ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 渋沢St.to塔ノ岳

<<   作成日時 : 2007/01/15 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

前回のほんじゃがから1ヵ月以上経ってしまったケド、
なんとかそのまま引退なんて事態には至らずに済んだ。
登山口まで公共交通機関で行けて、雪の危険が少なそうな山。
そんな感じで選んだ、丹沢は塔ノ岳。

そのコトの顛末は↓からどうぞm(_ _)m



すっかり乗り慣れた感のある始発。
ケド、これから山に登りに行こうというのに
池袋を通り更には新宿を通るというのはどうも腑に落ちない・・・。

半分眠った状態で乗り降りを繰り返し、スタート地点となる大倉バス停に着いたのが8:20頃。

大倉バス停
流石人気の山域への玄関口とあって、大倉のバス停はなんだか豪華。
登山道入口までには各社の自動販売機が(p゚∇゚q
晴天の土曜だけあって結構な数のオジサマ&オバサマと歩き始めます。

バス停からどれ位アスファルトを歩かなければならないのか不安だったケド、
5分ほどで林道に入るコトが出来て一安心。
ただ山頂までの道のりが、まさかあんなに長いとはこの時は知る由もない・・・。

高原の水¥20
歩き始めて45分。
最初のポイント、大倉高原山ノ家に到着。
写真を撮ってる間にBlueは先に進んでしまったケド、
なんだかおいしそうな水が流れてる。
張り紙を読んでみると¥20(゚∀゚*)
喉も渇いてるしとりあえず小銭もあったカラ頂いてみた。

ん!?(・へ・;)

びみょ?。
帰りにBlueにも試してもらうコトにしてとりあえず忘れよう!

見晴茶屋
山ノ家を後にして5分ほどでまた小屋が現れた。
見晴茶屋というらしいケドとりあえず通過。

駒止茶屋
見晴茶屋からちょっと登ったところにいくつかベンチがあったので、
前後のオジサマ&オバサマとの距離調整もかねておにぎりをひとつ食べる。
このベンチからしばらく平らな道が続いていて、登り始めてから初めて
左側に富士山が姿を現した(・∇・)

2007初富士
あ?、富士山。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
たくさんお山に登れますように、ってお願いされても富士山も困るだろうケド
なんとなく雄大な姿をみるとお願いしてしまう。

富士山を撮るBlue
↑あまり乱射しないBlueも富士山は撮っているみたい。
ちょっと進んだところから引きでもう1枚。

引いてみる
幸せの平区間が終わって20分程登ると、また小屋が!

堀山の家
赤い旗に誘われて何か食べたくなっちゃうケド、我慢して通過・・・。
この堀山の家からがきつかった。
コース中でもいちばん傾斜がある登りが50分続く(_ _; )/~~
ここまでは割と元気だったBlueもついに牛歩作戦を開始。
なんだか登っても登っても次のポイントが見えてこない・・・。

旗が見えたぞ?
ようやく階段の先に赤い旗が見えたものの駆け登る元気が残っていない・・・。

花立山荘
登りきってもまだ目指す塔ノ岳山頂は遥か彼方。
ケド、堀山の家からの登りに比べれば残された道はたいしたことない。

やっと見えた・・・
やっと見えた塔ノ岳山頂に安心すると同時に、
意外と遠いその姿にちょっとがっかり。
一緒に登っていたオジサマ&オバサマ達にもすっかりおいてきぼりをくらい、
若さを微塵も感じさせない速度で220分かけてようやくたどり着いた山頂。

尊仏山荘
かなり広い。
結構な数の人達が既に昼食を楽しんでいるケド、
それでもかなりの面積があまっている。

鹿強襲
山頂でBlueがサンドイッチを食べていると鹿に襲われてたo(・∇・*)o(*・∇・)o
尊仏山荘のマスターの話だと、丹沢全体で2、3千頭の鹿がいるらしい。
なんだか山に登る者として複雑な思い。

鹿の思い
やっぱり自然に触れるからには、現在の色々な環境問題にも向き合わなくては。

尊仏山荘で豪華にカップラーメンとサイダーを頂いた後、
展望も霞んできてしまったので下山するコトに。
?5℃位にならないと遠くの方までクリアな空にはならないらしい。
(これもマスターのはなし)

下りマスター
例の如く、下りが得意なBlue。
ボクは「ぷるっ筋現象」に悩まされながらも、膝は無事だった。
下ってみると、よくもまぁこの道を登っていったもんだと感心してしまう。
ケド、ガイドには大倉尾根は丹沢の入門コースと書かれていた。
入門コースで長い、長いとぼやき続けちゃうボク等が今年の夏までに
どれ位体力をつけらるか心配になってしまった・・・。

高原の水再び

そういえば下りの時、Blueにも高原の水を試してもらったケド
やはり答えは「びみょ?」だった。


2007年1月13日(土)
塔ノ岳
標高差:1196m
累積標高差:1318m
歩行距離:13km
※山と渓谷社YAMAPより

【アクセス】BlueShucreamアジトより
東武東上線若葉-東武東上線-池袋
JR池袋-JR山手線-新宿
小田急線新宿-小田急線-渋沢
渋沢北口-神奈川中央交通(渋02)-大倉

【コースタイム】BlueShucream牛歩による
大倉バス停(8:30)→大倉高原山ノ家(9:15)→駒止茶屋(10:05)→
堀山の家(10:35)→花立山荘(11:30)→金冷し(11:50)→
(12:10)塔ノ岳(13:10)→大倉バス停(15:35)

それにしても、少しぐらい雪があって初アイゼンの練習がしたかったのに
まったく雪がなかった・・・。
(住人1 Shucream)








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさ?
"Tケシ"さんに、先週末偶然会った時、このブログが山登りブログに変化した!と聞いてたのだけど・・・ホントだったね!!

朝早くの出発はさぶそうだけど、写真を見ると空気が澄んでて気持ちよさそうねぇ?。

もーすこし温かくなったら、参加させて頂こうかしらん??!!

まちゃえ
URL
2007/01/16 09:15
お?、まちゃえいらっしゃいマセ。
山登りの後のアルコホルは最高らすぃよ?。
ボクはコーラで満足だケド。

ところでTケシって、当てはまるのひとつだけじゃん・・・。

遊びに来てくれてありがとう。
また覗いて下さい。除かないで下さいね?。
Shu
URL
2007/01/16 23:41
塔ノ岳とはこれまたレベルの高い山に…やっぱりシュークリームさんとブルーさんってすごい!
ここは距離も長く延々と登り続けそうなコース状態がつらそうで、敬遠しちゃってる所です。よくがんばりましたね?。またひとつレベルアップしましたね!

丹沢はまだ雪が積もってないというのも参考になりました。
車道の辺りを歩いてみた時、道路に残雪とかありませんでしたか?
プカプカ
URL
2007/01/17 02:04
プカプカさん、いらっしゃいマセm(_ _)m

長かったですよ?、大倉尾根。
ボクの登った道の中では両神山の次に長く感じました。
それなのにボク等よりもご年配の方々がスタスタと、
しかも大声で談笑しながら歩いていくんです・・・。
なんだか山へ行きたい気持ちばかりが募ってしまいますケド、
しっかりと自分の力のなさと向き合わなくては、と思ってしまいます。

雪はですね、少なくともボクが通った(見た)車道には全くありませんでした。
ボクも早くプカプカさんみたいに雪道デビューしたいんですケド、
残念ながら同行してくれる先輩がいないんですρ(  )
とりあえず変な我流が身につく前に、読図でも勉強してみようかと思ったり。

書き込みありがとうございました?(*・∇・)ノ

Shu
URL
2007/01/17 21:09
Shucreamさ?ん♪Blueさ?ん♪
こんばんは♪
すご?い楽しく何度も拝見させて頂いてたのですが、
やっぱり、コメント入れたくなってしまった・・・

でっ、本当にお二人すごい。今の私にこの距離と標高差はかなり厳しいです。実は私もよく、ご年配のパーティがスタスタとおしゃべりしながら抜かれたりすると、
一気にトーンダウンしてしまいます(;´д`)トホホ

でっそうだ、
ご報告です。本日メガマックを探しまくりましたが、
どの店舗も売り切れでした。やっぱ、神様がだめだよって言っているのかな?。BLUEさんと鹿の写真、ほのぼのしていて好きです♪素敵なレポ有難うございました♪
これからもとっても楽しみにしております♪
アフー
URL
2007/01/20 20:23
アフーさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
あぁ?、メガマック巡りやってしまったんですね?。
ボクの近所のマックは一日30コ限定らしいです。
朝マック終了直後なら、きっとあると思うんですケド
なかなかいける日がないんです。

メタボリックピープルはやっぱ食べちゃダメなんですね!

親分さんの写真も楽しみにしてます。
最近山ネタに乏しく更新できない日が続きますケド、
楽しみにして頂けるなんて光栄です!
Shu
URL
2007/01/20 21:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
渋沢St.to塔ノ岳 ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる