 17:15
アフーさん、こんばんは?。
ようやくレポが書き終わった感じです・・・。
生憎の天気だったのであまりスガスガしい画像が無くてゴメンナサイ。

いまいちストックを使いこなせてない気がします。
それでも下りでの膝はすっごい楽ですね。
マカルーっていうのか?。そんな事も知らずに買って来ちゃいました・・・。

下から四番目の写真、お褒めの言葉ありがとうございます。
写真としてはダメダメなのですが、ボクも墨絵のようでちょっとダケ好きです。
親分さんも精力的に撮られてるようで、いつも楽しみにしてます!

そうそう、メタボバーガー遂に食べましたよ?!
朝マック終了後狙いでやっと食べられました。
しかもBlueが残した分まで食べてしまい、量的にはギガマックでした・・・。
Shu
URL
2007/01/29 22:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続・富士吉田St.to石割山 ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる