ヘッドロココに憧れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・高川山+α

<<   作成日時 : 2006/12/07 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いやぁ、もういっこ前の記事で見所は終わってしまったのだケド
中途半端なトコロで前回眠くなってしまったのでとりあえず。

お時間があればどうぞ↓


前半はコチラ

綺麗な富士山が望めるってコトは、なにもボクだけの秘密じゃないわけで・・・、

・・・、・・・。頂きDog
アノ界隈もいいな

( ̄□ ̄;)はうっ!三脚乱立地帯?!
山頂は決して狭くは無いのだケド、富士山を望める側には聳える三脚群・・・。
(ソビエルってこう書くのかぁ)
写真を撮るコトがボクも好きだ。
だからちょっと悲しい・・・。

さて( ̄∇ ̄)
山頂にいます。犬が。何故?何故?
住んでるのカナ?それとも通い?
ん?、聞いてみたんだケドお答え頂けなかった・・・。

それはさておき、高川山の展望は富士山だけじゃないんです。
峠越しに間ノ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳がちょこっと見えてしまいます!
↑左下の写真は左端(ちょっと切れてる山)がお坊山というらしい。
右に滝小山、大谷ヶ丸、ハマイバ丸、大蔵高丸と続いています。

まんた日時計

破魔射場丸(/-_・)/D・・・・・------ →(;/゚∀゚)/

なんてカッコいい名前だろう。

たっぷり一時間、山頂を満喫して次の九鬼さんめがけてまずは下山。

まだあった多分コレ

一時間ちょっとで禾生駅に着くはずだった。
ところが例によって

道を間違えた!ど?ん!

林道を抜けコンクリートの道でありながら、しっかり間違えた。
コレにより三十分ほど時間をロスしたうえに、Blueが魚肉ソーセージに
体を蝕まれ始めた |電柱|ヽ(_ _ |||)

低山とはいえ無理は禁物、今日は帰ろう。
富士急行で大月駅まで行き、帰りの電車を待つ間に眼に留まったポスター。
岩殿山ハイキングコース三時間(゚ロ゚*)
禾生-大月間でBlueはだいぶ回復したらしい。
登れる!まだ登って十分帰ってこられるよ!

岩殿山いっとく?

岩殿山頂
で、さくっと行ったはいいものの、富士山雲隠れの術・・・。
この岩殿山も秀麗富岳十二景色のひとつだケド、雲・・・。

秀麗富嶽12景Blue富士を望む

この山、登山というよりは散歩と言えるくらい道が整備されております。
朝いちから登るのはちょっと勿体無い気がします。
沈み行く太陽と富士山。狙うならコレでしょう。
少しくらい暗くなり始めても全く問題ないくらい安全な道です。

おまけの割にはダラダラと書いてしまった・・・。
秀麗富嶽十二景。高いお山に行けない季節。
ボクらのような初心者にはオススメです(*・ー・)v
(住人1 Shucream)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
秀麗富岳十二景のお山って、「富士山が見えなきゃ意味ないじゃーん!」みたいなとこがあり、行くのにちょいと天候が重要になってくるんですよね(^_^;)

しかし休日の富士展望ポイントは三脚おじさんが陣取り合戦をしていると知ってあきれてしまいました。
紅葉の時期もそうだったけど、同じ写真を撮る者として悲しくなりますねぇ。
しかもみんなおじさんなんだから不思議。今まで「おばさん」「お兄さん」「お姉さん」が三脚合戦してるのを見たことがありません。
おばさんはある意味「声」で陣取っているずうずうしさで困ることも多いけれど、おじさんもおんなじですね。
みんな決して悪い人じゃないんだろうけど…
おおっ!?なんか愚痴になってしまった(笑)

プカプカ
URL
2006/12/11 21:07
プカプカさん、こんばんは。

写真を撮るコトって難しいですね。ボクも山歩き中は三脚使いたいな?、と思う場面に幾度となく遭遇します。ケド、使えません。三脚を立てるのが悪いコトだとまでは思わないケド、ボクには立てられません・・・。

歳を重ねオジサンになったら平気になっちゃうのカナ?、と思うと切ないですが。カメラのコトに限らず、山の中でまで「ヒト」にうんざりしないよう、させないように常に心がけて山に入りたいですね。
Shucream
URL
2006/12/11 22:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続・高川山+α ヘッドロココに憧れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる